話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子17歳 女の子14歳 男の子12歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。
今は学校図書館に勤務し、多くの本と格闘しながら、絵本ライフを楽しんでいます。

好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
それから約10年…
2021年4月投稿レビューは5000を超えました。
こんなにもたくさんの絵本と出合えたことは、私の財産です。
子どもたちは大きくなり、絵本を卒業してしまいましたが、私は絵本の魅力にどっぷりとハマり、今は自分のために絵本を開いています。
ブログ/HP
絵本ブログを始めました。
その日にちなんだ絵本を1冊ずつ紹介しています。
ぜひ遊びにいらしてください。

クッチーナママさんの声

6143件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 夏休みに和食に挑戦  投稿日:2021/11/22
はじめての和食えほん 夏のごちそうつくろう
はじめての和食えほん 夏のごちそうつくろう 作: 柳原 尚之
絵: 近藤 圭恵

出版社: 文溪堂
同じシリーズの他の季節のバージョンがとても良かったので、夏のごちそうも読みたいと思いました。
そうめんやアジのたたき、焼きなすなど、夏においしいさっぱりとした料理のレシピが紹介されています。
また、シリーズ本で大活躍のしゅうくんとしーちゃんが、夏休みの自由研究で、しょうゆづくりを調べるという設定も面白かったです。
夏休みに、この絵本を使って、子どもと一緒に和食を作るというのも、いいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怖くないおきくさん  投稿日:2021/11/22
がっこうのおばけずかん ワンデイてんこうせい
がっこうのおばけずかん ワンデイてんこうせい 作: 斉藤 洋
絵: 宮本 えつよし

出版社: 講談社
小学校で低学年に大人気のシリーズだと聞いて興味を持ち、いろいろ読んでいます。特に「がっこうのおばけずかん」は、いろいろなおばけがいて、楽しいですね。いろんなおばけのお話が短く何個も載っています。
ちょうど学芸会の時期なので、最後のお話「まぼろしのがくげいかい」が印象に残りました。真夜中に行われるおばけたちの学芸会。「ばんちょうさらやしき」のおばけしばいで、おきくさんの幽霊がスペシャルゲストとしてやってきます。ここでは全然怖くないおきくさんの姿を見ることができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふろふき大根  投稿日:2021/11/22
はじめての和食えほん 秋のごちそうつくろう
はじめての和食えほん 秋のごちそうつくろう 著: 柳原 尚之
絵: 近藤 圭恵

出版社: 文溪堂
こちらのシリーズ本の春、夏、秋、冬が全て揃って並んでいるのを見かけ、興味を持ちました。
ちょうど今の季節だったので、まずは秋のごちそうを読みました。「食欲の秋」というくらいですから、やはりどれも美味しそう。今だけの贅沢である新米ができるまでの解説もあって、ごはんが食べたくなりました。
そのほかにも、サンマの塩焼きや大学いも、ふろふき大根などのレシピが美味しそうなイラストと共に載っています。
ふろふき大根はきっと子供は食べないだろうと、最近作っていなかったのですが、絵本を見てからなら親しみが湧いて食べてくれるかなと思って、久しぶりに作ってみようと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 出汁をたっぷり  投稿日:2021/11/22
はじめての和食えほん 春のごちそうつくろう
はじめての和食えほん 春のごちそうつくろう 著: 柳原 尚之
絵: 近藤 圭恵

出版社: 文溪堂
同じシリーズの秋バージョン、冬バージョンと、どちらも良かったので、続けて春のごちそうも読みたくなりました。
こちらでは手まり寿司や若竹煮、茶碗蒸しなどのレシピが紹介されています。
和食は出汁が決めて、ということで、出汁の取り方の解説もされていました。たっぷりの出汁で作る茶碗蒸しの美味しそうなこと。子どもたちと一緒にこの絵本を見ながら、作ってみようと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分たちも発信できるように  投稿日:2021/11/17
日本の文化を発信! 鳥獣戯画と絵巻物
日本の文化を発信! 鳥獣戯画と絵巻物 監修: 山本 聡美
出版社: あかね書房
小学校6年生の息子が、国語の授業で鳥獣戯画を勉強して興味を持ったようなので、図書館で借りて、一緒に読みました。
絵巻物の実際の写真を元に、そこに吹き出し付きで詳しく解説されています。大人も勉強になる、興味深い内容でした。
この本はそれだけでなく、自分たちでも情報を集めて日本の文化を紹介しようという課題にも取り組めるようになっています。パンフレットの作り方に発展させ、自分たちも発信できるようになろうという内容です。
これからは、こういったアウトプットの勉強も重要になっていくんだなぁと実感させられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おそうじしましょ!  投稿日:2021/11/17
しばわんこと楽しく学ぼう 和のせいかつ
しばわんこと楽しく学ぼう 和のせいかつ 著: 川浦 良枝
出版社: 白泉社
最近、和の暮らしに憧れが強くなっていて、この「しばわんこ和のこころ」シリーズが楽しくていろいろ読んでいます。
こちらでは、大好きなお茶と和菓子のことがたくさん描かれているので、うれしかったです。
また、「おそうじしましょ!」のコーナーもありました。ほうきや雑巾で、昔ながらの掃除をするのは、すっきりさっぱりして気持ちがいいです。久しぶりに、掃除機ではなく、床を雑巾がけしてみようかなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりにがてー!  投稿日:2021/11/17
おちばのしたをのぞいてみたら・・・
おちばのしたをのぞいてみたら・・・ 文: 皆越 ようせい
写真: 皆越 ようせい 皆越 ようせい

出版社: ポプラ社
皆越ようせいさんの写真えほん『ダンゴムシみつけたよ』が面白かったので、他の本も読んでみようと思いました。
虫は苦手ですが、ダンゴムシの写真は大丈夫だったので、こちらもいけるかな?と思ったら、ダメでしたー!
足が多い虫や、つぶつぶしたものがたくさんある虫の写真は、やっぱりこわいしちょっと気持ちが悪いです。
でも、私はダメでしたが、虫が好きな子には興味深い内容ではないでしょうか?小さくてよく見えない虫たちがどこに生息しているか、どんな風になっているか、よくわかります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分が食べるものを自分で作れるのは  投稿日:2021/11/17
はじめてのキッチン 小学生からおとなまで。
はじめてのキッチン 小学生からおとなまで。 著: 小林 ケンタロウ
出版社: 文化出版局
最近、小学生の息子が料理に興味を持ちはじめたので、簡単な料理本がないか探していました。
こちらは、「はじめての」というタイトルの通り、気軽に料理に向かわせてくれる、馴染みやすいレシピ本でした。
卵料理やサラダ、サンドイッチなどの作り方が載っています。ケンタロウさんの、簡単だけれどおしゃれな料理たちは、大人も作って見たいなと思わせるものばかり。写真もきれいで楽しめました。
「自分が食べるものを自分で作れるのは、とてもとても最高に最高にうれしいことです」というセリフが、とても素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 熱意で解明する  投稿日:2021/11/17
パンダの手にはかくされたひみつがあった!
パンダの手にはかくされたひみつがあった! 作: 山本 省三
絵: 喜多村 武

出版社: くもん出版
興味深いタイトルに惹かれ、手に取りました。
パンダの手の秘密を探る研究者の、驚きの発見が語られます。
謎を謎で終わらせず、熱意で解明する遠藤さんの姿勢は、感動ものです。
貼り絵のイラストも可愛らしく、大人も楽しく読めました。同じ作者さんコンビのシリーズで、アザラシやゾウのお話もあるようなので、そちらも読みたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 続編も楽しみ  投稿日:2021/11/17
アレにもコレにも! モノのなまえ事典
アレにもコレにも! モノのなまえ事典 著: 杉村 喜光
絵: 大崎 メグミ

出版社: ポプラ社
ものには全て名前がある。
パンの袋を閉じるアレは、「バッグクロージャー」。パックのお刺身やお肉の下に敷かれているシートは「ドラキュラマット」と言うそうです。こちらの本では、知らなかった意外なモノの名前がたくさん紹介されていてます。
また、公募で生まれた意外な名前もありました。ホテルなどの食事形式「バイキング」は、スウェーデンの食事スタイルがモデルになっているんだそうですが、「スウェーデン=バイキング」のイメージから、その名がついたそうです。
「ねえねえ知ってる?」と思わず人に話したくなるような楽しい内容。カラフルでおしゃれなイラストなので、大人も楽しめました。
参考になりました。 0人

6143件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット