新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

TOP500

クッチーナママ

ママ・40代・東京都、女の子18歳 女の子15歳 男の子12歳

  • Line
自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。
今は学校図書館に勤務し、多くの本と格闘しながら、絵本ライフを楽しんでいます。

好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。<BR>
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。<BR>それから約10年…<BR>2021年4月投稿レビューは5000を超えました。<BR>こんなにもたくさんの絵本と出合えたことは、私の財産です。<BR>子どもたちは大きくなり、絵本を卒業してしまいましたが、私は絵本の魅力にどっぷりとハマり、今は自分のために絵本を開いています。<BR>
ブログ・SNS

クッチーナママさんの声

6755件中 6311 〜 6320件目最初のページ 前の10件 630 631 632 633 634 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う まるで我が家のベッドの風景  投稿日:2012/05/31
もっかい!
もっかい! 作: エミリー・グラヴェット
訳: 福本 友美子
絵: エミリー・グラヴェット

出版社: フレーベル館
真っ赤な本を差し出し、目で「読んで」と訴える表紙の赤ちゃんドラゴンがかわいくて、思わず手に取りましたが、中身もまたシャレていて、楽しいしかけにビックリでした。
同じ絵本を「もっかい!」とせがまれるけれど、読んでいる私の方が眠くなって、お話をカットしてしまう・・・まるで我が家のベッドの風景を描いているかのよう。ウチも「ママちがうよ」と怒られることもしばしばですが、この赤ちゃんドラゴンは、強行手段に出てすごいことになってしまいます。
子どもたちは、自分の代わりに思い切り怒ってくれる赤ちゃんドラゴンを見て、とっても楽しそうにしていました。もちろん「もっかい!」です・・・
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい キツネとオオカミの出会い  投稿日:2012/05/31
ともだちや
ともだちや 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
ユニークな絵と、楽しくてあたたかいストーリーが魅力の『おれたち、ともだちシリーズ』。
このシリーズは、我が家ではみんなで揃ってワイワイ読むのが定番です。
「ともだちや」はこのシリーズの第一作目。続編でいろんなドラマを繰り広げるキツネとオオカミの出会いが
描かれています。のぼりを背負い、なぜか浮き輪とゴーグルをするキツネ。1時間100円の「ともだちや」を
始めたけれど、オオカミとの出会いで「ほんとうのともだち」の意味を知ることに。
スキップしながら夜道を帰るキツネの姿を見るたびに、ホッとして自分の心も軽やかになります。
これからキツネとオオカミがどんな風に成長して、どんな風に友情を育んでいくのか、続編も見ものです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 9人の名前が楽しい  投稿日:2012/05/31
王さまと九人のきょうだい
王さまと九人のきょうだい 訳: 君島 久子
絵: 赤羽 末吉

出版社: 岩波書店
5歳と7歳の娘が大好きなおはなし。何度読んでも夢中になって聞き入ってくれます。
様々な特技を持った兄弟たちが、意地悪な王さまの攻撃を難なく乗り越えて勝利してしまうという痛快な物語。8日間何も食べなくても「はらいっぱい」だったり、こん棒でめちゃくちゃにたたかれても平気だったり、火の中や雪の中にもいられたりと、あり得ないようなことばかりなのですが、大人もぐんぐんとお話の中に引き込まれていってしまいます。
子どもたちは、9人の変わった名前が楽しくてしかたがない様子。「ぶってくれ」とか「きってくれ」などの名前が登場するたびに、声を上げて喜んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 細かい描写が楽しい  投稿日:2012/05/15
たのしいたてもの
たのしいたてもの 作・絵: 青山 邦彦
出版社: 教育画劇
5歳の次女のお気に入りの絵本です。細かい描写が楽しいらしく、長い時間かけて1ページ1ページじっくり眺めています。
建設途中でほったらかしになっていた建てものに、いろいろな人が集まって、それぞれ思い思いの部屋をつくることになりました。お花屋さん、お菓子職人、時計職人にピエロまで・・・同じ大きさで同じ形の空間が、それぞれ個性豊かに彩られて素敵に変身していきます。
また、建築士さんのお仕事も素敵です。1つ1つの部屋の中はそれぞれ個人が自由に作りますが、共通部分は建築士さんが上手に設計して、ひとつのまとまりある建物にしていきます。みんなの満足する姿を見届けたら、ニコニコして歩いていくというのが、なんともカッコイイです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい それはそれは豪快です  投稿日:2012/05/15
きっとみんなよろこぶよ!
きっとみんなよろこぶよ! 作・絵: ピーター・スピア
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
『雨、あめ』を描いたピーター・スピアーさんの作品ということで、読んでみました。こちらも、子どもたちが楽しそうに活き活きと描かれていて、気持ちのよい絵本です。
留守番を頼まれた3人の子どもたちが、お父さんとお母さんが話をしていた家の塗り替えを自分たちですることを思いつきます。それはそれは、豪快。豪快。みんなそれぞれに好みの色を塗りたくり、自分たちの顔や手足、犬や猫までがペンキだらけになっていきます。
色とりどりに仕上がった家を見て、「きっとみんなよろこぶよ!」と満足げな兄弟たち。それを見て我が家の子どもたちも目をキラキラさせて喜んでいました。私はこれが自分の家だったらと想像して恐ろしくなり、苦笑いになってしまったものの、怖いものみたさでまたページを開きたくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 見どころ満載の1冊  投稿日:2012/05/15
どうぶつがすき
どうぶつがすき 作: パトリック・マクドネル
訳: なかがわ ちひろ

出版社: あすなろ書房
5歳の娘と読みました。かわいい表紙のイラストでは想像できませんでしたが、夢を叶えて動物行動学者になったジェーン・グドール博士の伝記でした。
ページを開くと、右側には表紙と同じくかわいいイラストで描かれた、チンパンジーのぬいぐるみと一緒のジェーンの幼い頃の姿が。左側には、緻密に描かれた植物や動物のスケッチが並びます。それぞれが絶妙にマッチして、素敵な世界が広がっていました。そして最後には、夢を叶えたジェーンの写真があります。この写真もまたとても素敵です。
巻末にはジェーンの活動情報や、ジェーンからのメッセージ。ジェーンが12歳のときにつくった自然研究クラブの会報までが掲載されていました。読み応えのある、見どころ満載の1冊だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アットホームな動物園  投稿日:2012/05/15
アイウエ動物園 1 モコモコちゃん家出する
アイウエ動物園 1 モコモコちゃん家出する 作: かどの えいこ
絵: にしかわ おさむ

出版社: クレヨンハウス
5歳と7歳の娘のお気に入りです。絵本と児童書のちょうど間くらい。絵もカラフルで見やすくおはなしもそれほど長くないので、読んであげるなら幼稚園児も楽しめます。一人で読むなら小学校低学年にちょうど良さそうです。
動物園のひつじモコモコちゃんは、注目されたいがために動物園を出て街のセーター屋さんのショーウィンドウで暮らし始めました。はじめはチヤホヤされていい気分だったモコモコちゃんですが、だんだん動物園に帰りたくなってきます。でも素直に「帰りたい」と言えないモコモコちゃん。その気持ち、とってもよく分かります。そんなちょっとわがままでいじっぱりのモコモコちゃんを、園長さんと奥さんはやさしく包み込み、そっと導いてあげるのです。
とてもアットホームな「アイウエ動物園」に行ってみたくなりました。シリーズ化されているようなので、他も読んでみようと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う え?!わたしのこと?  投稿日:2012/05/15
ぼく おかあさんのこと…
ぼく おかあさんのこと… 作: 酒井 駒子
出版社: 文溪堂
酒井駒子さんの絵は、いつもやさしくて、かわいくて、切ないです。子どもの心の葛藤が痛いほど伝わってきます。
ねぼすけで、ドラマばっかりみてて、すぐおこる。はやくしなさいっていうわりに自分はゆっくりしてる。ここに描かれているおかあさんが、自分のことのように思えてドキッとしてしまいました。自分勝手なおかあさんでも、子どもは求めているんですよね。ちょっと心が痛みました。
7歳の長女が5歳の次女に読んであげていました。娘たちは「1度読んだらもういい」といった感じです。大人向けの絵本かもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のらねこが消防士に!  投稿日:2012/05/15
しょうぼうねこ
しょうぼうねこ 作・絵: エスター・アベリル
訳: 藤田 圭雄

出版社: 文化出版局
どなたかが「一番好きな絵本」にこの本を挙げていたので、ずっと気になっていました。読んでみると黄色と赤で色付けされた挿絵もおしゃれ、ストーリーも素敵で、私も大好きになりました。
ピックルズはこねこを追いかけてばかりいるのらねこ。パンチのきく前足で何か素敵なことをしたいと思ってはいるのですが、なかなか機会に恵まれず、冴えない日々を送っています。そんなピックルズが、親切なグッドカインド奥さんと消防士の世話で消防署で暮らすことになりました。
柱を滑り降りる練習や、自動車に飛び乗る練習、火事のときホースを前足で押さえて消防士が水をかけるのを手伝ったりして、立派な消防士の一員になっていきます。署長さんから贈られた消防士の帽子をかぶり、はしご車に乗り込むピックルズは本当にかっこいいです。
絵本と児童書の間くらいなので、5歳くらいから楽しめます。挿絵は表情がなくスマートに描かれており、もしかしたら子どもが自らすすんで手に取るタイプの本ではないかもしれないので、ぜひ大人が手渡してあげて読んであげると良いと思います。我が家の5歳と7歳の娘たちも、はじめはあまり乗り気でなかったのに、一度読んであげると大好きになりました。
ピックルズは、「黒ネコジェニーのおはなし」シリーズの登場人物ということなので、こちらもぜひ読んでみようと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ますます「いえ」が大好きに  投稿日:2012/05/12
あなたのいえわたしのいえ
あなたのいえわたしのいえ 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
5歳と7歳の娘たちと読みました。ちょっとレトロな挿絵ですが、やさしくてかわいくて大人も癒されます。はじめのいろいろな家が並んでいるページですぐにファンになってしまいました。子どもたちも「あ、これはウチに似てる!」「こういう家がいい!」などと言いあって楽しんでいます。
その後のページからは、家がどうして必要なのかを順を追って説明してくれます。丁寧に分かりやすく描かれているので、5歳の娘も納得した様子。最後の暮しの見える家のページも、時間をかけてじっくり見て楽しんでいました。
この本を読むと、家の素晴らしさやありがたみが身にしみます。大人も子どももますます家が好きになるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

6755件中 6311 〜 6320件目最初のページ 前の10件 630 631 632 633 634 ... 次の10件 最後のページ

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット