なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5657件中 5611 〜 5620件目最初のページ 前の10件 560 561 562 563 564 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いちごが出回ってきたら  投稿日:2005/03/01
ぜんべいじいさんのいちご
ぜんべいじいさんのいちご 作: 松岡 節
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
そろそろいちごの出回る頃となりました。
そんな時にぜひ読んで欲しいのがこの絵本です。
このおはなしではいちごの育て方が丁寧に描かれます。
わら(英語でストロー)で育てるのでストロベリーなんですよ!
丹精込めて育てたいちごが少しずつ赤くなって、
はたけ中のいちごが真っ赤になったページは圧巻です。
そして惜しみなくおすそわけするじいさん。
心がほっこりして、甘い香りが感じられる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子とも幼稚園の劇の演目  投稿日:2005/03/01
てぶくろ
てぶくろ 作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
私も次男も幼稚園児の時の劇で『てぶくろ』をしました。
典型的な繰り返しの展開、ウクライナ民話らしい絵、
古典中の古典ですね。
発想がおもしろいばかりでなく、
だんだんぎゅうぎゅうづめになっていく時の
ハラハラ感はたまらないです。
ちなみに次男の役は犬。
ワンワンほえて動物たちを追い出すんだ!と
とても張り切って演じていました。
そういう楽しみ方もあるんだ、と感心しました。

さらに長男の時は真夏にこの絵本にはまり、
暑い〜と言いながら何度も読まされた思い出の絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う テーマ曲も覚えています  投稿日:2005/03/01
やさしいライオン
やさしいライオン 作・絵: やなせ たかし
出版社: フレーベル館
子どもの頃アニメ映画でも見ました。
♪走れ!ブルブル、金色の風のように走れ!♪
まだメロディーも覚えています。
とにかく親子の愛情がいっぱい詰まった作品で、
やはり親の方がジーンとくるのではないでしょうか。
文章も優しさにあふれ、幼児期にお母さんの声で
読み聞かせしてあげたい作品だと思います。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愛すること  投稿日:2005/03/01
100万回生きたねこ
100万回生きたねこ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
愛すること、とはこういうことなんでしょう。
深い深い味わいのあるおはなしです。
100万回生きたこと、以上に100万回死んだことに
心を打たれます。
自分を愛することから他人を愛することに目覚める、
がテーマでしょうが、
この世の中、「自分が好きだった」ねこも評価したいです。
絵本ですが、やはり低学年には難しい世界でしょうか。
でも、繰り返される言葉は子どもの心にストンと残り、
いつか大きくなった時、味わうことができるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春の自然を満喫しましょう!  投稿日:2005/02/27
14ひきのぴくにっく
14ひきのぴくにっく 作: いわむら かずお
出版社: 童心社
ピクニックが大好きな子ども達がお気に入りだった絵本です。
ページいっぱいに拡がる春の情景、目いっぱい楽しみましょう。
文章は詩のようですから、ぜひ声に出して味わいましょう。
我が家の楽しみ方は絵のあちこちにいるちょうやてんとう虫を探すこと。
ページをめくるたびに兄弟で競って激しい指差し合戦でした。
少子化、核家族の時代、こんな家族は理想かもしれませんね。
よーく家族それぞれを見てみるとおはなしには書かれていないけれど、
個性が出ていて楽しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なみだの意味  投稿日:2005/02/27
りゅうのめのなみだ
りゅうのめのなみだ 作: 濱田広介
絵: いわさき ちひろ

出版社: 偕成社
一躍有名になった「子ども」の詩に通ずるおはなしだと思いました。
りゅうは子どもからの温かい言葉をかけられ、愛を与える物となります。
一つの善意が次の善意を生んでいく、と作者は評します。
浜田ひろすけさんの美しい文章、
いわさきちひろさんの絵が素敵で、
子どもの頃読んだ記憶が今も残っています。
子ども達には是非届けたい名作だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 木の素晴らしさを感じて欲しい  投稿日:2005/02/27
木はいいなあ
木はいいなあ 作: ジャニス・メイ・ユードリー
絵: マーク・シーモント
訳: 西園寺 祥子

出版社: 偕成社
タイトルのまま「木はいいなあ」を感じさせてくれる絵本。
木がいとおしくなります。
子どもたちにはぜひ、体感してほしいことですもの。
自然との共生、忘れかけている大人も是非読んで欲しいです。
しっかり「木を植えよう!」という提案まであります。
子ども達の心に根付きますように・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「ほんものだ」がブームに  投稿日:2005/02/27
うさぎを つくろう
うさぎを つくろう 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
うちの子がはじめてこの絵本買って!とリクエストした本です。
しばらくは影を見るたびに親子で「ほんものだ」と言うのが
ブームでした。
身近な材料から広がるイメージの豊かさ、
それはデッサンの見事さにもあります。
色彩の魔術師といわれるゆえんです。
絵本とは思えない立体感、リアリティーがあります。
このにんじん、本当においしそう!
子ども達は「おなかがぺこぺこ」やら「おいしそう」に魅かれたのかもしれませんが・・・。

それにしても、「ほんもの」って何なのでしょうか?
物事の本質をついた作品かもしれません。
レオ・レオニの作品でもめったに評されない作品ですが、
さすが絵本ナビのメンバーはお目が高いですね。
うれしくなりました。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 個性をシンプルに訴えてくれる絵本  投稿日:2005/02/27
かっくん どうしてボクだけしかくいの?
かっくん どうしてボクだけしかくいの? 作: クリスチャン・メルベイユ
絵: ジョス・ゴフィン
訳: 乙武 洋匡

出版社: 講談社
個性を受け止めることの大切さを語る絵本。
『五体不満足』の乙武さんが自分のメッセージを絵本にしてくれた作品と評して、翻訳もしています。
おはなし的にはシンプルで子どもにもすんなり受け入れてもらえると思います。

「きみはみんなと形はちがうけど、おとうさんとおかあさんは
きみのことがだいすきだよ」
という言葉がかっくんの心の支えになって
後半の自信にもつながったのではないでしょうか。

絵もほのぼのとしていて、
心におはなしがしみこんでいきます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつまでもつながっていたい  投稿日:2005/02/21
1000の風1000のチェロ
1000の風1000のチェロ 作・絵: いせひでこ
出版社: 偕成社
阪神淡路大震災から10年が過ぎました。
いろいろな報道に接し、改めてあの日を思い返しながら
子ども達にも伝えたいという想いでこの絵本に出会いました。
私自身の体験は、台所で立ちすくんでしまったこと、
夫が布団ごと長男を抱えてたんすの前を離れたこと、
ガスが止まったことくらい。
双方の実家では食器が割れたりたんすが倒れたりでしたが皆無事。
ずっと何もできなかった想いでいます。
この絵本では、知っていたけど、という少年が支援コンサートで関わる、というおはなしです。
被災者ではなかったけど、何かできることは、という想いを
表現した作品ではないでしょうか。
淡い色彩がチェロのメロディーを奏でます。
参考になりました。 0人

5657件中 5611 〜 5620件目最初のページ 前の10件 560 561 562 563 564 ... 次の10件 最後のページ

みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット