話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5886件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 魚図鑑的にも楽しめそう  投稿日:2020/09/04
うみで なんの ぎょうれつ?
うみで なんの ぎょうれつ? 作: オームラ トモコ
出版社: ポプラ社
オームラトモコさんのなんのぎょうれつシリーズ。
なるほど、海の生き物が行列という訳ですね。
確かに、種類も豊富で楽しそうです。
魚図鑑的にも楽しめそうですね。
ご協力お願いします、という呼び込みに誘われ、
人気のクリオネからスタート。
もちろん、行列の途中では、それぞれの特性ならではのサブストーリーが。
そして、お待ちかねの協力内容が明らかに!
なるほど、ね。
海の生き物ならではの展開が上手いです。
何より、みんなの協力が実っての救出劇、お見事です。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 12歳の少女が命名  投稿日:2020/09/04
キュリオシティ ぼくは、火星にいる
キュリオシティ ぼくは、火星にいる 作: マーカス・モートン
訳: 松田 素子
監修: 渡部 潤一

出版社: BL出版
『CURIOSITY』が原題。
意訳に惹かれたのですが、なるほど、火星探査機キュリオシティが語る作品なのですね。
一種のノンフィクションストーリです。
なぜ、火星探査が必要なのか、そのあたりもしっかり語られます。
注目は、この探査機の命名が公募であったこと。
なんと、12歳の少女の案が採用されたのですね。
好奇心という意味、まさに探査にぴったりです。
ロボット探査機といえば、無機質なイメージですが、
この作品のような視点で語ると愛着がわきます。
まだまだ未知の惑星、火星。
やはり、興味深いです。
小学校高学年くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「ナンニモナイ」素晴らしさ  投稿日:2020/09/04
おくりものはナンニモナイ
おくりものはナンニモナイ 作・絵: パトリック・マクドネル
訳: 谷川 俊太郎

出版社: あすなろ書房
谷川俊太郎さんらしい意訳表題が粋です。
『The Gift of Nothing』が原題。
雪の情景下で、今日はいつもと違う日、と。
クリスマス?誕生日?
大好きなアールに贈り物をしたいムーチの思考の様子を描きます。
早々に、「ナンニモナイ」にたどり着きますが、
そこからの展開もすごいです。
「ナンニモナイ」素晴らしさが伝わってきます。
解釈はいろいろできそうですが、究極の友情でしょうか。
小学生くらいから、この滋味深い展開、味わってほしいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 木版画の得意技  投稿日:2020/09/02
どうぶつクッキー
どうぶつクッキー 作: 彦坂 有紀 もりと いずみ
出版社: 学研
木版画でリアルな食べ物を描いてきたコンビが選んだのが、クッキー。
なるほど、サクサクとした質感が、木版画の得意技という訳です。
しかも、動物型というのですから、うれしいですね。
もちろん、美味しそう!
クッキーなので、ほぼ輪郭だけで、詳細はありませんが、
動物名とオノマトペを添えれば、ほら、楽しい展開です。
ある意味アートな造形が奥深いです。
そして、クッキーですから、後半は急展開。
もったいない気もしますが、そこは勢いづけて、ね。
この潔さ、あっぱれです。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 工場風  投稿日:2020/08/30
知っておきたい!人体のしくみ
知っておきたい!人体のしくみ 著: ジョン・ファーンドン
出版社: 東京書籍
『STUFF YOU SHOULD KNOW ABOUT THE HUMAN BODY』が原題。
この「STUFF」というワードが滋味深いです。
邦訳は2019年8月ですが、原書は2017年発行。
人体の仕組みといえば、生々しいイラストの印象がありますが、
本書は工場風の構成で紹介していますので、ツアーガイドといった趣きです。
内容はかなり本格的で、やや詰め込みすぎという印象ですが、
読者のレベルに合わせて斜め読みで概要をつかむというのがよいと思います。
同系統の作品ではあまりお目にかからなかった、発声の仕組みが興味深かったです。
病気や免疫、遺伝、生殖も完備しています。
体外受精までに踏み込んでいるのが現代ならではですね。
最近知った「サイトカイン」もちゃんと解説してあるのでびっくりです。
小学校高学年くらいから大人まで、読みごたえがあります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 学ぶ、とは  投稿日:2020/08/30
まなぶ
まなぶ 文・写真: 長倉 洋海
出版社: アリス館
世界の子どもたちの学ぶ姿をとらえた写真絵本。
その真剣なまなざしに圧倒されます。
そもそも、学ぶ、ということがどういうことなのかを考えさせてくれます。
そう、学ぶことで広がる可能性。
学ぶ楽しさをいっぱい感じることができると思います。
こんな学びもあるのか、と驚かされると思います。
その背景には、平和。
そのあたりも感じ取ってほしいですね。
小学校高学年くらいから、学ぶ楽しさを体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分に問いかける  投稿日:2020/08/30
いのる
いのる 著者: 長倉 洋海
出版社: アリス館
柳田邦男さんが、戦争と平和というテーマでフィナーレとして紹介されていた作品。
写真家、長倉洋海さんの写真絵本です。
世界の戦場や紛争地をめぐったリアルな写真の数々が訴えます。
世界各地の「いのる」姿を撮影してあります。
その姿から立ち上る思いが伝わってきます。
もちろん、そこで取材した様子も記されています。
印象的だったのは、自分に問いかけるという視点です。
とても大変な状況であるにもかかわらず、
何かのせいにするのではなく、自ら変えるという視点の大切さを痛感しました。
小学校高学年くらいから、平和学習の一環としても。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 第1次世界大戦から100年  投稿日:2020/08/30
そらいろ男爵
そらいろ男爵 文: ジル・ボム
絵: ティエリー・デデュー
訳: 中島 さおり

出版社: 主婦の友社
柳田邦男さんが推薦されていたのでセレクト。
戦争と平和というテーマで、フランスのエスプリがきいている、との評です。
少し古風な絵ですが、2014年の作品。
第1次世界大戦から100年ということで、100年前のエピソードとして描かれているのですね。
そのころの戦争はまだ人が手で動かしていました、という文章が意味深です。
ということは、今は…。
空色の飛行機に乗ったそらいろ男爵が主人公です。
悠々自適で飛行機を楽しんでいたと思われる男爵も戦争に駆り出されることに。
そこで、砲弾になるものを、と探して思いついたのが、分厚い本!?
そのうちに、ロシアの小説『戦争と平和』を落とすと、敵の兵士が読みふけってしまい、
驚くべき光景が。
本の威力、でしょうか。
後半はさらにエスカレート、すごい結末が寓話的です。
こんな解決策、実現してほしい、と思ってしまいました。
小学校高学年くらいから、戦争の愚かさを感じてほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う コロナウイルス対策  投稿日:2020/08/30
みんなでウイルスとたたかおう!
みんなでウイルスとたたかおう! 著: エロイーズ・マグレガー
訳: 青山 南

出版社: 化学同人
絵本というよりは啓発冊子のような印象です。
それでも、今わかっていること、対策を理解してもらうにはちょうどいいかもしれませんね。(2020.5.20刊)
感染経路、症状、何より、予防策。
手洗いは最低20秒、「ハッピーバースデイトゥユー」のうた2回分の時間という目安がいいですね。
きみと、きみの大切なひとたちが無事であるために、という副題を
大切にしたいです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもたちが働く姿  投稿日:2020/08/30
はたらく
はたらく 文・写真: 長倉 洋海
出版社: アリス館
世界の子どもたちの働く姿を追った写真絵本。
児童労働といえば、悲惨、というイメージですが、
紹介された子どもたちは、意外にも生き生きとした姿を見せてくれます。
もちろん、戦争や貧困といったつらい状況が背景にあるのでしょうが、
それでも、誇りや責任感に昇華して微笑む姿が頼もしく感じました。
働くということについても考え支えてくれると思います。
小学校高学年くらいから、いろいろ学べると思います。
参考になりました。 0人

5886件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット