わたしたちのえほん わたしたちのえほん わたしたちのえほんの試し読みができます!
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

さよならのドライブ」 アダム&デヴさんの声

さよならのドライブ 作:ロディ・ドイル
訳:こだま ともこ
絵:こがしわ かおり
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年01月
ISBN:9784577041000
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,768
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 「おかあさんの顔」がとっても素敵な作品だったので、こちらも借りてきました。
    こちらは、絵本ではなくしっかりとした読み物(293p)です。

    読み始め、5・6年生向けかなと思って読みましたが、途中からしっかりのめり込み、一気に読んでしまいました。
    この作品は、中・高生にも大人の特に女性に読んで欲しいと思いました。

    主人公は、12歳のメアリー。
    親友が引っ越して行ってしまったばかりで、悲しみと淋しさにくれつつ、下校時老いたトチノキが並ぶ坂道で、昔の人みたいな恰好をしている女の人(タンジー)に声をかけられます。
    今、メアリーの祖母エマーが入院していることを知っていて、「あなたのおばあちゃんに、だいじょうぶよってつたえてくれるかしら?」って頼まれます。
    この出会いをメアリーは母スカーレットに話します。
    スカーレットもタンジーと会い、タンジーが母エマーの早逝した母(メアリーの曾祖母)だと気づきます。

    タンジー・エマー・スカーレット・メアリーと女4世代が、数日間同じ時間を共有するのです。
    25歳のままの幽霊のタンジー。
    3歳前に母を失い、今天に召されそうな老婆となったエマー。
    タンジーにそっくりなスカーレット。
    エマー似の主人公メアリー。

    お話の間に、タンジーとエマーの人生を、回想のような形でおりこみ、終盤、4人で、タンジーが結婚しエマーが生まれたウェクスフォードへの夜のドライブへ・・・・・・。

    タンジーとエマーが初めて顔を合わせるシーンは泣けました。
    そして、奇妙な4人の夜のドライブでの車中の会話。
    何とも言えない深く温かい絆・同じ血をつなぐ女性たちの連帯感が、読んでいて惹かれました。

    結末は、読む方にゆだねて、それぞれの感想をお持ちになることと思います。

    絵本「おかあさんの顔」と通じる命の絆″について、優しく静かなトーンで書かれている作品です。

    投稿日:2015/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さよならのドライブ」のみんなの声を見る

「さよならのドライブ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット