新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

TOP500

お豆腐

ママ・40代・北海道、男の子16歳

  • Line

お豆腐さんの声

351件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 小学校が舞台の絵本。  投稿日:2016/02/15
さんかんびに おめでとう!
さんかんびに おめでとう! 作: くすのき しげのり
絵: つがね ちかこ

出版社: 講談社
小学校2年生の息子に読み聞かせをしました。夜のちょっとした時間を読み聞かせするのに、絵本をよく図書館から借ります。幼稚園が舞台の絵本はけっこう目につくのですが、小学校が舞台の絵本は少なく感じます。(長編はけっこうあるけれど。)

お話の中ででてくる算数の授業で「かたちあそび」をしていますが、1年生のときに、「かたちあそび」の授業でいろいろな箱を家から持って行ったことを思い出し、懐かしがっていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 社会の勉強になる!  投稿日:2016/02/15
さがしてみよう!マークのえほん
さがしてみよう!マークのえほん 絵: 凹工房
監修: 村越 愛策

出版社: Gakken
マークについて書かれた絵本がほしかったので、いろいろな書店でみて回って、このマーク絵本にしました。決め手は、マークがとにかく沢山載っていることと、そのマークについての説明がわかりやすく書いてあったことです。

まちの中にあるマーク(道路標識、電車のマーク、公園などのマーク)
食品についているマーク、パソコンについているマーク、スポーツを表すマーク、見たことはあっても、どんな意味かわからないものがたくさんのっていて、大人がみても、勉強になります。社会の勉強にもなりそうなので、これからもずっと使えそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそうなお弁当!!  投稿日:2016/02/13
ふたごのたこたこウィンナー
ふたごのたこたこウィンナー 作: 林 木林
絵: 西村 敏雄

出版社: ひさかたチャイルド
西村敏雄さんの絵だ!と思ってすぐに手にとりました。食べ物がでてくる絵本は大好きです。逃げていくたこたこウインナーさんがいろいろなところに隠れます。赤いたこたこウインナーさんの色が艶やかでとても周りの色に映えます。
お弁当を作っているときに、ときどき逃げてないかな?!と思ってしまいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 出前を頼みたくなりました。  投稿日:2016/02/13
ふしぎなでまえ
ふしぎなでまえ 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 講談社
まず、ページをめくるとピザ、オムライス、ラーメン、もりそば、おすし、餃子、丼ものなど、おいしそうな出前の絵がたくさん!!出前ってこんなに種類あるんだなと改めて思いました。しかし、我が家では、出前自体をあまり取らないので、「でまえ」ってなに?と息子に聞かれてしまいました。たまには出前で何か食べたくなりました。

じゃがさんとさつまさんが一生懸命お料理している気迫がすごく伝わってきます。お料理って、作るのは大変ですが、食べるのはあっという間です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人もほしくなる絵本  投稿日:2016/02/13
ケーキやけました
ケーキやけました 作: 彦坂 有紀 もりと いずみ
出版社: 講談社
木版画で描かれているケーキ。どのように作ったのか、とじ込みが入っていましたが、木版画でこんなスポンジのふわふわな感じを表現できるのにびっくりしました。
子供も大好きなケーキですが、大人も幸せな気持ちになれること間違いなしだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑顔が素敵。  投稿日:2016/02/13
たこやきかぞく
たこやきかぞく 作・絵: にしもとやすこ
出版社: 講談社
あつあつのたこ焼き!みんな大好きなたこ焼きのお話。
たこ焼きを食べる前のテーブルに座っている家族みんなの笑顔がとても素敵です。おいしいものを食べるときは、みんな笑顔で幸せな気持ちなれるんだなと思います。

たこやきさんたちのやりとりも、楽しくて笑えます。お母さんたこ焼きが、赤ちゃんにたこを分けてあげるところが特に良かったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う おとぎ話風の絵本  投稿日:2016/02/13
ふしぎなタネやさん
ふしぎなタネやさん 作・絵: みやにし たつや
出版社: 金の星社
植えるとふしぎな実がなるタネ。次のタネはどんなものがなるのか、わくわくしながらページをめくると奇想天外な実がなって「えー?!」とびっくりします。
「三匹の子豚」や「赤頭巾ちゃん」風でおおかみが悪者。豚さんは逃げて逃げて!という展開のお話です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい すごく懐かしい気持ちになります。  投稿日:2016/02/13
ぼくのかえりみち
ぼくのかえりみち 作: ひがし ちから
出版社: BL出版
小学校に入って、通学路を歩くことになった息子と一緒に読んだのですが、私の方が見入ってしまいました。なんとも、懐かしい気持ちになります。大人にもおすすめです。誰しも、通った学校からの帰り道。みちくさをしたり、考え事をしたり、塀の上を歩いたり、いろいろなことを思い出しました。
息子は、白い線の想像で底なしみたいになっているシーンがリアルで気に入って何度も読み返していました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 幼稚園の雰囲気が伝わってくる。  投稿日:2016/02/13
ひゃくおくえんのぼうし
ひゃくおくえんのぼうし 作: 後藤 竜二
絵: 花井亮子

出版社: 国土社
幼稚園が舞台のお話です。幼稚園の子供がいるときに、読むととてもしっくりくると思います。

このお話もそうですが、幼稚園も、いろいろな子供がいます。けっこう揉め事も多く、この絵本の主人公のようにおとなしかったり、自分の意見を言えない子ほど、居心地の悪い場所で、子供の世界も大変です。そこが描かれています。子供も揉まれて、また成長していきます。よくお迎えに行くと、先生も、けんかの仲裁で大変だなぁと思いました。懐かしい思い出です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知らない国がたくさん!  投稿日:2015/12/18
辞書びきえほん世界地図
辞書びきえほん世界地図 監修: 陰山 英男
出版社: ひかりのくに
五十音順に、アイスランド、アイルランド・・・からはじまり、ロシアまで国がわかりやすく書かれています。その国の特徴、首都、人口、広さ、言葉、お金の単位、国旗も書かれています。国旗には何を表しているのかも書いていて、すごく面白いです。

まったく、知らない国がたくさんあって、びっくりしました。有名な国々で、特徴を読んで、大人同士、国当てクイズをしたらけっこう、盛り上がりました。

挿絵もかわいらしく、カラフルです。まだ早いですが、学校の勉強にも役に立ちそうです。
参考になりました。 0人

351件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット