話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

TOP500

みみずくまま

ママ・40代・三重県、男の子15歳 男の子13歳

  • Line
自己紹介
男の子二人のママです。
毎日、絵本や歌の絵本を読んであげています。
親子でこころがあったかくなる絵本をさがしてます。

息子が大好きな絵本

公開

みみずくままさんの声

124件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ママとならスペシャルに  投稿日:2014/05/10
プリンちゃんとおかあさん
プリンちゃんとおかあさん 文: なかがわ ちひろ
絵: たかお ゆうこ

出版社: 理論社
プリンの大好きな次男に読んでみました。

私の感想になってしまいますが
お母さんとプリンちゃんが一緒じゃないところがいいですよね
すべての子供がママやパパに似ているわけではないですし
プリンの子供はプリンというよりも。
プリンちゃんのママはソフトクリーム
という点が素敵だなと感じました。

そして、もちろん一緒になったら、
もっとスペシャルになる!なんて素敵な話なんでしょう。

息子は食べ物の絵本が好きなので、
私とは違う楽しみ方をしているような気がしますが
(美味しそうだね!みたいな)
とても素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な作品  投稿日:2014/05/10
プリンちゃんとモンブランばあば
プリンちゃんとモンブランばあば 文: なかがわ ちひろ
絵: たかお ゆうこ

出版社: 理論社
私の好きなプリンちゃんとおかあさんの続編ということで
読んでみました

私の感想としては、少し不思議な印象を受けました。
なかがわ先生の絵柄は
デコレーションシーンなど、美味しそうなプリンに見えるのに
ちゃんと擬人化して見えるバランスが素晴らしいのだと思いますが
種をまくシーンは、おいしそうなプリンにしか見えず
思わず笑ってしましました‥すみません

子供たちは、種から何が育つのか
想像を掻き立てられたり
どうなるか当ててみたりと、楽しんでおりました。

下手に親の固い頭でよんではいけないのかもしれません
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 表情がすてき  投稿日:2014/05/10
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
歯科検診の際にいつも読んでます。

五味先生の絵本は、いつも表情がすてきで
歯医者さんの「こわいなぁ」という表情は文字を読まなくても
伝わってくるほどです。

わにと歯医者は同じことばをいっているのですが
この言葉遊び感も最高です。

3歳以下でも楽しめる絵本ですが
言葉遊びがわかる、4-5歳以上だと
ゲラゲラ笑いながら読んでいます。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい そうそう 母は強し  投稿日:2013/11/10
おかあさん、すごい!
おかあさん、すごい! 作: スギヤマ カナヨ
出版社: 赤ちゃんとママ社
自分に自信がないお母さんに読んでほしいな。
と思う絵本です。

育児は、子供と一緒に育っていくこと なんですよね
初めから 完璧になんてこなせなくても
一緒に成長していくことを実感しました。

是非、お父さん、すごい。も読みたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春を感じながら  投稿日:2013/05/04
どんなにきみがすきだかあててごらん はるのおはなし
どんなにきみがすきだかあててごらん はるのおはなし 作: サム・マクブラットニィ
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
1作目も大好きでしたが、
春夏秋冬編もとっても素敵なお話です。

最初の作品を読んでいなくても楽しめますが
やっぱり、1作目を読んでいると
さらに楽しめると思います。

このシリーズは、
チビうさぎの無邪気さと
デカうさぎの包容力に 幸せな気持ちになれる絵本です

春には春の作品を
夏には夏の といった楽しみ方もありますが

冬に 春の思いを馳せたり
地球の裏側の話をしたり

季節を感じる楽しさを味わえます
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もっちゃうよ〜?と笑えるように  投稿日:2013/05/02
もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう
もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう 作・絵: 土屋 富士夫
出版社: 徳間書店
トイトレも終了し、
今度は、我慢することを覚え、
遊びに夢中になって、トイレ目前で漏らしてしまう、、
そんな時期に読みました。

当時はギリギリまでトイレに行こうとしない息子に
「トイレは?」
「おしっこ大丈夫?」
とトイトレ時期より しつこく言っていたような気がします

そんな時に、早くトイレにいってもらおう!
と思い手に取ったのですが

この絵本を読んで、何だか力がぬけました

きっと息子も頑張って、我慢して、
トイレに辿り着いているのだろうと

単に面白いので、おすすめですが
トイレにいくこと
トイレにいけること を
笑い飛ばしたいかたには、もっと おすすめです

トイレに走っていく息子に
「もう もっちゃうよ〜」と笑顔でいえるママになれますよ
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛され ハオちゃん。  投稿日:2013/03/26
まんまる ハオちゃん
まんまる ハオちゃん 作・絵: やぎ たみこ
出版社: くもん出版
さすが、やぎたみこ先生。

ハオちゃんは、ただの可愛いだけのキャラクターじゃないですね。

この作品を読んで、
ほげちゃんのキレた姿に爆笑したことを思い出しました。

先生の作品は、どのキャラクターも とってもイキイキとして
憎めない 愛されキャラばかり。

ケンカしたり、仲良くなったり、協力したり 失敗したりと
まるで子供たちの日常生活を楽しい絵本に閉じ込めたような・・
作品の中に、くすっとなる笑いもあり
読んでいて幸せな気持ちにさせてくれる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 重機が好きな次男のお気に入り  投稿日:2013/03/07
ぼくはブルドーザー!
ぼくはブルドーザー! 作・絵: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
最初は、長男と一緒に図書館に行った時に
たまたま手に取った絵本でしたが、
電車好きの長男の反応はイマイチ

砂場で、豪快に遊ぶ所なんて
楽しいのになぁ。と思いつつ、それっきりでした。

次男は、長男と趣向が異なり
はたらく車が大好き

電車は、素敵な絵本がたくさんあるのにな。と
絵本を探していたところ
二回目の出会いでした。

予想通り、次男は、毎日布団の上で
ガガガガーと、しちゃうくらい


はたらくくるま好きには、

おやすみ、はたらくくるまたち と
ぼくは、ブルドーザーが
おすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あー 面白かった  投稿日:2013/03/03
ほげちゃん
ほげちゃん 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
メリーゴーランド(絵本店)で爆笑してしまった作品です。

ほげちゃんの視線で描かれている点がとても新鮮でした。 
ぬいぐるみが嫌な思いをしていることを描く作品はあっても
本当に暴れだしてしまうなんて
ほげちゃんが頭にきて暴れるところに
おもわず笑ってしまいました。

暴れちゃってしまうところは、
子供にも共感を覚えるようで、
息子の大好きな作品です。

この絵本を読んでからは、息子が私を困らせるときに
ほげちゃんのふりして、暴れちゃったりしています。

そうすると、イライラも 消えてしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣いてしまいました  投稿日:2013/02/13
かあさんのこもりうた
かあさんのこもりうた 作: こんの ひとみ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
大好きな いもとせんせいの作品ですが
息子に読むか悩む作品ではあります

お母さんが、亡くなることをうけとめられるのかな。と
そう考えると、ついよむことをためらって
おります

いつか、息子に読んで、からすさんの
優しい気持ちを感じて欲しいです
参考になりました。 0人

124件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット