話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

TOP500

ままmamaママ

ママ・40代・埼玉県、女の子11歳 女の子7歳 男の子5歳 女の子2歳

  • Line
自己紹介
四人のこどものママです。
子供たちの興味に合わせて本を選んだり、
興味を持って欲しい分野の本を選んだり、
一緒に読む時間を楽しんでいます。
末っ子との育休期間が終わり、仕事をしながらですが、寝る前の読み聞かせは続けていたいたいと思っています。
好きなもの
旅、ディズニー、美味しいものを食べることが好きです。
ひとこと
子供たちと一緒に成長していきたいです。

ままmamaママさんの声

2397件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 優しさはめぐる  投稿日:2024/04/03
紙芝居 やいてたべよか にてたべようか
紙芝居 やいてたべよか にてたべようか 作・絵: おおとも やすお
出版社: 童心社
魚をつかまえて、さあ、家に帰ってお母さんに料理してもらおう!とワクワクだったのに、出会う動物にぜんぶ魚をあげてしまうクマの子。さて、その優しさはどうなったのでしょう?魚の料理をお裾分けしてもらったのかな?とおもいきや、優しさは巡って食べきれないほどのどんぐりになって返ってきました。クマさん、たくさん食べられてよかったね!と子供たちはニコニコでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!  投稿日:2024/04/03
プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻
プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻 作: 佐藤 雅彦 石澤 太祥 貝塚 智子
絵: ダイスケ・ホンゴリアン

出版社: 小学館
5歳息子が好きそうだなと思って購入しました。プログラミング思考とはなんぞや、というのはよく分かってないのですが、指示に従って動くと、目的が達成される、というのを実際に自分で感じられるのがよいなとおもいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 脳がパニックに  投稿日:2024/04/03
じゃない!
じゃない! 作: チョーヒカル
出版社: フレーベル館
2歳娘と読みました。
きゅうり?そうかな?と私が言いながらページをめくると、きゅうりじゃなかったねぇ!と娘。あまりにもそうじゃなかったのか!というものだらけで脳みそがパニックになってしまいそうでした。娘は最後のアイス…じゃない!が気に入っているようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぷるんっとなる姿が好き  投稿日:2024/04/01
ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ
ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ 作: 石川 基子
出版社: 講談社
干し椎茸、おいしいですよね。筑前煮によく入れるのですが、一晩水の中で冷蔵庫に入れてゆっくり戻すと煮物にしたときに美味しく感じます…と温泉に入ったほしじいたけをみるとおもいます。ナメクジってキノコが好きなの?初めて知りました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいらしい  投稿日:2024/04/01
どっちーぬくん
どっちーぬくん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
子供に「ちょっと待ってね」と伝えると、まだ?まだ?と私の考える「ちょっと」はなかなか待てません。どっちーぬくんもそうなんでしょうね。待たされる時間は永遠のように感じ、永遠にほったらかしにされるなんて、ぼくは大切に思われてないんだ!と。もう少し大きくなると相手を思いやる気持ちも育つのでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食べて欲しい  投稿日:2024/04/01
たまねぎちゃん あららら!
たまねぎちゃん あららら! 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 世界文化社
あれもいや、これも食べられない…と出されたご飯をどんどん残す2歳娘に最近食育となりそうな本をよく選んで図書館から拝借しています。
たまねぎのいろんなパワー、美味しい料理に気がついて、なるべくいろんな食材を口にしてくれるようになると嬉しいなぁ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 歌声をきいてみたい  投稿日:2024/04/01
フローリアとおじさん
フローリアとおじさん 作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
全てが幻想の世界のようなお話でした。フローリアはいったいどこからきたのか?みつばちくんたちはずっと生き続けているのか?疑問に思うこともたくさんありますが、工藤さんの優しい絵に幻想の世界が溶け込んで、フローリアもおじさんもどうか二人とも幸せになりますようにと願いをかけたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんなどきどきかというと  投稿日:2024/04/01
どきどきオムライス
どきどきオムライス 作: 苅田 澄子
絵: ドーリー

出版社: 鈴木出版
オムライスが食べたいだけなのに、卵がない!どこにもない!オオカミしか持ってない!!ということで勇気を振り絞ってオオカミに分けて欲しいと言うと、さあ、ドキドキが始まります。7歳娘は、え?食べられちゃうの?と笑いながら予想していましたが、最後は嬉しい展開になってよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかなかじっくり見られないから  投稿日:2024/04/01
紙芝居 むしさんのめ
紙芝居 むしさんのめ 作: ねもと まゆみ
絵: 夏目 尚吾

出版社: 童心社
虫って捕まえて虫籠にいれたりしない限り、なかなかゆっくり観察できないイメージです。なので、こういった虫の特徴などを教えてくれる絵本や紙芝居は大変重宝します。この紙芝居でのテーマは「目」。なぜその虫がその目でなければいけないのか(もしくは、その目だからそういう風になったのかな?)をやさしい言葉で学ぶことができます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 憧れる  投稿日:2024/03/27
ねこは わたしの まねばかり
ねこは わたしの まねばかり 作: クォン・ユンドク
訳: キム・ファン

出版社: あかね書房
ねこのともだちはわたしだけで、わたしのともだちもねこだけ…でもいいじゃない!こんな素敵な関係を築けるねこちゃんとの生活に憧れます。どうしてねことしか友達でいなかったのかは書いていませんが、最後は思い切って外にでる!というシーンも勇気が伝わってきてよかったです。
参考になりました。 0人

2397件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット