新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子11歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

5437件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大人が身に沁みる  投稿日:2021/02/11
しあわせな ふくろう
しあわせな ふくろう 文: ホイテーマ
絵: チェレスチーノ・ピヤッチ
訳: おおつか ゆうぞう

出版社: 福音館書店
オランダの民話ということで、興味を持ちました。
少し大判の、素朴な雰囲気の絵本。
穏やかに暮らすふくろう夫婦と、農場で喧嘩ばかりしている鳥たちの対比がなんとも滑稽なお話です。
ふくろう夫婦の穏やかな生活の大切さを知らなければいけないのは、大人の方かもしれません。
子供よりも大人が身に沁みるお話かなと思いました。
落ち着いた色合いだけれども大胆なイラストが、とても素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人向けかな  投稿日:2021/02/11
あつかったら ぬげばいい
あつかったら ぬげばいい 作: ヨシタケシンスケ
出版社: 白泉社
絵本屋さん大賞2020で1位になっていました。
見開き2ページの中に、シンプルな問いと答えの繰り返し。
あつかったら…
ヘトヘトになったら…
太っちゃったら…
単純明快の答えがそこにあります。
クスッと笑えて、元気になれるやりとりの数々。
この絵本は、子供よりも大人向けかなと思います。
ヨシタケシンスケさんのイラストは、力がぬけていて、いつみても心地よいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 全然大丈夫じゃないね  投稿日:2021/02/11
ホッキョクグマくん、だいじょうぶ?北極の氷はなぜとける
ホッキョクグマくん、だいじょうぶ?北極の氷はなぜとける 作: ロバート・E・ウェルズ
訳: せな あいこ

出版社: 評論社
「ふしぎだな? 知らないこといっぱい」シリーズは、「シロナガスクジラより大きいものっているの?」や、「チータよりはやくはしれるのだあれ?」など、科学的で分かりやすい内容のものばかりで、親子で好きなシリーズです。
こちらは、北極海に住むホッキョクグマの視点から、地球温暖化などの環境問題が語られます。
タイトルに、「全然大丈夫じゃないね」とつっこまなけれないけない、考えさせられる内容です。
子供は、横長の本を縦にして見る、「世界には12億台もの車があって、もし3台ずつ並べて積み上げたら、地球から月に届くタワーが2つできる」という、ページにびっくりしていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 前向きで勇敢で  投稿日:2021/02/11
リンゴのたび
リンゴのたび 作: デボラ・ホプキンソン
絵: ナンシー・カーペンター
訳: 藤本 朝巳

出版社: 小峰書店
実話をもとにして作られたお話だそう。
アメリカ開拓時代に、リンゴの苗木を、アイオワから引越し先のオレゴンまで運んだお父さんとその家族の物語です。
その道のりは、きっと困難ばかりだったんだろうと想像できます。
でも前向きで、勇敢で。
特に語り手の女の子デリシャスに好感を持ちました。
雰囲気のあるイラストも、物語と合っていて楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ストーリーテリングでも  投稿日:2021/02/11
こぶたのバーナビー
こぶたのバーナビー 作: U.ハウリハン
絵: 中川 宗弥
訳: やまぐちまさこ

出版社: 福音館書店
こぶたのバーナビーが、おばさんからもらった6ペンスを持って町へ風船を買いに行きます。
風船がどんなものか知らないバーナビーは、ウサギに丸くて赤くて膨らんでるものと教えてもらい、それを犬にたずねると、リンゴだというので、八百屋に行ってしまいます。
そんなかわいらしいやりとりが可愛くて、引き込まれました。
素朴な絵も素敵ですが、ストーリーテリングのテキストでも使えて、耳で聞くだけでも楽しめるお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誰にも言っちゃいけないよ  投稿日:2021/02/11
たぬきのひみつ
たぬきのひみつ 作: 加藤 休ミ
出版社: 文溪堂
「きょうのごはん」や「おさかないちば」など、加藤休ミさんの絵本が大好きです。
特に食べ物のイラストが好きなのですが、思いがけず、こちらの絵本でも、美味しそうなものと出会えました。
「誰にも言っちゃいけないよ」と言われ、ドキドキしながらページをめくると…
たぬきのお腹には、とんでもないひみつがありました。
でもそれだけではありません。
リスのしっぽ。
アヒルのくちばし。
コアラの鼻などなど、他のいろんな動物にもひみつがあったのです。
小さいサイズの本ですが、楽しさは大きいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 続編も楽しい  投稿日:2021/02/11
大きな運転席図鑑ぷらす 運転手はきみだ!
大きな運転席図鑑ぷらす 運転手はきみだ! 写真: 元浦年康
絵: 結城 嘉徳

出版社: 学研
前作の「大きな運転席図鑑」がとても面白かったので、続編も見たいと思いました。
色々な乗り物の運転席が、画面いっぱいの写真で楽しめ、気分はもう運転手です。
今回は、パトカーや救急車に、ヘリコプター、クルーズ船まで。
大人も、絶対に乗ることのないであろう運転席に自分がいる不思議な感覚が味わえます。
乗り物の大好きな子供は、夢いっぱい広がるんだろうなぁ。
楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ラストにおー!  投稿日:2021/02/11
みんなのおすし
みんなのおすし 作: はらぺこめがね
出版社: ポプラ社
表紙の大胆で美味しそうなおすしに惹かれ、手に取りました。
ページを開くと、寿司職人とお客さんの手だけ見えるカウンター。
次々と来店する変わったお客さんたち。
ページをめくるとお客さんの正体がわかるしかけも楽しいです。
ラストはおー!とびっくりドッキリです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本だとわかりやすい  投稿日:2021/02/11
くにのはじまり
くにのはじまり 作: 舟崎 克彦
絵: 赤羽 末吉

出版社: あかね書房
時代を大きく遡って、「世界がまだ水に浮いた油のようなものでしかなかった」頃のお話。
古事記をもとに語られる、くにの始まり伝説です。
古事記の内容が全く頭に入っていなかったので、初めて知ることばかりでした。
難しい言葉もありますが、絵本だとわかりやすいです。
赤羽末吉さんの格調高い絵が、お話とぴったり合っていました。
こちらは日本の神話の1作目。
シリーズで続いているので、他も読みたいと思います。
そして、「古事記」にも挑戦したいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ことわざを使ってみよう  投稿日:2021/02/11
ことわざしょうてんがい
ことわざしょうてんがい 作: かんべ あやこ
出版社: あかね書房
かわいらしいイラストに惹かれ、手に取りました。
「はやおきだって へのかっぱ」と、はなちゃんの前に、かっぱのガタローが現れます。
はなちゃん家族は、「はやおきは さんもんのとく」と言いながら、がタローと一緒に「開運ことわざしょうてんがい」に、買い物に出かけます。
そこにはへんてこな妖怪や神様がいて、色々なことわざを楽しみながらのお買い物。
真似してことわざを使ってみたくなるお話でした。
賑やかなイラストも、楽しかったです。
参考になりました。 0人

5437件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

2月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット