もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

みちんさんさんの公開ページ

みちんさんさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、女の子8歳 女の子6歳 女の子1歳

みちんさんさんの声

10567件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う どこにでも  投稿日:2018/12/24
まほうのゆうびんポスト
まほうのゆうびんポスト 作: やまだともこ
絵: いとう みき

出版社: 金の星社
住所も切手もなくてもどこにでも誰にでも手紙が届く!まさにまほうのポストですねー。私も使いたいです。
小学1年生のこどもも1人読みしましたが、読みやすかったようです。「おもしろかった!」と言っていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろいろな恐怖  投稿日:2018/12/23
本当にあった? 恐怖のお話・魔
本当にあった? 恐怖のお話・魔 編集: たから しげる
出版社: PHP研究所
いろいろな恐怖が感じられるお話たちでした。
霊とか超常現象もあれば、いじめや痴漢にあうといった身近な恐怖等も。
魔にしてもいろいろな魔があるなーと思わされました。
恐怖なのですが、バラエティー豊かでした。
私的には最後の梨絵アリエさんの話がリアルだなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すてきなパパ!  投稿日:2018/12/23
パパといっしょ
パパといっしょ 文・絵: スーシー
訳: 高橋久美子

出版社: トゥーヴァージンズ
こども目線でパパのことを語ります。
ひとつひとつに素敵なパパっぷりを感じました。
いいなー、こんなお父さん!
絵的にも大きいパパですね。パパの存在の大きさ、頼りになるっぷり等をあらわしてたりするのでしょうか。
個人的に忙しい時にもこどもの話を聞いてくれるというところは特に見習いたいと思いました。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う こどものために  投稿日:2018/12/23
はりねずみ かあさん
はりねずみ かあさん 作: まつやさやか
絵: M・ミトゥーリチ

出版社: 福音館書店
こどものためにがんばるはりねずみかあさんのお話で良かったです。
自然界では日々の食事の確保が毎日のこと。がんばるおかあさんありがとう ですね。
人間もこどもが自分でどうにかできるまではしっかりと面倒みます。私もこうして育てられたんだなー。
あたたかい気持ちになりました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う わかるなー  投稿日:2018/12/23
いつか あなたが おおきくなったら
いつか あなたが おおきくなったら 著者: エミリー・ウィンフィールド・マーティン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: サンマーク出版
親目線での語り。
うちの子はいったいどんな風に成長していくのでしょう。
期待や愛情あたたかさを感じることばたちですね。
わかるなーと共感できました。
こどもたちに素敵な未来が訪れますように。
こどもの成長を親はあたたかく見守っています。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 怪談好き  投稿日:2018/12/22
放課後の怪談(9) 赤い日記帳
放課後の怪談(9) 赤い日記帳 編: 日本児童文学者協会
絵: 今井 ヨージ 川野 郁代

出版社: 偕成社
こどもが選んだ本です。
怪談好きみたいです。
字が思いのほか小さく、1年生ではまだ早くないかと思いましたが、読み仮名もありますし、一話一話読み切り形式ですので、楽しめているようです。
人形の家がお気に入りのようです。普通に怖いのですけど(私は怪談はあまり得意でない人です)!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 名前は大切  投稿日:2018/12/21
ビューティフル・ネーム
ビューティフル・ネーム 著: 北森 ちえ
出版社: 国土社
名前を呼ばれない主人公 桃子。クラスでいじめられているわけではないのですが…。その立場は寂しいですね。
それを変えたいならば、やっぱり自分が動かないとと思います。
大学のプロジェクトの参加募集になし崩し的に参加することになった桃子ですが…?
名前って思いが込められていたり、呼んでいると情が湧いたり、やっぱり大切なものですね。
自分を殺さずに生きたいですし、名前を大切にしたいと改めて思うお話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お上手  投稿日:2018/12/21
嫉妬
嫉妬 著: 林 真理子
出版社: ポプラ社
嫉妬をテーマに6つの短編集。
嫉妬するよりはされたいものですが。嫉妬した人に変に絡まれるのもうっとうしいですねー。
ありそう、いそうって思えるリアリティあるお話でした。
こうしたお話は林真理子さんはたいへんお上手ですねー。
本質をついているだけに(?)、ちょっとドキッとしたり、ぞっとするところもありますが、おもしろかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぶたぶた目線が読めた  投稿日:2018/12/21
ぶたぶた日記(ダイアリー)
ぶたぶた日記(ダイアリー) 著: 矢崎 ありみ
出版社: 光文社
ぶたぶたがエッセイ教室に通います。
一話一話主人公はぶたぶたが通うエッセイ教室に関わる人物なのですが、ぶたぶたのエッセイ作品が度々登場し、ぶたぶた目線を知れたのが新鮮でした。
ぶたぶたの子育てはこんな感じなのかーと思ったり。
やっぱりあいかわらずよくできた方ですね、ぶたぶたさん。
おもしろかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 参加したい  投稿日:2018/12/21
にんじゃざむらい ガムチョコバナナ 大どろぼう五えもんのまき
にんじゃざむらい ガムチョコバナナ 大どろぼう五えもんのまき 作・絵: 原 ゆたか 原 京子
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
オベントまつり。ところが料理の材料や作られた料理が盗まれて!?
ガムチョコバナナが各々の特性を活かして活躍していてよかったです。
こどもは一度に何人も乗せて走るバナナうまに「力持ちだなー」と感心したり、ガムべえの忍術やチョコざえもんの能力に「便利だなー」と感心したりしていました。
ラストが予想外でよかったです。
いろいろおいしいものが食べられるオベントまつり、私も参加したいです。
参考になりました。 0人

10567件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット