話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おさるのジョージ がっこうへいく」 うさぎのタンタンさんの声

おさるのジョージ がっこうへいく 原作:M.レイ H.A.レイ
訳:福本 友美子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784001111040
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,233
みんなの声 総数 23
「おさるのジョージ がっこうへいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 色のお勉強にも!

    小学校に憧れる(笑)、おさるのジョージ好きな2歳の息子に読みました。
    いつもの事件に、ジョージの活躍と、いつも通りですが、赤と青を混ぜたら紫になる等、さりげなく色の勉強ができます!
    また、おさるのジョージが子どもたちのお手伝いをしてくれたから、子どもたちも最後はジョージのためにお手伝いをする、という所が優しさに溢れていて、とても良かったです。
    2歳の子でも、十分に楽しめました!!

    投稿日:2020/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おさるのジョージ がっこうへいく」のみんなの声を見る

「おさるのジョージ がっこうへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

さつまのおいも / まあちゃんのながいかみ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット