話題
2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜

2〜4歳 はじめてのおけいこ 特別限定版DX(デラックス)特典付 〜おけいこデビュー大応援!5点セット〜(学研)

必要な道具は全て揃ってます!数量限定DX版♪読者キャンペーンも開催中!

  • 学べる
  • ギフト
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

TOP500

クッチーナママ

ママ・40代・東京都、女の子17歳 女の子15歳 男の子12歳

  • Line
自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。
今は学校図書館に勤務し、多くの本と格闘しながら、絵本ライフを楽しんでいます。

好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。<BR>
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。<BR>それから約10年…<BR>2021年4月投稿レビューは5000を超えました。<BR>こんなにもたくさんの絵本と出合えたことは、私の財産です。<BR>子どもたちは大きくなり、絵本を卒業してしまいましたが、私は絵本の魅力にどっぷりとハマり、今は自分のために絵本を開いています。<BR>
ブログ・SNS

クッチーナママさんの声

6606件中 6301 〜 6310件目最初のページ 前の10件 629 630 631 632 633 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 太陽が恋しくなる  投稿日:2012/03/07
おひさん
おひさん 作: たかべせいいち
出版社: くもん出版
初めて見た時は、表紙の絵に一瞬ギョッとしてしまったのですが、中身は素朴で心温まるお話しでした。
「おひさん」と呼ばれる太陽が「ワシもそのたのしいことをしてみてえとおもってよ」と言って、村に遊びにきます。大きくなったり小さくなったりして、かくれんぼしたり、洗濯を手伝ったりするおひさんですが、やっぱり空にいてくれるのが一番いいようです。
なんだか太陽が恋しくなって、ありがたみを感じました。絵本を読んでから表紙の「おひさん」を見直すと、なんだか素敵に見えてきます。
たかべせいいちさんの作品を始めて読んだのですが、ユーモアと温かみのある独特な絵が印象的でした。他の作品も是非読んでみたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かっこいい女性  投稿日:2012/03/06
ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり
ヘルガの持参金 トロールの愛のものがたり 作: トミー・デ・パオラ
絵: ゆあさ ふみえ

出版社: ほるぷ出版
器量はよいが貧しいトロールの娘ヘルガは、結婚の持参金を自分で作ろうと、秘密道具を持って、人間世界にさっそうと出かけて行きます。彼女の働きっぷりは、お見事の連続。怠け者やら、見栄っ張り、欲張りな人間相手に、莫大な財産をつくっていきます。
自分の力で幸せを勝ち取るヘルガ。なんだか今時の恋愛ドラマを見ているような気分になりました。お金に目がくらんでフラフラしてしまうハンサム男のラースの甘い言葉を、毅然とはねつけるヘルガのセリフには、スカッとします。娘たちも、ヘルガのようにたくましくかっこいい女性に育ってほしいなと思いました。
この本は、自分で読める子でも、はじめは読んでもらうといいと思います。陰ながらヘルガを見守る人がいることなど、絵をじっくり見ながらお話しを聞くと楽しいですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 次々起こるハプニングにハラハラドキドキ  投稿日:2012/03/05
怪盗ショコラ(2) ムーンライト作戦
怪盗ショコラ(2) ムーンライト作戦 作: 杉山 亮
絵: 小林 裕美子

出版社: あかね書房
前作の「アイスミルクは永遠に」で怪盗ショコラの大ファンになった小学校1年生の長女。第2弾も早速、図書館から借りてきました。
欠陥バイク「ムーンライト」の設計図を盗むことになったショコラたち。ビルへの侵入も難しく、さらにハプニングが次々起こって、まさにハラハラドキドキです。今回は運転の上手なセーヌが大活躍でした。
娘はショコラ登場の合い言葉「アップルパイをアップルぬきで」がお気に入り。また、余計なものは盗まないというスマートなところも好きなのだそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 新緑の草花が美しい  投稿日:2012/03/02
チリとチリリ はらっぱのおはなし
チリとチリリ はらっぱのおはなし 作・絵: どい かや
出版社: アリス館
「チリとチリリ」で2人に出会った我が家の姉妹。以来、自分たちと重ねあわせ、絵本の中を自転車でお出かけするのが大好きになりました。
今回はチリとチリリがとってもちいさくなって、はらっぱを進みます。様々な草木が美しく、丁寧に描かれていることに感動しました。ドクダミの花やシロツメクサやあじさい、ありにミミズにトカゲ。新緑の頃、家の庭で見つけられる見慣れたものばかり。それが絵本の中でとってもかわいく描かれているので、なんだかとってもうれしく、読むたびに新緑の季節が待ち遠しくなります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 氷の世界でも心は温か  投稿日:2012/03/02
チリとチリリ ゆきのひのおはなし
チリとチリリ ゆきのひのおはなし 作: どい かや
出版社: アリス館
「チリとチリリ」で2人に出会って以来、自分たちと思い込んで大好きになった我が家のおかっぱ姉妹。ちいさい頃から何度も何度も繰り返し読んできました。「ゆきのひのはなし」だけ未読だったので図書館で借りてきたところ、ブーム再来。またシリーズ本をすべて引っ張りだして、5冊まとめてふとんに持ち込み、延々と絵本の中を自転車に乗ってお出かけしています。
やはり5冊集まるとかわいさが増します。表紙を並べて眺めるだけでも、チリとチリリが季節を巡っている様子が分かって楽しいです。
雪の中も2人は仲良く自転車で進んでゆきます。背景はひんやりとした氷の世界なのに、ホットフルーツポンチや温泉のページに癒され、読み終わる頃には心はぽかぽかと温かく・・・寒い季節にお布団の中でぬくぬくしながら読むのにぴったりではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春が来る瞬間を体感できる  投稿日:2012/03/02
まゆとりゅう
まゆとりゅう 作: 富安 陽子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
「まゆとおに」も大好きな絵本ですが、こちらも負けず劣らず素晴らしいです。ダイナミックな絵が壮大な自然の姿を魅力的に表しています。
やまんばとその娘まゆが住んでいる山に、お客様がやってきます。空の上から不思議な音を立てておりてきたのは「りゅう」。やまんばかあさんが用意したヤマモモのお酒を飲んで、まゆとやまんばかあさんを背中に乗せ、りゅうの親子が雨を降らし、雪を溶かします。
壮大な自然の出来事を絵本の中で体感し、すっかり自分たちが春を呼んできたような気分に。もうすぐ春がやってくるこの季節に読むのがベストかなと思います。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心まで温かくなる  投稿日:2012/03/02
チリとチリリ まちのおはなし
チリとチリリ まちのおはなし 作・絵: どい かや
出版社: アリス館
「チリとチリリ」で2人に出会った我が家の姉妹。以来、自分たちと重ねあわせ、絵本の中を自転車でお出かけするのが大好きになりました。今ではシリーズの5冊を全部抱えてベッドに入ることもあります。
前の2作は夢の中を進んでいるようだったのに対し、今回は「まちのおはなし」ということもあって、なんだか本当の出来事のよう。娘たちもよりリアルにおでかけ気分を味わっている様子です。
色違いのマフラーやおいしそうなポタージュスープに癒され、なんだか心まで温かくなってきます。バラ一面の庭や夕暮れシーンも素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵な一日の過ごし方  投稿日:2012/03/02
チリとチリリ
チリとチリリ 作・絵: どい かや
出版社: アリス館
チリとチリリは我が家のおかっぱ姉妹にそっくり。娘たちも自分たちのことのように思っていて、チリを姉、チリリを妹の名前に変えて、ちいさい頃から何度も読んでいます。まだちいさくて、自分たちだけで自転車で出かけることは難しい2人ですが、絵本の中で一足お先に夢を実現しているようです。
森のかわいいカフェで一休み。買い物をして、水遊びをして、最後にはホテルに泊まる・・・なんともうらやましい素敵な一日の過ごし方。ああ、私もこんな森へお出かけしたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ますます幻想的で美しい絵  投稿日:2012/03/02
チリとチリリ うみのおはなし
チリとチリリ うみのおはなし 作・絵: どい かや
出版社: アリス館
前作の「チリとチリリ」で2人に出会った我が家の姉妹は、このシリーズの大ファン。自分たちを2人に重ねあわせ、自転車に乗ってどこまでも出かけて行きます。
今回は海へ。海の中も自転車で進みます。シーパーラーでデザートを食べたり、お魚のきれいなダンスを見たり、たからものを探したり・・・ますます幻想的で美しい絵に、大人もついつい魅了されてしまいます。
娘たちも、気づくと2人で絵本を広げ、チリが食べた「なみのあわバフェまきがいふうがおいしそう!」「私だったら、宝物はこれを選ぶよ」などと話しながら楽しそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読後は清々しい気分  投稿日:2012/03/02
ストライプ たいへん! しまもようになっちゃった
ストライプ たいへん! しまもようになっちゃった 作・絵: デヴィッド・シャノン
訳: 清水 奈緒子

出版社: らんか社
小学校1年生の娘が、図書館から借りてきました。私は表紙の絵に一瞬たじろいでしまいましたが、お話しを読めば楽しく、なんだか元気が出てきて、読後は清々しい気分。好き嫌いせず読んでみるものだなと思いました。
娘はリマ豆を知らないので、いまいち話を理解できていないのでは?と思い、ついつい「リマ豆というのは人気がない豆みたいだね。カミラは大好きなのに、みんなが嫌いだからって食べなかったら・・・」などと説明しようとすると、「そんなことは読んだから分かってるよ」と言われてしまいました。下手な説明は不要ですね。

参考になりました。 0人

6606件中 6301 〜 6310件目最初のページ 前の10件 629 630 631 632 633 ... 次の10件 最後のページ

対談『ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん』

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット