季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

ししおどり」 にぎりすしさんの声

ししおどり 文:菊池 敬一
絵:井口 文秀
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,049+税
発行日:1987年09月
ISBN:9784338069021
評価スコア 4
評価ランキング 28,921
みんなの声 総数 1
「ししおどり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ししおどりが伝えられる意味

    遠野に伝わるししおどり
    ザンコザンコ ザンザンコ・・・・・
    ししおどりの太鼓のおとが 鳴り響きます
    ふしぎに なみだが にじんできて  こころが きれいに なっていく
    こんなはじまりでお話しが始まります

    ししおどりの太鼓のおとがきこえてきそうです

    むかし むかし マタギが山にはいって しかを鉄砲で撃ち落とすのです
    ゆきがふる寒い冬山にマタギの藤造は鹿を射止めたのです
    マタギはしろしかを射止めるために山には入るのですが しろしかも
    しかのリーダーとしての大事な役目を持っていたのです
    マタギとしろしかの戦い  迫力が伝わってきます
    マタギたちも又自分たちの生活がかかった仕事なのです

    でも山の神のおきてがあったのです

    人間たちは 山の神を祭る神社を造り お祈りをするようになったのです
    ししおどりは 山の神を崇める いのりの踊りだったのですね

    今も 遠野に伝えられているのでしょうね

    投稿日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ししおどり」のみんなの声を見る

「ししおどり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット