まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

かしの木の子もりうた」 西の魔女さんの声

かしの木の子もりうた 文:細谷 亮太
絵:いせひでこ
原作:ロバート・マンチ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年02月28日
ISBN:9784265802012
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,848
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもを育てるということは大変なことで
    良い時ばかりではないのだけれど、
    赤ちゃん時代の可愛くて愛おしくて仕方なかった気持ちは、
    いつまでも私の心の根っこの部分にあります。
    それでよかったんだなぁと
    読み終えた時に思わせてもらえた感じがしました。

    絵本の終盤に差し掛かるあたりで、お母さんがかしの木の枝に腰をおろし、
    どんぐりのへたを優しく撫でている場面は、今の自分と重なりました。
    私も遠く離れて暮らす子どもを想ったり、心配したり、
    子ども部屋へ入れば幼かった頃の表情を懐かしく思い出します。
    星や月を見上げて、同じ空を見ているかもしれないと思ったりもします。

    自分も親からこんな風に想われているのかもしれないと気づきました。

    この絵本には
    手渡され続ける愛が描かれていると思います。

    場面ごとに変わるかしの木は、お母さんの感情を表す表情のようです。
    いせひでこさんの絵が、このお話を絵本として押し上げているようにも思いました。

    投稿日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かしの木の子もりうた」のみんなの声を見る

「かしの木の子もりうた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / くだもの / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 12

全ページためしよみ
年齢別絵本セット