ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

火くいばあ」 ヒラP21さんの声

火くいばあ 文:清水 逹也
絵:福田 庄助
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1981年11月
ISBN:9784591005415
評価スコア 4.25
評価ランキング 20,414
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • とても哀愁のある物語です。
    山奥の村で母を亡くした貧しいかよと、火の気を求めて駆け回る火くいばあの心の通いあいが、切なく響いてきました。
    山火事で娘を失ない、火くいばあとなってしまった母親と、かよとの共通項は共に知っていた「ひっこしおばあのうた」という数え歌。
    お話のキーになっていますが、文中では二番から九番まで飛んでしまいました。
    間はどんな歌詞だったのでしょうね。
    赤いお椀は火の象徴のようです。
    最後に火くいばあは優しい顔でお椀の中に消えていきます。
    「くわひょうくわひょう」という風のイメージも素晴らしいと思いました。
    語り口調の素晴らしさもさることながら、福田庄助さんの絵にも哀愁たっぷりです。
    次第に姿を明らかにしていく火くいばあを、一見がさつに見える絵の中に、風のようにして描いていました。

    投稿日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「火くいばあ」のみんなの声を見る

「火くいばあ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



一生モノの金銭感覚をZ会の「99%シリーズ」で身につけよう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット