話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

TOP500

レイラ

じいじ・ばあば・50代・兵庫県、女の子0歳 女の子0歳

  • Line
自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

7247件中 7211 〜 7220件目最初のページ 前の10件 720 721 722 723 724 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いつまでもつながっていたい  投稿日:2005/02/21
1000の風1000のチェロ
1000の風1000のチェロ 作・絵: いせひでこ
出版社: 偕成社
阪神淡路大震災から10年が過ぎました。
いろいろな報道に接し、改めてあの日を思い返しながら
子ども達にも伝えたいという想いでこの絵本に出会いました。
私自身の体験は、台所で立ちすくんでしまったこと、
夫が布団ごと長男を抱えてたんすの前を離れたこと、
ガスが止まったことくらい。
双方の実家では食器が割れたりたんすが倒れたりでしたが皆無事。
ずっと何もできなかった想いでいます。
この絵本では、知っていたけど、という少年が支援コンサートで関わる、というおはなしです。
被災者ではなかったけど、何かできることは、という想いを
表現した作品ではないでしょうか。
淡い色彩がチェロのメロディーを奏でます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たんぽぽが咲く頃に読んでみましょうか  投稿日:2005/02/21
こいぬのうんち
こいぬのうんち 作: クオン・ジョンセン
絵: チョン・スンガク
訳: ピョン・キジャ

出版社: 平凡社
題名からして衝撃的な絵本です。
1ページ目では子ども達の反応が目に浮かびます。
でも・・・なんて奥の深いお話でしょう。
これは一種の科学絵本とも言えますね。
たんぽぽが咲く頃、このおはなしを思い出してくれますよに。
たんぽぽを抱きしめるこいぬのうんちの絵がなんともいいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冬から春に向かう頃、是非読んでほしい  投稿日:2005/02/21
しろいゆき あかるいゆき
しろいゆき あかるいゆき 作: アルビン・トレッセルト
絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 江國 香織

出版社: BL出版
デュボアザンの絵に魅かれて読んでみました。
雪が降る前後の、うさぎやこどもたちやゆうびんやさん、
おひゃくしょうさん、おまわりさん。
それぞれの様々な反応や行動がおもしろいです。
文章にもリズムがあって、おはなしが雪と同じく静かに降り積もります。
絵の中のカレンダーは「MARCH」になっています。
冬から春に向かう頃、是非読んであげたい絵本です。
是非声に出して、耳からも雪の音やみんなの想いを
感じて欲しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 阪神大震災のエピソード  投稿日:2005/02/21
おひさまいろのりんご 有希の阪神大震災
おひさまいろのりんご 有希の阪神大震災 作: ほりぐちきよし
絵: ほりぐちひさこ

出版社: 清風堂書店
どちらかというと震災のエピソードという絵本です。
でも、やはり子ども達には読んで欲しい。
被災した子どもが熱を出した時に、
お父さんが救援物資の中からさがしてもらったりんご。
ゆきは「おひさまいろのりんごだー」と喜びます。
その表現がなんともいいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 声に出して読んでください。  投稿日:2005/02/15
モチモチの木
モチモチの木 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
私も子どもの頃読んで記憶に残っている作品であり、
今は我が子の教科書にも載っていて感激しました。
切り絵の美しさももちろんあるのですが、
やはり文章の美しさ。
声に出して読むととても味わい深いのです。
豆太の心の動きや表情まで伝わってきます。
今の子どもにとっては「せっちん」や室外の便所など
理解できないかもしれませんが、
説明抜きでスッと読み進めるといいと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 聞き手大うけ、読み手も満足  投稿日:2005/02/15
わゴムは どのくらい のびるかしら?
わゴムは どのくらい のびるかしら? 作: マイク・サーラー
絵: ジェリー・ジョイナー
訳: きしだ えりこ

出版社: ほるぷ出版
ストーリーは単純です。
でもこんなに受けるのはなぜでしょう。
わゴムという不思議な存在をとらえた会心の作品だと思います。
日常生活で身近にある輪ゴム。
伸びる触覚や切れてパチンッ!!の痛さは
誰でも体験しているはず。
そんな体験を呼び覚ましてくれるんでしょうね。
子ども達がその体験を感じているのが
読んでいてひしひしとわかります。
みんなで「え〜!?うっそ〜!」と言い出したらしめたもの、
読み手も一緒に楽しみましょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 木版画の優しさ  投稿日:2005/02/10
大男ボルス
大男ボルス 作: 松居スーザン
絵: 佐藤 国男

出版社: 北水
体が大きいために恐れられ、村を追い出されたボルス。
でも黄色い服を着た少女だけは彼の優しさを見抜いていました。
ナイーヴなボルスの心はやがて自然と溶け合い、
一体となっていくのです。
木版画の絵がとても素朴です。
少し長いお話ですが、子ども達はきっと感じ取ってくれると思います。
ボルスの切ない気持ちがしんしんと伝わってきます。
見た目に惑わされず、真の姿を子どもは見抜くのですね。
大人としては、ボルスの左目に当たった石が気になります。
日々の大人の姿を反省させられてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせの導入にいいかも。  投稿日:2005/02/10
ぐりとぐらの1ねんかん
ぐりとぐらの1ねんかん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
当時カレンダーが大好きだった子ども達のために
買い求めました。
もちろん私もぐりとぐらが大好きなので大満足です。
各月ごとにいろいろな情景がエッセイ、詩、言葉遊びといった様々なリズムで語られます。
やはり読み聞かせで楽しむのが一番です。
関西人の我が家ではいろいろなつっこみが入り大騒ぎです。
年中ぐりとぐらの世界を楽しめるので、
読み聞かせの時に導入でその月を読むというのもおすすめです。
読み聞かせで季節感のある絵本を選ぶのは大変ですから。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもが思わず手を出す絵本。  投稿日:2005/02/10
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
うちは4歳くらいになった長男がこの絵本買って!
とせがみました。
本当はもう少し年齢相応の絵本を選びたかったのですが、
我が子の意を尊重しました。
とにかくリアルです。
食いしん坊の長男が惹きつけられたのも無理はありません。
生活に密着しているというか、
果物がお母さんの手で食べやすいように調理され、
「はい、どうぞ」と差し出される温かさ。
今は子ども達も大きくなって
この絵本は子ども部屋を卒業したので、
お手伝いしている乳児子育て支援の会に提供しました。
会に行くたび、日々格闘している子育てバトルを反省。
この絵本で親子の初心を取り戻しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 必ずウケます!  投稿日:2005/02/10
落語絵本2 まんじゅうこわい
落語絵本2 まんじゅうこわい 作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス
読み聞かせをしていますが、
子ども達に思い切りウケてこちらが感激した作品です。
落語の力とはいえ、
関西人の私にとっては非常に読みやすく、
文章を追うだけで自然にリズムのある語りになります。
子ども達もテーマが「まんじゅう」ですから
すぐにおはなしに入ってくれます。
絵も落語にぴったりする雰囲気を醸し出していて、
図書室の片隅での、普段着の語り手でも、
そこは寄席の世界でした。
参考になりました。 0人

7247件中 7211 〜 7220件目最初のページ 前の10件 720 721 722 723 724 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ

  • まめぞうのぼうけん
    まめぞうのぼうけん
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ひとりぼっちの 小さな まめぞうは、大きな海へ とびだしました! 繊細な切り絵の世界は素敵です。
  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット