なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子10歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

4491件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい びっくり!楽しい  投稿日:2020/07/31
もじかけえほん かな?
もじかけえほん かな? 著: 大日本タイポ組合
出版社: 偕成社
図書館で見つけ、何気なくパラパラとめくっていたら、びっくり!
ひらがな2文字が、上半分、下半分のページをめくると、全然別のことばに変身するのです。
ひげがろばに。
さらがもちに?
予想もできない文字と絵に変わるのが、面白くてたまりません。
シンプルなしかけなのに、すごいです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 海がきたんだよ  投稿日:2020/07/31
海がやってきた
海がやってきた 作: アルビン・トレッセルト
絵: ロジャー・デュボアザン
訳: やましたはるお

出版社: BL出版
ロジャー・デュボアザンの絵に惹かれて、手に取りました。
朝一番に海にやってきた少年。
少年と一緒に、浜辺を歩いているような気分になれるえほんです。
デュボアザンの描くスタイルがとてもおしゃれで、みているだけでワクワクしてきます。
浜辺には、海からのプレゼントが届いていたり。
「海がきたんだよ」というセリフが、とても素敵でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 最初と最後を見比べて  投稿日:2020/07/31
ぼくといっしょに
ぼくといっしょに 作: シャルロット・デマトーン
訳: 野坂 悦子

出版社: ブロンズ新社
図書館の新刊コーナーで見つけました。
表紙の青い海がとても綺麗です。
「ぼく」がおつかいを頼まれ、リンゴを買いに出かけます。
そこから、もう一つの冒険が始まるのです。
各ページに描きこまれた絵をよくよくみてみると、たくさんの変化が見つけられる。
想像力をくすぐる作りになっているんですね。
いろんな読み方ができる絵本なのかもしれません。
最初と最後のページを見比べるのも、また楽しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 少しくじけたら新しい本を読もう  投稿日:2020/07/31
歩くはやさで
歩くはやさで 文: 松本 巌
絵: 堺 直子

出版社: 小さい書房
シンプルな佇まいに惹かれて、何気なく手に取りました。
作者は「白黒つけないカフェオーレ」や「淡麗グリーンラベル」などのCMを手がけた方とのこと。
厳選された言葉に、優しくおしゃれな絵が、そっと添えられています。
ホッと一息つきたい、大人向けの絵本です。
「少しくじけたら、新しい本を読もう」という一文にグッときました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う タイトルに驚いて  投稿日:2020/07/30
ふようどのふよこちゃん
ふようどのふよこちゃん 作・絵: 飯野 和好
出版社: 理論社
腐葉土が主人公だなんて!
タイトルと表紙の絵に驚いて、手に取りました。
のんびりとした雰囲気が漂いますが、日本の里山問題を指摘する、スケールの大きい内容です。
でも、飯野和好さんの味のある絵で、ユーモアもあり、お説教くささを感じないのがいいですね。
ふよこちゃんのお話は、続編が出ているようなので、ぜひ読んでみたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 成長したふよこちゃん  投稿日:2020/07/30
ふようどのふよこちゃん おやまはだいじ
ふようどのふよこちゃん おやまはだいじ 著者: 飯野 和好
出版社: 理論社
前作を読んだときは、腐葉土が主人公だなんて!とびっくりしましたが、続編も出ているとは、ふよこちゃん、人気なんですね。
今回は、山を守るためのお話。
ふよこちゃんはおじいちゃんと一緒に、山奥に住む守り神、オオサンショウウオのところへ、山の相談をしに出かけます。
ふよこちゃんがちゃんと成長していることに、感心しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かっこいい…  投稿日:2020/07/30
いまむかしえほん(7) うらしまたろう
いまむかしえほん(7) うらしまたろう 文: 広松 由希子
絵: 飯野 和好

出版社: 岩崎書店
表紙の絵に惹かれて手に取りました。
飯野和好さんの描くうらしまたろうは、哀愁が漂い、色っぽくてかっこいい。
お話も、子供たちが慣れ親しんでいるものとはちょっと違っています。
子供が楽しむというよりは、大人向けかなとも思います。
でも、昔話は、いろんなタイプのものがあった方がいいですね。
私はこのうらしまたろうが好きになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 春になったらまた読みたい  投稿日:2020/07/23
おくりもの
おくりもの 作: 豊福 まきこ
出版社: BL出版
図書館の新刊コーナーで見つけました。
自分のハリが嫌いなハリネズミくんのお話。
いつもはハリのせいで近づけない森の仲間たちに、なんとかしたいと、ハリを使っておくりものをします。
そのおくりものの素敵なこと。
そして、お友達からのお礼も、とてもいいです。
気持ちがポッと温まる感じ。
季節が巡って、春になったら、また読みたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょっと斜めから見たカルタ語録  投稿日:2020/07/23
明日のカルタ
明日のカルタ 著: 倉本 美津留
出版社: 日本図書センター
ちょっとシュールな表紙の絵に惹かれて手に取りました。
まえがきの、
明日は明るい日。
明日の明日はもっと明るい日。
だから未来は、すごく明るい。
というセリフで、もう心を掴まれます。
え「遠足も楽しいけど、近足も楽しいよ」とか
き「キリンの特徴を首が長い以外で答えるカッコよさ」とか、
ちょっと斜めから見た、カルタ語録。
中学生以上大人まで楽しめる絵本かなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 韓国のおうちの様子  投稿日:2020/07/23
マンヒのいえ
マンヒのいえ 作・絵: クォン・ユンドク
訳: みせ けい

出版社: らんか社
韓国の絵本です。
狭いアパートから、おじいちゃんおばあちゃんの住む一軒家に引っ越してきた男の子、マンヒ。
家族が暮らす、韓国のおうちの様子が、シンプルに、でも緻密に、描かれます。
台所や玄関、お風呂、マンヒの部屋…どの風景も素敵で、見入ってしまいました。
最後の間取り図を見ながら、もう一度ページに戻ったり。
何度見ても、楽しいです。
参考になりました。 0人

4491件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット