新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

TOP500

みいの

その他の方・60代・東京都

  • Line

みいのさんの声

1517件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 食パン目線  投稿日:2022/08/10
れいとうこのそこのおく
れいとうこのそこのおく 作・絵: うえだ しげこ
出版社: 教育画劇
主人公は食パンで、食パン目線で描かれた美味しそうなお話。
うちの子どもたちもフレンチトーストが好きだったので、懐かしく思い出しました。
栄養的にも経済的にも優秀なオヤツですよね。
ちなみに、パンの耳の揚げパンもよくやりました。
まだ冷凍いちごでジャムを作ったことがないので、これは試してみたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 熱帯夜のお月さん  投稿日:2022/08/09
お月さんのシャーベット
お月さんのシャーベット 作: ペク・ヒナ
訳: 長谷川 義史

出版社: ブロンズ新社
住人それぞれの生活が垣間見られるような、集合住宅の表紙に惹かれ手に取りました。
カーテン、壁紙、家具などに目がいってしまいます。
電気の使い過ぎで停電するのは現実的。
逆に、暑さでお月さんが溶け出したり、月見草から新しいお月さんが生まれたりするところが、とても夢があると思いました。
熱帯夜が続く時期に読んでぴったりでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幻想的な夏休みの想い出  投稿日:2022/08/04
シノダ!(9) 夏休みの秘密の友だち
シノダ!(9) 夏休みの秘密の友だち 作: 富安 陽子
絵: 大庭賢哉

出版社: 偕成社
夏休みにユイとタクミがパパの故郷へ行きます。
初めて子ども2人だけで、遠くまでの電車旅です。
私も昭和時代の夏休みに弟と2人、片道5時間以上かけて祖父母の家へ行きました。
その時の経験と重なり、とても懐かしくなりました。
ユイとタクミが電車を乗り過ごしてしまった場面はハラハラしましたが、その後は幻想的でどこか夢の中の出来事のようなお話。
子どもの頃の夏休みの想い出って、こんな感じだなぁと共感しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まだ読んでいない面白そうな絵本をチェック!  投稿日:2022/08/03
kodomoe 2021年8月号
kodomoe 2021年8月号 出版社: 白泉社
巻頭特集「読書好きになる!絵本100」で、まだ読んでいない面白そうな絵本をチェックしました。
「自由研究スイーツ」は、実験的お菓子作りが楽しそう。
「カラフル氷サイダー」のアイデアが気になったので、是非作ってみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちぎり絵が素晴らしい  投稿日:2022/08/02
おてがみで あいましょう
おてがみで あいましょう 作: 木村 いこ 木村 セツ
出版社: 理論社
マルちゃんとおばあちゃんのお手紙のやり取りが、可愛くて微笑ましいお話でした。
おばあちゃんのちぎり絵が、写実的で温かみがあるクオリティの高い作品でびっくりです。
お孫さんの木村いこさんがイラスト、漫画、絵本などのお仕事をされているのも、木村セツさんの芸術的センスのDNAを継承されているからかしら、と思いました。
私も小学生の時、明治生まれの祖父と文通をしていました。
万年筆で書かれていたなぁと懐かしい気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 組み立てると何になるのかな?  投稿日:2022/08/01
くみたて
くみたて 作: 田中達也
出版社: 福音館書店
朝ドラのタイトルバックで田中達也さんの作品に出会ってから、次々と発表される見立てワールドから目が離せなくなりました。
組み立てて出来上がるモノを見て「なるほど、そうきたか…」「あぁ、ぴったり…」と、ページをめくるたびに楽しめます。
さらに登場する人たち(フィギュア)それぞれのドラマを深読みするのも面白いです。
作者ご本人らしい人もいますね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 生きた状態で撮影するとは  投稿日:2022/07/31
学研の図鑑LIVE 昆虫 新版
学研の図鑑LIVE 昆虫 新版 監修: 丸山 宗利 長島 聖大 中峰 空
出版社: 学研
2800種の昆虫を生きた状態で撮影したと聞いて、動いたり飛んだりする昆虫をどうやって撮影するのか想像もつきませんでした。
あるWeb記事に撮影の様子があり、二酸化炭素で昆虫を一時的に眠らせ、目覚めた瞬間に撮影したとのことでした。
その撮影を2800種も行ったとは驚きです。

庭仕事をしていると様々な虫に遭遇します。
いつも見かける虫、その年だけ大発生する虫、以前はいなかったのに最近増えてきた虫など、何かと気になります。
調べてみようと図鑑で探すと、ついでに他のページに寄り道してしまうのが図鑑の魅力だと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ペンタくん、カッコいい!  投稿日:2022/07/30
ドーナツペンタくん
ドーナツペンタくん 作: 柴田 ケイコ
出版社: 白泉社
ペンタくんのドーナツ屋さんの品揃えは、色とりどり。
でも、特注のドーナツをその場で作るのはかなり難しそう。
揚げたてはきっと美味しいはずですが、やはり見た目は重要ですね。

ペンタくんが作る特注ドーナツは微妙でしたが、彼のもうひとつの任務を成し遂げる姿はカッコよかったです!
泳ぎが得意なペンギンですもの、やっぱり頼りになるなぁと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心細さと期待感、心配そして安堵  投稿日:2022/07/29
バスにのるひ
バスにのるひ 作: はせがわ さとみ
絵: nakaban

出版社: 絵本塾出版
ひとりでバスに乗る心細さが伝わってくるお話でした。
まだ行ったことのない知らない場所だけど、初めて海に遊びに行くという期待感も入りまじっていました。
バスの中で木の実がこぼれてしまってからは、読んでいてオロオロするぐらい心配させられました。
その後の展開は安堵の気持ちに加えて、きつねの子の成長も感じられるラストでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 京都の描写が素晴らしい  投稿日:2022/07/27
シノダ!(8) 都ギツネの宝
シノダ!(8) 都ギツネの宝 作: 富安 陽子
絵: 大庭賢哉

出版社: 偕成社
お調子者の夜叉丸おじさんに巻き込まれ、3兄弟が京都で宝探しをすることになりました。
謎解きはもちろん引き込まれましたが、京都の描写が素晴らしかったです。
ユイたちが食事をした四条大橋の店は、実在する高級老舗中華料理店と判明したので、是非行ってみたくなりました。
最近ちょうどテレビで日本最古の公立図書館と紹介されていた、京都府立図書館のエピソードもよかったです。
京都取材をされたという大庭賢哉さんの挿し絵が素敵で、丁寧に作られた作品だなぁと思いました。
参考になりました。 0人

1517件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

Z会の小学生向け新教養書「99%シリーズ」の魅力を紹介!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット