あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子10歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

4375件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う バーナデット・ワッツ  投稿日:2020/07/07
かかしのペーター
かかしのペーター 作・絵: バーナデット・ワッツ
訳: ささき たづこ

出版社: 西村書店
バーナデット・ワッツの絵に惹かれて、手に取りました。
小麦ばたけのかかしのペーター。
夏の間は畑の見張りをしますが、小麦が刈り取られると仕事はおしまい。
秋から冬になって、だんだん寒くなると、子供たちとも会えず、寂しく過ごします。
かかしのお話というと、なんか寂しい感じもあり、ドキドキしましたが、ハッピーエンドでした。
幸せそうなペーターに、ホッと安心しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一ぴきじゃないじゃん  投稿日:2020/07/07
きょうりゅう一ぴきください
きょうりゅう一ぴきください 作: 竹下 文子
絵: 高畠純

出版社: 偕成社
高畠純さんの絵に惹かれて、手に取りました。
クリスマスに、「きょうりゅう一ぴきください」と、サンタさんにお願いする男の子のお話です。
本物のきょうりゅうがもらえたら、ご飯も、お風呂も、お散歩も、ちゃんとしよう。
おつかい、海水浴、ピクニックに行きたい…
というように、あれこれ想像するところが、可愛いです。
最後には一ぴきじゃないじゃん!とツッコミをしちゃいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 憎々しいほど悪い  投稿日:2020/07/05
いじわるブッチー
いじわるブッチー 文: バーバラ・ボットナー
絵: ペギー・ラスマン
訳: ひがし はるみ

出版社: 徳間書店
表紙の女の子が、見るからに意地悪そうなのが、なんかいいです。
外見だけじゃなく、本当に憎々しいほど、悪いのです。
いじわるな子の絵本というのは、今、他にあまりないので、逆に貴重かなと思います。
そんないじわるな子に立ち向かう主人公。
よく頑張った!と、こちらも嬉しくなるお話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 緻密なイラスト  投稿日:2020/07/05
あげは
あげは 作・絵: 小林 勇
出版社: 福音館書店
アゲハチョウがたまごを産み、育て、命を繋いでいく様子を、緻密なイラストでリアルに表現されています。
原寸大や、拡大したものがあり、より細かく見ることもできます。
実際に目の前で観察しているような気分です。
1枚の葉っぱに1個の卵を産むことなど、知らないことがたくさんあって、大人も勉強になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いしが小鳥に  投稿日:2020/07/05
いしころ
いしころ 作: 森 宏詞
構成: 京田 信太良
撮影: 平光 紀雄

出版社: 文研出版
いしの色や模様を上手に生かしていしに絵を描く。
すると石ころが、小鳥になったり、オットセイになったり、車になったりします。
写真と絵の組み合わせが、とても素敵でした。
何に見えるか、クイズのようにして楽しむのもいいかもしれません。
自分もいしに絵を描いてみたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う テーマは許す  投稿日:2020/07/05
イチローへの手紙
イチローへの手紙 作: ジーン・デイビス・オキモト
絵: ダク・キース
訳: 吉池 幹太

出版社: 河出書房新社
タイトルを見て、「イチロー」という名が出ていたので、野球選手に憧れる少年のスポーツ絵本かと思いましたが、違いました。
テーマは「許す」。
友達と喧嘩してしまった孫が、戦時中の敵国の選手を応援しているおじいちゃんのお話を聞き、仲直りする「許す」ことを学ぶというお話。
スポーツの役割の大きさを再認識するお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どんな展開?!  投稿日:2020/07/05
カメヤマカメタの一がっき
カメヤマカメタの一がっき 作: ふなざき よしひこ
絵: なんけこうじ

出版社: 草土文化
超のんびり屋の「カメヤマカメタ」。
朝ごはんはお昼までかかるし、お風呂も半日入っているくらい。
「入学式にきてください」というお手紙が校長先生から届き、張り切って出かけるのですが、なかなか学校が見つかりません。
ライオンの学校、ネズミの学校、カラスの学校でたくさんの勉強をしながら、やっと目指す学校に着くのです。
そんな展開?!とラストは驚く方向に。
回り道も悪くないと思えるお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雄大で美しい姿  投稿日:2020/07/05
じんべえざめ
じんべえざめ 作・絵: 新宮 晋
出版社: 扶桑社
美ら海水族館で見たこともあるジンベエザメ。
そのジンベエザメの、力強く、雄大で美しい姿が、静かに語られます。
青と黒のみの色遣いなのに、キラキラと光っているような印象を受けるから不思議です。
広くて深い海に、自分もいるような気分になりました。
新宮晋さんの絵本は、どれもオシャレで素敵です。
お部屋にインテリアとして飾ってもいいなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 横浜スタジアム!  投稿日:2020/07/05
野球場の一日
野球場の一日 作・絵: いわた 慎二郎
出版社: 講談社
タイトルに惹かれて手に取りました。
野球場の朝から試合終了までを、丁寧に描いた絵本です。
しかも、大好きな横浜スタジアム!
野球好きの父や弟と一緒に、よく見に行ったことを思い出しました。
スタジアム周辺のみなとみらいや赤レンガ倉庫なども見られます。
野球の試合だけでなく、飲み物や食べ物を買い込む様子なども楽しい。
「崎陽軒」ならぬ「器用軒シウマイ」や、「鳩サブレー」じゃなく「鶏サブレー」などなど、偽広告も面白い。
久しぶりに、野球を見に行きたくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しかけが楽しい  投稿日:2020/07/05
ペネロペ スポーツをする
ペネロペ スポーツをする 文: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
ペネロペが、サッカーやテニス、バスケットボールなどいろんなスポーツを、友達と一緒に楽しむ絵本です。
「ほんのなかのやじるしをひっぱって、ペネロペをてつだってあげてね」
とあり、赤いつまみを白い矢印の方向に引っ張ると、縄とびやボール、ペネロペ自身が動くようになっています。
自分がスポーツをやっているような気分になれるのが楽しいですね。
参考になりました。 0人

4375件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット