オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子10歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

4343件中 4191 〜 4200件目最初のページ 前の10件 418 419 420 421 422 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しい裏切り  投稿日:2011/12/26
ありこのおつかい
ありこのおつかい 作: 石井 桃子
絵: 中川 宗弥

出版社: 福音館書店
淡いトーンの表紙に、どんなやさしいお話がはじまるんだろう?と期待しながら読み始めましたが、冒頭のありこがかまきりの「きりお」に飲み込まれるというショッキングな出来事に、あっさりと期待を裏切られました。
出会った生き物たちが、次々におなかの中に入って行く様子に、どんどんと引き込まれ・・・くまきちのお母さんがくまきちを食べてしまわないかとドキドキしながら(笑)、最後にはほっとできる展開。
4才の娘も終始にこにこしてお話を聞いていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わかっちゃった  投稿日:2011/12/26
ミルキー杉山のあなたも名探偵 8 かえってきた名探偵
ミルキー杉山のあなたも名探偵 8 かえってきた名探偵 作: 杉山 亮
絵: 中川大輔

出版社: 偕成社
小学1年生の長女がはまりにはまって、読み進めているシリーズの8作目。
今回は「青いブランコ事件」「これはじけんなの?事件」「怪盗ムッシュまたまたあらわる」の3つの事件。ちょっぴりおちゃめな名探偵ミルキー杉山が、見事に(?)事件を解決します。
普段はなかなか解答編を読むまでは事件を解決できない娘ですが、今回の1話目はヒントが分かりやすかったようで、解答編を読む前に犯人が分かった様子。「わかっちゃった」とにやにや、にやにや。本当に嬉しそう。推理が当たるって、気持ちがいいものですよね。
私は事件の推理よりも、訳あって別々に暮らしているミルキー杉山と奥さんのやりとりをいつも楽しみにしています。今回はなぜかミルキー杉山が奥さんが働く保育園で一緒に働いているのですが、推理に夢中になるミルキーさんを奥さんが怒る場面が笑えます。「今の仕事に集中して」と。ごもっともです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ペッテルとロッタと3人のおばさんの出会い  投稿日:2011/12/26
みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん
みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: ひしき あきらこ

出版社: 福音館書店
先に「ペッテルとロッタのぼうけん」を読んでしまったので、ふたりと3人のおばさんの関係がとても気になっていたのですが、シリーズの最初のおはなしであるこの本を読んで納得できました。
いつも緑の服ばかり着ているみどりおばさん、茶色い服を着ているちゃいろおばさん、紫の服を着ているむらさきおばさん。それぞれに得意なことがあり、きびしくも温かい、魅力的な人たちです。
このシリーズは、長女が幼稚園の年中の頃大好きになって、5冊すべて読破しました。どのおはなしも、とっても楽しく、そして心温まります。しっとりとした絵も素敵で、大人も十分楽しめますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 少し長いおはなしを楽しむきっかけになった  投稿日:2011/12/26
ペッテルとロッタのぼうけん
ペッテルとロッタのぼうけん 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: ひしき あきらこ

出版社: 福音館書店
長女が幼稚園の年中の頃この本に出会い、以来「3人のおばさんシリーズ」が大好きになりました。長女が、絵を楽しむ絵本から、少し長いおはなしを楽しむ物語に好みが移行するきっかけとなった本ともいえます。
3人のおばさんと一緒に暮らすみなしご兄妹のペッテルとロッタが、向かいの家のあおおじさんに「人には心から親切にするものだ」と教えられ出かけるところから、ふたりの冒険がはじまります。右と左を間違えたり、服をなくしてはだかになってしまうなど、次々起こる事件にハラハラドキドキ。
おばさんやおじさんたちから怒られるのを恐れるふたりの不安な気持ちが、読んでいる私たちにも移ってきて、なんだか最後までドキドキ胸をならしながら読みました。
このあと、長女はこの「3人のおばさんシリーズ」を読破し、何度も読むことになります。でもやはり、このお話が一番好きなようです。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 絵やことば遊びは楽しいけれど・・・  投稿日:2011/12/26
ばすくん
ばすくん 作: みゆきりか
絵: なかや みわ

出版社: 小学館
のりもの好きの長男のために図書館から借りてきました。
ばすくんの姿はかわいいし、行き先表示やバス広告の言葉遊びは笑えるし、ウキウキした気分で読み始めたのですが・・・
あれ、あれ?なんだかお話の雲行きがあやしい。
古くなったからと山奥のバス会社に売られ、壊れたからといって森へ不法投棄?
あまりに切なすぎて、読み進めるのが怖くなりました。
でも、かわいい動物たちの登場で、救われた気分。ばすくんもそうだったんだろうなぁ。
まだあまり意味の分かっていない2才の息子は、かわいいバスや動物の絵をにこにこしながら見ておりますが、読んでいる私はちょっと微妙な心持ちに。もう少し大きくなってからまた読んであげようという気持ちには、正直なれませんでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 終わってしまうのが惜しい  投稿日:2011/12/26
あおおじさんのあたらしいボート
あおおじさんのあたらしいボート 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: ひしき あきらこ

出版社: 福音館書店
湖でこっそりとあおおじさんのあたらしいボートに乗り出し、こぐ練習をしていたペッテルとロッタ。うっかりオールを流してしまい帰れなくなってしまいます。心配する3人のおばさんとあおおじさん。でも二人は心配をよそに、なくしたオールを返すために、お金を稼ごうとするほどのたくましさです。想像のできない展開に、最後まで気が抜けません。
この本は「3人のおばさんシリーズ」の完結編とのこと。でも読み終わってしまうのが惜しい、もっと読みたいと思うほどです。続編を読むのが叶わないのなら、5つのおはなしを繰り返し繰り返し、読もうと思います。それほど愛着のある娘も私も大好きなシリーズです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 今までにないスタイル?!  投稿日:2011/12/26
よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし
よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし 作: 及川 賢治 竹内 繭子
絵: 及川 賢治 竹内 繭子

出版社: 岩崎書店
表紙の絵のかわいらしさに惹かれて手に取りました。
見開きからすでにお話が始まり、そのあとページをあけてからタイトルが出てきます。なんか今までの絵本の作りとは違ったスタイルにドキドキしました。
物語もまた、ドキドキワクワク。牛乳のなかをよしおくんがクロールしたり、ふなのりのおじさんが、あさごはんのチョコレートパンをつったり。おもしろくてシャレています。
「ぎゅうにゅうをこぼすな!」よしおくんはお父さんやお母さんによくいわれているのでしょうか?私も牛乳をこぼされたら絶対に子供たちに「やだぁ」とプンプン怒ってしまうのですが、この本は、そんなにムキになって怒ることもないかなぁと大らかな気持ちにさせてくれます。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 絵がお話にピッタリ  投稿日:2011/12/26
日本名作おはなし絵本 びんぼうがみとふくのかみ
日本名作おはなし絵本 びんぼうがみとふくのかみ 作: 富安 陽子
絵: 飯野 和好

出版社: 小学館
働き者なのに、いつまでたっても貧乏な夫婦。それもそのはず、おしいれに貧乏神が住み着いていたのです。ある年、福の神がその家にやってくることになりますが、別れを寂しがってなく貧乏神を気の毒に思った夫婦は、なんと、福の神を追い出してしまいます。
このお話は、他の本や昔話語りで知っていましたが、この絵本で見ると、より夫婦の大らかさやつつましい暮しの楽しさ、福の神のふてぶてしさなどがリアルに感じられます。温かみのあるこの絵がおはなしにピッタリあって、大好きです。
ただ、最後に貧乏神が福の神になるオチは、ちょっと違うかなぁ、と思いました。「貧乏だけれども楽しく暮らしましたとさ」という方が、腑に落ちたのに・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大騒動でもなぜかほのぼの  投稿日:2011/12/26
ちゃいろおばさんのたんじょうび
ちゃいろおばさんのたんじょうび 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: ひしき あきらこ

出版社: 福音館書店
「3人のおばさん」シリーズの4作目。
今回はちゃいろおばさんの誕生日にみんなが内緒でいろいろと準備するのですが、やはりまた大騒動。泥棒騒ぎになって、おまわりさんや郵便局長さんまで登場します。でもなぜかほのぼのと笑えるのが、このシリーズの良いところ。
私はシリーズの中で、このお話が一番好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白くておしゃれ!  投稿日:2011/12/26
チーター大セール
チーター大セール 作・絵: 高畠 那生
出版社: 絵本館
「あなたのくろいもようをくださいな」といわれた店主チーター。びっくりしたけれど、「せっかくだからうることにした」。もうこの一言で、ファンになってしまいました。その後も「ひまだったしね」や、「これってちょっといいかもね」など、力の抜けたひとことが素敵です。
また、日本ぽくないお店や街の様子にも惹かれます。隅々まで見ると、いろいろと楽しい発見があって、それもまた楽しい。子どもに読みながらも、大人が楽しんでしまう、そんな絵本です。
街角のショーウィンドウにかざってあるチーター柄のコートが気になっていたのですが、裏表紙の背を見て「そうきたか!」とまた笑えました。
参考になりました。 0人

4343件中 4191 〜 4200件目最初のページ 前の10件 418 419 420 421 422 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット