もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

クッチーナママさんの公開ページ

クッチーナママさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子16歳 女の子13歳 男の子10歳

自己紹介
母親になってよかったなと思うことの一つに、多くの素晴らしい絵本と出会えたことがあります。子どもを持つまでは知らなかった絵本の世界に、今は自分が一番どっぷりとはまっています。我が家には3人の子どもがいますが、長女はいわゆる本の虫。暇さえあれば一人で本を開いています。小学生になってからは読み応えのある児童書をガシガシ読んでいます。次女はナンセンス絵本が大好き。物語よりも絵やリズムを楽しむタイプのようです。乗り物大好きな長男は、やはり今は電車や車の本が好き。男の子の冒険ファンタジーなどをこれからたくさん読んであげたいです。
好きなもの
エッツ、ハッチンス、センダック、マックロスキー、バーニンガム、ベスコフ、フランソワーズ、リンドグレーン、バーバラクーニー、クエンティンブレイク、長新太、かがくいひろし、中川李枝子、五味太郎、せなけいこ、松岡享子、たかどのほうこ、柳原良平、安野光雅。
ひとこと
2011年の10月からこちらでレビューを書き始めました。
絵本の感想投稿も1000件を超え、ますます絵本と絵本ナビの魅力にはまっています。
ブログ/HP
絵本好きが高じて、ブックカフェを開くことにしました。まだまだ発展途上ですが、大人も子どももホッと一息できる空間を模索し続けたいと思っています。
Facebookページでは、「店主の絵本365日」と題して、ほぼ毎日、絵本の紹介をしています。ぜひ遊びにきてください。

クッチーナママさんの声

4491件中 61 〜 70件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 憧れです  投稿日:2020/07/23
ハナさんのおきゃくさま
ハナさんのおきゃくさま 作: 角野 栄子
絵: 西川 おさむ

出版社: 福音館書店
一人暮らしをすることになったハナさんが、街と森の境目の一軒家に住み始めます。
お客をおもてなしするのが大好きなハナさんの元へ、森からいろんなお客さんがやってきて。
どんな変わったお客様にも、お茶とケーキでおもてなしするハナさん。
誰とでも仲良くなり、いつまでも楽しく暮らしていて素敵です。
自分も、ハナさんみたいに暮らしたいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生きものの分類学  投稿日:2020/07/23
カモノハシくんはどこ?
カモノハシくんはどこ? 作: ジェラール・ステア
絵: ウィリー・グラサウア
訳: 河野 万里子

出版社: 福音館書店
ー生きものの分類学入門ーとある通り、生物の分類についてがわかる仕組みになっている絵本です。
動物学校の新学期。
動物たちは、
「ミルクをのむこ」
「羽とくちばしがあるこ」
などに分かれますが、カモノハシくんはどこにも入れず…
カモノハシの生態を学べるだけでなく、人や生きものを特定の枠に当てはめようとすることへの疑問なども提起していて、奥が深い絵本だなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人は恐れおののくが  投稿日:2020/07/23
かちかちやま
かちかちやま 絵: 赤羽 末吉
再話: 小澤 俊夫

出版社: 福音館書店
赤羽末吉さんの描く表紙の絵に惹かれて、手に取りました。
かちかちやまのお話は知っていましたが、前半部分、タヌキがおばあさんを殺した上に、ばあじるにしておじいさんに飲ませるなんて…と、残虐すぎてびっくりでした。
うさぎが、無表情で火を付ける様子も怖いです。
でも、子供は、大人ほど怖がらず、お話として、ちゃんと受け止めているようです。
昔話っていいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1年かけて  投稿日:2020/07/23
理科好きな子に育つふしぎのお話365 見てみよう、やってみよう、さわってみよう 体験型読み聞かせブック
理科好きな子に育つふしぎのお話365 見てみよう、やってみよう、さわってみよう 体験型読み聞かせブック 監修: 自然史学会連合
出版社: 誠文堂新光社
とても分厚い図鑑のような本です。
1日に1つの話題で、365日分の理科分野のお話が楽しめます。
例えば、1月1日は「人間はなぜ夢を見るのか?」
2日は「日本に春夏秋冬があるのはなぜか?」
のような感じです。
うるう年の秘密の記載もありました。
小学校の低学年から、大人まで、幅広く興味が持てるような内容になっていると思います。
1年かけて、じっくり読む。というのもいいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 残りのもう1枚  投稿日:2020/07/23
うるうのもり
うるうのもり 絵と文: 小林 賢太郎
出版社: 講談社
表紙の不思議な絵に惹かれて手に取りました。
ちょっと怖いような雰囲気のうるうが、お話が進むにつれ、どんどんと魅力的な人物になっていくところがすごいです。
トランプ1組すべての数をたすと364、ジョーカーを足して365。
残りのもう1枚のジョーカーが、カレンダーで言うところの「うるう」
だなんて、すごい表現をするなと思いました。
作者の小林賢太郎さんという人は、本当に多彩な才能を持つ方ですね。
演劇作品「うるう」も見てみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おじいちゃんにさよならを言いに行こう  投稿日:2020/07/23
おじいちゃんの口笛
おじいちゃんの口笛 作: ウルフ・スタルク
絵: アンナ・ヘグルンド
訳: 菱木 晃子

出版社: ほるぷ出版
好奇心旺盛でちゃっかりしているけど、根は優しい少年、ベッラと、老人ホームで暮らすおじいちゃんとの交流が描かれた作品です。
血がつながりのない二人が、かけがえのない時間を過ごします。
死をテーマにしているのに、さらりと、しめっぽくならないのがいいなと思いました。
「おじいちゃんにさよならを言いに行こう」と、決まり切った黒い服ではなく、明るい色のシャツを着て出かけるところが素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さい子よりも  投稿日:2020/07/21
どんなふうに みえるの?
どんなふうに みえるの? 作: 林 木林
絵: はた こうしろう

出版社: 鈴木出版
図書館の新刊コーナーで見つけました。
はたこうしろうさんのイラストは、いつ見てもかわいいです。
「くさの上に大の字になったら、地球をおんぶしているみたいにみえるかな」
とか、
「まっすぐ逆立ちになったら、地球を両手で支えたみたいにみえるかな」
のように、とってもスケールの大きな想像力が気持ち良い。
小さい子よりも、意外と中学生とかに良さそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 紅茶を飲みながら読書  投稿日:2020/07/20
トカゲのともだち
トカゲのともだち 作・絵: あさおよう
出版社: フレーベル館
表紙の、鮮やかな青色のトカゲが気になって、手に取りました。
紅茶を飲みながら読書するトカゲ。
そこへ男の子がやってきます。
トカゲ目線で描かれた男の子の大きさが、とても面白いです。
本の好きなトカゲだったら、友達になりたいかも…
トカゲの本棚、魅力的でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 手作りコロッケ作ろう  投稿日:2020/07/20
ぴちぱちさくさく
ぴちぱちさくさく 作: 若菜ひとし 若菜きよこ
出版社: ひさかたチャイルド
タイトルと表紙の絵に惹かれて手に取りました。
じゃがいもを茹で、ひき肉を混ぜて、丸める。衣をつけて、油で揚げる。
手作りコロッケができる様子が、リアルな絵で描かれています。
完成したコロッケが本当に美味しそうで、読みながら思わずよだれが出てしまいました。
最近、家でコロッケ作っていなかったなぁと思い、久しぶりに作りたくなりました。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くわがたと見比べて  投稿日:2020/07/20
フレーベル館だいすきしぜん(むし) くわがたむし
フレーベル館だいすきしぜん(むし) くわがたむし 絵・文: 安永 一正
出版社: フレーベル館
最近、息子の学校で、クワガタ捕りが流行っているようで、友達と出かけて、何匹か見つけてきました。
本棚にあって、昔読んだこの絵本をまた引っ張り出してきて、今日見つけたのは、なんのくわがただったのか、見比べています。
同じ種類でも、体の大きさによって、大アゴのかたちが違うなどの説明もされていました。
生態や種類、飼い方まで詳しく載っているので、小さい子だけでなく、小学生も楽しめる内容です。
参考になりました。 0人

4491件中 61 〜 70件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 ... 次の10件 最後のページ

SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット