新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる

アンネの日記」 おるがんさんの声

アンネの日記 著:アンネ・フランク
訳:深町 眞理子
出版社:文藝春秋
税込価格:\2,090
発行日:2003年04月
ISBN:9784163596105
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,352
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • もっと生きて欲しかった

    子どもの頃に読んだ「アンネの日記」の印象とはまったく違っていて驚きました。
    アンネは自分のことも、周りの友だちや大人たちを観察する力に優れています。
    日記にだけは包み隠さずに、辛らつな言葉を使って自分の気持ちを思いっきり書くことができたのでしょう。
    子どもにとって隠れ家の生活は、窮屈という言葉では言い尽くせない閉塞感があったでしょう。
    それでも、最後には戦争が終って、元の生活に戻ったなら、隠れ家での経験もよかったと思えるでしょうが、そうではない結果を知って読むと胸が張り裂けそうになりました。
    アンネのいきいきとした文章を読むと、どんなにその才能を将来に発揮できたであろうと想像します。
    せめて最後まで日記をつけることができたら、どんなに慰めになっただろうと思います。
    今の子どもたちは日記を手書きすることはないでしょうか。
    手書きをすることで、気持ちが落ち着いてきて、自分自身を見つめられると思いますよ!

    投稿日:2014/10/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「アンネの日記」のみんなの声を見る

「アンネの日記」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ
  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか


人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット