もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

バーバショコラさんの公開ページ

バーバショコラさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、男の子10歳 男の子7歳

バーバショコラさんの声

446件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どんなところを走るのかな  掲載日:2018/4/19
にじいろでんしゃ はっしゃしまーす!
にじいろでんしゃ はっしゃしまーす! 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: 学研
線路の上を走るのではなく 夢いっぱいの世界を電車が走ります。海の生き物達がたくさんいたり、 トンネルをぬけたら 次はどんな世界が待っているんだろうと、わくわく。
子どもたちと、自分だったらどんな世界に電車を走らせたいか考えると楽しそうです。
電車が大好きな子にはぴったりの絵本ですね
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文字がないぶん想像がひろがります  掲載日:2018/3/21
しあわせのはね Reprint edition
しあわせのはね Reprint edition 著: 田中 伸介
出版社: 文芸社
道端で箱にはいった仔犬に出会うのですが、なんと羽がはえています。まるで天使ですね。
そんな天使のような仔犬と出会い おじいさんの生活は笑顔いっぱいになるのですが、いいことばかりではありません。
この絵本には文字が一切ないのですが、登場する人物動物の表情、動きがとても豊かでセリフがないぶんよりいっそうストーリーが豊かに伝わってきます。
笑いあり、涙あり、素敵な絵本です
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みずたまりの中に広がる世界  掲載日:2018/3/20
さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1)
さかさまこく の ちいさな だいまじん ゴーゴー クーボ! (1) 作: 雙美 光
絵: ケーサー フィリップ

出版社: コスモノートパブリッシャーズ
雨上がりの水たまりをのぞいたことから、大冒険がはじまります。みずたまりの中にこんな大きな世界がひろがっているなんて。
ろうやにつかまってしまったり、次になにが起こるのかワクワクハラハラでした。鮮やかな色と可愛いキャラクターのインパクトが強く、クーボとストロベリードッグの冒険をもっと読みたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそう  掲載日:2018/2/8
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
ドーナツ大好きな子ども達に読みました。ドーナツが大好きなのでタイトルを読みあげたらすぐに集まってきました。
美味しそうなドーナツができる工程にわくわく。いろんなトッピングをみて、あ、こっちにこんなのがある!これ美味しそう等々指を差しながらいろんなドーナツを見ていました。
ドーナツを100個もってくること なんていうお手紙をかいた主は誰なのかドキドキでした。

よーし明日のおやつはドーナツにしよう!と言いたくなるような、ドーナツが食べたくなるお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はなくそ食べないでね  掲載日:2018/1/23
はなくそ
はなくそ 著: アンジェール・ドロノワ
絵: カロリーヌ・アメル
監修: 守本倫子
訳: たかのゆう

出版社: 竹書房
はなくそを食べる子どもって、何度も何度も食べるんですよね。初めて見たときは ぎょっとして 汚い!やめなさい!と手をふいてあげたりしていましたが 今や またかぁーと思うくらいになっていました。
あらためてはなくそについて 子どもたちと一緒に絵本を読んでみると
子どもたちも テーマがはなくそなので興味津々。はなくそってこういうものなんだぁとうなづいていました。
はなくそ食べようと思う?と 聞いたら二人とも「思わない!」と即答。
これでもう強くほじったり、食べたりしなくなるかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大空を飛ぶ姿が気持ちいい  掲載日:2018/1/5
雲の森のマーカス
雲の森のマーカス 絵: なつのはむと
文: 松井 亜弥

出版社: 創藝社
床が開いて降りたらすぐ空中の飛行機に乗れるなんて、なんてあこがれちゃいますね。
マーカスが大空を飛ぶ姿はとても雄大でかっこいいです。
YouTubeで動画もみましたが、とってもわくわくするようなアニメーションで息子が釘付けになっていました。これからシリーズ化していくのでしょうか。今後のお話も楽しみです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めて聞く早口言葉  掲載日:2018/1/5
はやくちことばで おでんもおんせん
はやくちことばで おでんもおんせん 文: 川北 亮司
絵: 飯野 和好

出版社: くもん出版
なまむぎなまごめなまたまご、ではなくて 全部おでんにちなんだ初めて聞く早口言葉!
私が声に出して早口で挑戦していると、隣にいた息子が「俺ちゃんといえる!」と、挑んできました。私も息子も早口で一回いうなら結構できました。三回繰り返して言おうとするとちょっとあやしかったです笑
声に出して読むのが楽しい絵本です。
かわいくひょうきんなおでんキャラクター達がとってもいい味をだしてます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかなかおやすみモードにならない時に  掲載日:2017/12/28
おやすみ、ロジャー
おやすみ、ロジャー 著: カール=ヨハン・エリーン
監: 三橋 美穂

出版社: 飛鳥新社
9、6、3歳の子ども達に読みました。
3人とも、日中外で遊ばせられず、おうちでのんびり過ごした日だったので 消灯してもおしゃべりがとまらず この絵本を読んでみることにしました。
ゆっくりゆっくり読んでいると、私は眠くなるのですが、子ども達は ロジャーは何歳なの?、どんな話なの?と、読んでいるそばから 口々に言いたいことを言っていました。
が、三ページ目くらいで6歳の子が眠っていました。
半分くらいのところで、3歳の子が眠りました。この子は日中お昼寝をしてしまったので、こんなに早く眠れるとはびっくりです。
そして7割くらい読んだところで、9歳の子も寝ました。
まさか絵本を読み終わる前にみんなが寝られるとは思っていなかったので、驚きです。
また、なかなか子ども達が眠れないときに読もうと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 見れば見るほど新たな発見  掲載日:2017/12/28
にたものランドのクリスマス
にたものランドのクリスマス 作・絵: ジョーン・スタイナー
訳: まえざわ あきえ

出版社: 徳間書店
一見かわいいクリスマスの風景や、キッチンの様子なのですが、よくよくみてみると風景を構成しているものたちが 「おやっ?」というもの。
バドミントンのシャトルがスカートだったり、兵士の鉄砲と思ったら鍵だったり。とうもろこしやお菓子、メジャー、シュシュ等々、本当にたくさんのものが自然にとけこんでいます。
息子とよく見ながら こっちにお菓子あるよ!あっこれはお金だ!
と、二人で探しあいっこをしながら楽しんで見ました。まだまだ発見できてないことがありそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にゃーにゃーにぎやか  掲載日:2017/12/25
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス 作: にわ
出版社: マイクロマガジン社
にゃーにゃーとってもにぎやかで楽しいお話。
ももちゃんのクリスマス準備をたくさんの猫たちが全力で邪魔してきます。
絵本をふったり、息をふきかけたり、声をかけたりしながらももちゃんを手助けしながら読んでいく参加型のお話。
その度に たくさんの猫たちがゴロゴロでてきてかわいいです。
3歳の息子も「ふーーっ」と息を思いっきりかけたり、でてきた猫をみて「にゃーーー」といったり、にこにこしながら楽しんでいました。読み終わるなりもう一回!もう一回!と言われます。お気に入りの一冊になりそうです。
参考になりました。 1人

446件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット