新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

かつひさ

パパ・30代・宮崎県、女0歳

  • Line

かつひささんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 関西弁がごっつええでぇ!  投稿日:2011/04/19
ぼくと おおはしくん
ぼくと おおはしくん 作・絵: くせ さなえ
出版社: 講談社
この物語は、小さな子供の成長を描いていますが、二人のやりとりが、関西弁で描かれていることで、妙に感情が入り込みやすく、それぞれの声が聞こえてくるようで、情景やにおいまでも浮かんでくるようでした。(私は九州出身ですが、標準語のやりとりより、関西弁のほうが人間味を感じ取れてよかった)

かめがきっかけで仲良くなった「ぼく」と「おおはしくん」。子供が友達をつくるきっかけって、とても自然でいいなぁと思いました。逃げ出したかめを二人で必死に探しながら、見つけ出したときには「おおはしくん」が少し大人になっていて、子供の成長について考えさせられました。自分の子供にもそういう成長を期待したいしたいし、この本を呼んであげることで、何か子供に伝えられるのではと思いました。

描かれている絵は、とても子供に優しく、登場人物の表情もわかりやすいと思いました。舞台となっている町の景色も、今となってはうらやましいと思える風景で、こんな環境の中で子育てしたいと思いました。

ザリガニの絵やひみつ基地の絵などは、絶対に小学生の男の子には大人気だと思います。

このような絵本が増えてくれることを期待します。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドキッ!とします  投稿日:2011/04/19
はせがわくんきらいや
はせがわくんきらいや 作・絵: 長谷川 集平
出版社: 復刊ドットコム
はじめなんと文字が読みづらい本だ!と思いましたが、逆にひと文字ひと文字をじっくりと読みました。「長谷川くんきらいや」と子供の素直な表現ながら、長谷川くんをいじめることなく、逆に一緒に遊ぶ姿に、自分の子供がこんな子になってくれればと思いながら読んでいました。

ドキッ!としたのは、「ヒ素ミルク」の話が出たときでした。そんな話とは思わず読んでいたので、急に心が引きつけられたました。

子供に対してどのように説明したらいいのかわからない長谷川くんのお母さん。お母さん自体も自分の子供に起こってしまったことを理解しきれない事だろうと思います。
でも、必死に生きようとする長谷川くんとそんな長谷川をきらいといいながら一緒に遊び続ける「ぼく」の関係は、何よりも親の心を救う出来事なのではと思いました。

世の中にはいろんな人がいて、どんな人にも優しく接することができるようにという意味で、子供に読んであげたいと思う作品でした。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 先が読みたくなる絵本  投稿日:2011/03/25
やんちゃっ子の絵本 (1) だれのズボン?
やんちゃっ子の絵本 (1) だれのズボン? 作・絵: スティーナ・ヴィルセン
訳: ヘレンハルメ美穂

出版社: クレヨンハウス
ネットの立ち読みで読ませていただきました。
絵がヘタうまいという印象ですが、とても味があって、それぞれのキャラクターに愛着がもてました。
【絵心がない私にでもかけそうな絵(実際はかけませんが・・・)で、自分の子供に絵を描いてあげようかなって思える部分が愛着がもてる】

内容としても、ただストーリーを追うだけでなく、絵を見ながらこれは誰の服かなって考える部分が繰り返されていて、子供と掛け合いをしやすい本だと思いました。

上着を着ないままお出かけしてしまうオチは、とても子供らしさが出ていると思うし、その先を読みたいととても思いました。

ほかのストーリーも読んでみます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子育てについて考える絵本  投稿日:2011/03/25
やんちゃっ子の絵本 (2) だれがきめるの?
やんちゃっ子の絵本 (2) だれがきめるの? 作・絵: スティーナ・ヴィルセン
訳: ヘレンハルメ美穂

出版社: クレヨンハウス
ネットで立ち読みさせてもらいました。

ヘタうまいタッチの絵で、とてもキャラクターに愛着がもてる絵本。
どこにでもいそうな母さんと子供がすごす日常生活を切り取っているだけのようですが、絵本のストーリーとしてみると、とても新鮮。

現実の日常では気づかない親子の愛情が、絵本を通して認識させられる感じがしました。この絵本を読んだ後、やっぱり子供ってかわいいなって思ったのと同時に、妻の子育てでの奮闘に対して感謝しなければって思いました。

我が子はまだ0歳ですが、自我が芽生えて絵本の中の子供と同じようなことを言い出した時に、この絵本を読んであげたいと思いました。

結局、お母さんと子供はどこに出かけたのかな?この先を子供と一緒に考えて楽しみたいです。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット