INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子10歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

4308件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ローレン・チャイルド  投稿日:2020/06/18
ほんとうはなかよし エルモアとアルバート
ほんとうはなかよし エルモアとアルバート 作: ローレン・チャイルド
訳: 明橋大二

出版社: 1万年堂出版
ローレン・チャイルドの絵本は、「ぜったいたべないからね」などの「ぜったい〇〇しないからね」のシリーズや、「いたずらハーブ」など、色々読んでいますが、どれも可愛らしいイラストで、大好きです。
こちらも図書館で見つけ、読みたくなりました。
一人っ子で、思うがままだった男の子に弟ができ、ヤキモチを焼くお兄ちゃんのお話です。
長男長女は、この気持ちが痛いほどわかりますね。
今回もおしゃれなイラストに癒されました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本の花火と世界の花火  投稿日:2020/06/18
知って楽しい花火のえほん
知って楽しい花火のえほん 作: 冴木一馬
写真: 冴木 一馬

出版社: あすなろ書房
花火の材料から作り方、打ち上げ方や歴史などなど、花火について色々知ることができる絵本です。
たくさんの写真が載っていて、内容は本格的。
大人も「へー」と、とても勉強になる内容でした。
特に日本の花火と世界の花火の比較が面白かったです。
今年の夏、花火見れるかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 水の循環  投稿日:2020/06/18
あめじょあじょあ
あめじょあじょあ 作: イ・ミエ
絵: 田島 征三
訳: おおたけ きよみ

出版社: 光村教育図書
梅雨の日によみたい絵本で紹介されていたので、読みたくなりました。
「じょあじょあ」とは、雨が勢いよくふる様子を表す韓国語とのこと。
なんだかかわいいなと思いました。
太陽にあたためられて水蒸気となった雨は、水蒸気となって空にのぼる。
それが大気で冷やされて雲となり、再び雨になる。
この絵本を読んだら、水の循環のことが自然とわかりますね。
田島征三さんの絵が、味があってとても素敵でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 日本語って美しい  投稿日:2020/06/18
かえるのあまがさ
かえるのあまがさ 作: 与田 凖一
絵: 那須良輔

出版社: 童心社
レトロな絵に惹かれて手に取りました。
「かえるのあまがさ ぴちぱたぽん」と、
歌のようにリズムの良い文章が続きます。
声に出して読むのが、本当に心地良い。
日本語って、美しいなぁとつくづく感じました。
梅雨の時期のおはなし会などで読むのも素敵だなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 鮮やかでダイナミック  投稿日:2020/06/18
にじいろのはな
にじいろのはな 作・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: ほその あやこ

出版社: ポプラ社
レインボーカラーの表紙の絵に惹かれて手に取りました。
にじいろの花が、自分の花びらを使って、困っている人を助けるというストーリー。
全てがなくなっても、命がまた巡り、春がきたらまた会えるというのがいいですね。
とても鮮やかでダイナミックな絵に、元気をもらいました。
遠目が効くので、読み聞かせなどにも合いそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雨上がりのシーン  投稿日:2020/06/18
カルガモゆうらんせん
カルガモゆうらんせん 作: もとやす けいじ
出版社: 佼成出版社
同じ作者の「つばめこうくう」が楽しかったので、こちらも読みたくなりました。
カルガモのゆうらんせん。
カルガモ以外の鳥も名前がついていて、お仕事をしています。
こちらも、細かく描きこまれたイラストが、見れば見るほど楽しいです。
シリーズ内の作品がリンクしていたりと、目が離せません。
特に雨上がりのシーンが素敵でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愛らしい動物たち  投稿日:2020/06/18
みずたまり
みずたまり 作: アデレイド・ホール
絵: ロジャー・デュボアザン
訳: こみや ゆう

出版社: 好学社
ロジャー・デュボアザンのイラストに惹かれて手に取りました。
動物たちが、みずたまりに映った自分の姿をみて、「まあ、大変。かわいい動物が、水の中でおぼれているわ!」と騒ぎ出します。
助けを求め、他の動物を次々連れてくるのですが、どの動物もみずたまりに映った自分の姿を見て騒ぐのです。
どんどんとみずたまりをのぞく動物たちが増えていく様子が、可笑しいやら、かわいいやら。
デュボアザンの描く動物たちは、表情豊かで、本当に愛らしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シリーズで読みたい  投稿日:2020/06/18
つばめこうくう
つばめこうくう 作: もとやす けいじ
出版社: 佼成出版社
とっても可愛いイラストに惹かれました。
つばめこうくうの空の旅。
旅行する虫やカエルたちも楽しそうです。
空港や機内、看板や他の乗り物などなど、細かい描きこみが楽しく、何度見ても新しい発見がある感じ。
読みながら、旅行した気分になれるのもいいですね。
他にもシリーズがあるようなので、ぜひ見てみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「げんし」のはなし  投稿日:2020/06/18
チビトガリネズミより小さいもの なあんだ?
チビトガリネズミより小さいもの なあんだ? 作・絵: ロバート・E・ウェルズ
訳: せな あいこ

出版社: 評論社
同じ作者の「チーターよりはやくはしるのはだあれ?」や「シロナガスクジラより大きいものっているの?」などがとてもよかったので、こちらもぜひ読みたいと思いました。
こちらは、小さいものについて考える絵本。
ゾウリムシ、バクテリアも小さいけれど、それよりもっともっと小さいものがあるよと。
ついには「げんし」「りゅうし」のはなしに。
難しいけれど、子どもと一緒に、自分も勉強になる内容でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 地図を追いながら  投稿日:2020/06/18
星のふる夜に─When Stardust Falls─
星のふる夜に─When Stardust Falls─ 作・絵: 千住博
出版社: 冨山房
表紙の神秘的な、深い青色に惹かれて手に取りました。
深い森の中に住む鹿の親子。
小鹿が星空から流れ落ちてきた星を追いかけ、見知らぬ世界へ迷い込みます。
字のない絵本ですが、小鹿の気持ちまでわかるような気がしてきます。
左のページには、小鹿がたどった道のりを表す地図があります。
地図を見ながら読み進めるのが、とても楽しかったです。
参考になりました。 0人

4308件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット