新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

TOP500

クッチーナママ

ママ・40代・東京都、女の子18歳 女の子15歳 男の子12歳

  • Line
自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。
今は学校図書館に勤務し、多くの本と格闘しながら、絵本ライフを楽しんでいます。

好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。<BR>
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。<BR>それから約10年…<BR>2021年4月投稿レビューは5000を超えました。<BR>こんなにもたくさんの絵本と出合えたことは、私の財産です。<BR>子どもたちは大きくなり、絵本を卒業してしまいましたが、私は絵本の魅力にどっぷりとハマり、今は自分のために絵本を開いています。<BR>
ブログ・SNS

クッチーナママさんの声

6727件中 6291 〜 6300件目最初のページ 前の10件 628 629 630 631 632 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 細かい描写が楽しい  投稿日:2012/05/15
たのしいたてもの
たのしいたてもの 作・絵: 青山 邦彦
出版社: 教育画劇
5歳の次女のお気に入りの絵本です。細かい描写が楽しいらしく、長い時間かけて1ページ1ページじっくり眺めています。
建設途中でほったらかしになっていた建てものに、いろいろな人が集まって、それぞれ思い思いの部屋をつくることになりました。お花屋さん、お菓子職人、時計職人にピエロまで・・・同じ大きさで同じ形の空間が、それぞれ個性豊かに彩られて素敵に変身していきます。
また、建築士さんのお仕事も素敵です。1つ1つの部屋の中はそれぞれ個人が自由に作りますが、共通部分は建築士さんが上手に設計して、ひとつのまとまりある建物にしていきます。みんなの満足する姿を見届けたら、ニコニコして歩いていくというのが、なんともカッコイイです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読むたびに感動  投稿日:2012/05/12
ウェン王子とトラ
ウェン王子とトラ 作・絵: チェン・ジャンホン
訳: 平岡 敦

出版社: 徳間書店
長女が小さい頃から繰り返し繰り返し読んできた絵本ですが、読むたびに感動し、心揺さぶられます。2年生になった長女と久しぶりに読みましたが、娘も初めて読んだかのように感動していました。心の成長と共に、読み方感じ方も変わっていくようです。
生き物への尊敬の念と、親子の愛情という大きなテーマを、壮大で迫力のある挿絵で見事に描いています。たくましく聡明なウェンと、悲しみを抱えながらも強く生きるトラ、二人の心の交流が手に取るように分かります。
立派な王となったウェンが自分の息子をトラに差し出すラストは、胸がいっぱいになって、いつも声に出して読むのが困難になってしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ますます「いえ」が大好きに  投稿日:2012/05/12
あなたのいえわたしのいえ
あなたのいえわたしのいえ 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
5歳と7歳の娘たちと読みました。ちょっとレトロな挿絵ですが、やさしくてかわいくて大人も癒されます。はじめのいろいろな家が並んでいるページですぐにファンになってしまいました。子どもたちも「あ、これはウチに似てる!」「こういう家がいい!」などと言いあって楽しんでいます。
その後のページからは、家がどうして必要なのかを順を追って説明してくれます。丁寧に分かりやすく描かれているので、5歳の娘も納得した様子。最後の暮しの見える家のページも、時間をかけてじっくり見て楽しんでいました。
この本を読むと、家の素晴らしさやありがたみが身にしみます。大人も子どももますます家が好きになるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美術館に行きたくなる  投稿日:2012/05/12
シェイプ・ゲーム
シェイプ・ゲーム 作・絵: アンソニー・ブラウン
訳: 藤本 朝巳

出版社: 評論社
ナンセンスな絵が大好きな5歳の次女のお気に入りの絵本です。
画家になった作者が、初めて家族4人で美術館に行った様子を回想するというもの。本物の絵と作者が描いたパロディの絵を見比べるのが、とっても楽しいです。特にピーターブレイクの「こんにちは、ホックニーさん」の絵のパロディは圧巻。登場人物(犬も)の顔がみんなパパの顔になっていて、絵の中がおじさんだらけ。娘も声を出して笑っています。
絵画の知識がないので、ついつい足が遠くなっていたのですが、この家族のように、みなで美術館に行って、イマジネーションを働かせながら絵画を楽しむというのもいいなと思いました。近く、美術館に行ってみようと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幻想的な科学の絵本?  投稿日:2012/05/12
たまごってふしぎ
たまごってふしぎ 作: アリス&マーティン・プロベンセン
訳: こみや ゆう

出版社: 講談社
本を片手に真剣な顔をする女の子に惹かれて手に取りました。中のページもやさしい色合いの幻想的な挿絵が続きます。そして次々と現れるのが、色も形も違うさまざまな種類のたまごたち。「この動物のたまごはこんななんだ」と
小さい子はもちろん、大人も興味をそそる内容でした。
詩的な文章とやわらかな挿絵とはウラハラに、内容は自然科学という、なんとも不思議な絵本。もうすぐ理科の授業が始まる小学校2、3年生の女の子などが読むのも、自然と科学への興味がわいていいかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美術館での不思議体験  投稿日:2012/05/12
ミュージアム・トリップ
ミュージアム・トリップ 作・絵: バーバラ・レーマン
出版社: 評論社
めいろ好きの次女が、ぱらぱらとめくったページの中でめいろを見つけて、図書館で借りてきました。
スクールバスで学校のクラスメイトと美術館を訪れた男の子が、迷宮の見取り図を見ているうちに、その中に入り込んでしまいます。迷路に迷い込んだ男の子と一緒に、娘もめいろを楽しんでいました。
言葉が一切なく、主人公の男の子の行動だけでお話が進みます。現実の世界と空想の世界のいったりきたりで、次第にどちらか分からなくなり・・・秘密めいたラストシーンが不思議で楽しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子守唄のような絵本  投稿日:2012/05/11
おやすみなさいのほん
おやすみなさいのほん 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: ジャン・シャロー
訳: 石井 桃子

出版社: 福音館書店
表紙の眠る赤ちゃんが、長男の寝顔にそっくりだったので思わず手にしました。やさしい色彩で描かれた穏やかな挿絵とやさしいリズムの文章が心地よく、だんだんと眠りに誘われてしまいます。「ねむたい◯◯たち」の繰り返しがまた、声に出すと気持ちのいいフレーズでした。
いつもは本を読み始めると楽しくて寝ることを忘れてしまう子どもたちも、この本を読むとすんなりと眠りに向かってくれました。なんだか子守唄のような絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カメとこねこのドラマ  投稿日:2012/05/10
いたずらこねこ
いたずらこねこ 作: バーナディン・クック
絵: レミイ・シャーリップ
訳: まさき るりこ

出版社: 福音館書店
2歳の長男と読みました。
見開き2ページに続く横に長い一本の線に、左にはかめのいる池、右には隣の家の垣根が描かれています。そこに一匹のカメと一匹のこねこが。お話の始まりから終わりまで、たったそれだけの場面がずっと続きます。でもその中で繰り広げられるカメとこねこのやりとりは、ドキドキハラハラで、ユーモアたっぷり。モノトーンの絵に、池の水だけ色がついているという落ち着いた挿絵にもかかわらず、読み進めるうちに、すっと絵本の中へ入り込んでしまいました。
息子は、表情豊かなこねこと一緒になって、ちいさなカメの様子に驚いたり、不思議そうに眺めたりしていました。こねこが池に落ちる場面では、かわいそうなのですが、「やっぱり!」とついつい笑顔になってしまいます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい パパに読んでほしい  投稿日:2012/05/08
もりのなか
もりのなか 作・絵: マリー・ホール・エッツ
訳: まさき るりこ

出版社: 福音館書店
2歳の息子が、今一番お気に入りの絵本です。寝る前にしばらく一人で絵を眺めていて、納得すると「読んで」といって差し出します。
紙の帽子をかぶりラッパを持って森をさんぽする小さな男の子を、自分に置き換えて読んでいるようです。自然と物語の中に入っていけるなんて、とても素敵なことだなと思います。
この本は、お父さんが最後に重要な役を果たします。なので、時にはパパが読んであげるのもいいのではないでしょうか?ウチのパパにも今度お願いするつもりです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やかまし村シリーズの妹版  投稿日:2012/05/04
やかましむらのこどもの日
やかましむらのこどもの日 作: アストリッド・リンドグレーン
絵: ヴィークランド
訳: 山内 清子

出版社: 偕成社
子どもたちには、『やかまし村の子どもたち』『やかまし村の春・夏・秋・冬』『やかまし村はいつもにぎやか』のやかまし村シリーズをぜひ読ませたいと思っています。でも5歳と7歳の娘たちにはまだちょっと早いかなと思っていたところ、妹版ともいうべきこの本をみつけました。こちらなら挿絵も多く字も大きいので、絵本と児童書の間くらいの感覚で読んであげることが出来ます。
やかまし村といえば、スウェーデンの田舎にある、家が3軒だけしかないやかまし村に住む子供たちの日常生活が細やかに描かれた物語。今回はやかまし村の6人の子どもたちが、一番小さい2歳のシャスティーンと遊んであげる日を「やかましむらのこどもの日」と決め、1日喜ばせてあげることにするのです。
歌を歌ってあげたり、子馬に乗せたり、ブランコに乗せたり、なわで縛って2階から上げ下げしたり?!みんな必死に知恵を出し合います。シャスティーンは嬉しいと「ヘイヨム、フェイヨム」と口ずさみます。かわいいです。
娘たちもすっかり「やかましむら」に夢中になっていました。近い将来、児童書の方も挑戦できそうです。
参考になりました。 2人

6727件中 6291 〜 6300件目最初のページ 前の10件 628 629 630 631 632 ... 次の10件 最後のページ

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット