新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

Mica(⌒▽⌒ノ

その他の方・50代・愛媛県

  • Line
自己紹介
諸事情で気分が塞がってしまっていたとき、
絵本ナビさんと、数々の絵本に出会って、絵本が大好きになりました。
レビューを書くのも好きなので、本当に楽しんでいます。
好きなもの
明治モダン、大正ロマン、昭和レトロ。
ビスケットやオレオクッキーのモチーフ雑貨。

Mica(⌒▽⌒ノさんの声

21件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 春が来る絵本  投稿日:2010/01/15
ポヤップとリーナ京都へいく
ポヤップとリーナ京都へいく 作・絵: colobockle(たちもとみちこ)
出版社: ワニマガジン社
中学生の姪が、京都に修学旅行に行くことに。
姪は、どうも神社仏閣の堅ーいイメージしか持てない様子。
そこで、何か明るい楽しいイメージが出来ればいいなぁと思って購入しました。

ポヤップとリーナは、「きょうといき」と書かれたトランクを発見。
持ち主を探すことになり、お話が始まります。
キラキラした可愛い鳳凰が出て来たり、大黒様が出て来たり。
みんな自分のトランクではないと答えます。一体誰のものなのでしょうか…

金閣寺、銀閣寺、伏見稲荷、祇園の町家、清水寺、嵐山の竹林などが、
明るい色彩で、めいっぱいカラフルに描かれています。
錦市場は折り込みで4ページ分のワイドな迫力!
表紙から、ガイドブックっぽい、シンプルなものかと思っていたのですが、
予想を遥かに上回る素敵さでした。
colobockleさんの絵といえば、「ああ!」とイメージ出来る方多いと思います。

絵だけでも充分楽しめるのですが、ファンタジックなストーリー展開も。
私はこの絵本を、寒い寒い日に読みましたが、桜満開の春待ち気分になれました。
寒い寒い京都の冬におすすめの、美しい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 堀内さんの名シーン集です  投稿日:2009/12/15
ほりうちせいいち絵はがきの本
ほりうちせいいち絵はがきの本 作・絵: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店
ウエスタン乗馬をしている黒馬好きの友人に、子供が出来て、
「くろうまブランキー」を贈ったら、とても気に入ってもらいました。
ほかに何か関連のものはないかな…とさがして見つけたのが、
この絵はがきの本でした。

名シーンが絵はがきになっています、ということで購入したところ、
ブランキーとサンタさんが出会うシーンが入っていて感激。
今年の友人へのクリスマスカードはこれにします。

実は、この絵はがきを買って初めて、
「ぐるんぱのようちえん」も同じ堀内さんだと知ったのです。

あとは、知らない絵本ばかりでしたが、「ロボットカミィ」とか、
「おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ」とか、
カラフルな可愛い絵もいっぱいで、
18作品それぞれの表紙のシールや解説もついているので、
堀内作品のガイドブックにもなりますね。

ブランキーが好きな子にはこれ、ぐるんぱが好きな子にはこれ、と、
これは私の取って置き…と、一枚一枚行き先を迷うのも楽しいですが、
パッケージも可愛いので、まるごと贈るのもいいと思います。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う 贈るなら、サブダさんのファンに。  投稿日:2009/12/05
CHRISTMASクリスマス
CHRISTMASクリスマス 作・絵: ロバート・サブダ
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
ギフトカードくらいの価格なので買いやすいんですが、
小さくて色も少ないので、迫力は控えめ。
(仕掛け絵本ってどんなもんだろう…)と、手始めに購入すると、
こんなものか、と落ち着いてしまって、後が続かないかも。

私がロバートさんのファンだと言うと、
友達が「それ誰?」というので、これを贈ったのですが、
「へー」で終わってしまい、とても残念でした。

だから、子供にも、ちょっと物足りないかも知れません。

他の仕掛け絵本を色々見て、
ロバート・サブダさんのファンになってから手にすると、
美しいことへの感動の他に、
「あの世界をこんなにコンパクトに出来るのかー!」という
また違った感動も湧きます。

ロバート・サブダさんの白い世界、素敵ですもんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんな人も「すごい!」という絵本  投稿日:2009/12/05
クッキーカウント
クッキーカウント 作・絵: ロバート・サブダ
訳: わく はじめ

出版社: 大日本絵画
小学生の姪に…と思い購入したのですが、もったいなくて贈れず、
その後何年も私の本棚で、心の癒しになってくれている、
素敵な素敵な、素晴らしい仕掛け絵本です。

まず、可愛い!です。
コック帽をかぶった色んな色の小さいねずみたちが、
ちょこちょこ出たり引っ込んだり、
いっしょうけんめいお菓子を支えています。

そして、カラフル!です。
どのページにも色が溢れていて、まぶしいほど。
ステンドグラス風のクッキーもあって、キラキラです。

そしてそして、美味しそう!です。
クッキーにキャンディ、いちごにお菓子の家!
飛び出したり回ったり、スイーツ満載です。

ですから、贈るなら、ねずみが好きな人にも、
おしゃれな海外の雑貨が好きな人にも、
お菓子を作るのが好きな人にも、間違いなく喜ばれると思います。

英語版なら、英語を習い始めた子供にもぴったりです。
短文ですから、英語への興味をうまく導いてくれると思います。

割合しっかり作られているので、小さな子供でも、
ページを開く力の加減が出来るようになっていれば充分かも。
同時に「本は大切にしましょうね」というメッセージも贈れそうです。

私も、もう何度も、何年も眺めていますが、飽きることはなくて、
その都度「おお」と声が出て、頬が緩みます。
このスイーツは太りませんからいいですね。(笑)
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 素敵な仕掛けと、素敵な詩。  投稿日:2009/12/05
ナイト・ビフォー・クリスマス
ナイト・ビフォー・クリスマス 作: クレメント・ムーア
絵: ロバート・サブダ
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
仕掛け絵本にハマった私は、
「クッキーカウント」の次に、この本を購入しました。

クッキーカウントにもねずみが出て来ますが、
こちらにも、白いねずみさんがたくさん出て来ます。
色こそ少ないけれど、可愛らしさでは負けません。

クッキーカウントが小・中学生版なら、こちらは中・高校生版。
仕掛けが増えて、幾分繊細になっていて、
そうーっと開いたり、そーっと引いたりして楽しみます。

クレセント・ムーアさんの素敵な詩も、ゆっくり楽しますよ。
「あざみの わたげが とぶように」夜空を駈けるサンタのソリ。
なんて素敵な表現でしょうか。
ふわふわと降り積もる雪の中、静かに舞い上がるソリが想像出来ます。

どのページも素敵でため息が出ますが、
そりを引く8頭立てのトナカイの仕掛けは大迫力です。
うわぁ!と、少し体を反らしてしまうほど飛び出して来ますよ。

落ち着いた、大満足の1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当に大好きみたい  投稿日:2009/05/15
もったいないばあさん
もったいないばあさん 作: 真珠 まりこ
出版社: 講談社
姪が3歳の時に、何か絵本を贈ろうと思って書店に行きました。
するとそこに小さい姉妹が。お姉ちゃんは4歳くらい、妹は2歳くらい。
お姉ちゃんは、いっしょうけんめい妹に絵本を読んであげていました。
小さい妹も大人しく聞いています。
その姿がもう本当に可愛らしくて愛おしくて。
何を読んでいるのかとそっと覗き込むと、
それがこの「もったいないばあさん」だったのです。

ちょうどTVで紹介されて流行った時期で、タイトルは知っていたのですが、
この姉妹の様子で(そうか、子供が好きな作品なんだな)と納得。
迷わずこの絵本を購入したのでした。

そして姪はというと。

やっぱりとても気に入ったそうで、
ママに毎晩毎晩「これ読んで」「ばあさん読んで」と。
ママはすっかりソラで朗読出来るようになり、
料理しながらも「もったいないもったいない」。姪は大喜び。

コミカルなお話とカラフルな絵柄がツボのようでしたが、贈った私としては、
「もったいない」という言葉に興味を持ってくれたことが嬉しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛情が溢れんばかりの小さな絵本  投稿日:2009/04/27
おかあさんだいすき
おかあさんだいすき 作・絵: いりやま さとし
出版社: Gakken
これは、ぴよちゃんシリーズで人気の入山さんの、
明るい色使いの、可愛い可愛いファーストブックなのですが、
なぜか、初めて読んだ時には泣けてしまいました。
(ファーストブックで泣いたのは初めてです。笑)

「ごはんもいっしょ。うんちもいっしょ。ねんねもいっしょ」

ああ、そうですね。赤ちゃんはいつもママといっしょです。
ママの顔をよく見ているし、ママの言葉をよく聞いています。
ママのおなかや、ママのおしりが大好きです。

シンプルな短い文章が、色んなことを思い巡らせてくれ、
小さなサイズのイラストが胸をいっぱいにしてくれました。

子供が成長して、ファーストブックを見なくなっても、
ずっと手放せなくなる絵本じゃないかと思います。
小さいボードブックですから、取っておいても邪魔にはなりませんしね。

子供が成長してから、ふと思い出してこの絵本を開くと…
思い出で胸が熱くなるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カントリー調のイラストが素敵  投稿日:2009/04/25
ふゆのよるのおくりもの
ふゆのよるのおくりもの 作・絵: 芭蕉 みどり
出版社: ポプラ社
ひとつの家族の幸せを描いた、クリスマスの夜のお話です。

子供って、純粋な思いやりを持っていますよね。
サンタさんにウェルカムドリンクとクッキーを用意する幼い優しさと、
それにちゃんと応えてくれるパパの温かい心が素敵です。

この絵本は、妹の子供3姉妹の真ん中の子が5歳の頃に贈ったのですが、
絵本を卒業していた上のお姉ちゃんも、絵に惹かれて覗いていました。
その後、将来は絵本作家になりたいとも話していたようです。

絵が好きな女の子なら、対象年齢年齢を過ぎていても、
長く楽しく、大切に眺めてくれそうです。
そのくらい魅力的なイラストはアメリカンカントリー調。
木製の家具やドライフラワーが、たくさん可愛く描かれています。

これをきっかけに、ティモシーとサラの絵本を買うようになりました。
両親や兄弟、祖父、友達など、絆が描かれているのがいいですね。
そして、色んな季節で描かれているので、
誕生日や夏休みなど、イベントごとに贈れるのも嬉しいところです。
全部揃えたら絵画のように飾りたいので、フレームを探しています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 工夫を楽しんでください  投稿日:2009/04/22
サンタのクリスマスハウス
サンタのクリスマスハウス 絵: スザンナ・ロンチ
出版社: 金の星社
私には姪が3人います。この本を選んだ時、一番小さい末の姪が2歳で、(破るかも知れないな〜)と考えましたが、上のお姉ちゃんが止めてくれるだろうと思い、贈ってみました。すると、上のお姉ちゃんたちは、開け方が解らず(割とかっちり噛み合っていて、無理に開けると破ってしまう…と不安が大き過ぎたらしいです、笑)、そのまま置いておくと、2歳の姪がひょいっと開けてしまいました。でも破ったりしないで、きゃあきゃあ声を上げて、お行儀よく遊んでいました。絵本はとてもとても可愛いのですが、中に飾るサンタ人形は、紙1枚を切り抜くものなので弱いです。厚紙を挟むなどして、お子さまと一緒に工夫して作ってあげてください。あと、小さな子は、切り抜いたパーツをすぐ失くしてしまうと思うので、気付いた大人が封筒などにしまってあげておいてください。元絵は取って置いて、カラーコピーを利用するのもいいですね。子供は破るものだし、失くすものです。直すのも、探すのも、新たに作るのも、後で思い返せば、かけがえのない素敵な思い出になると思いますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズムも楽しめそう  投稿日:2009/03/31
ギャロップ!!
ギャロップ!! 作・絵: ルーファス・バトラー・セダー
訳: たに ゆき

出版社: 大日本絵画
この春6歳になる姪への贈り物に、洋書を選びました。
姪の好きな動物がたくさん出てくる上に、動くという不思議!!
この美しくて面白い仕掛けに興味を持ってくれること間違いなしです。

そして、いつかそこから、英文にも興味を持ってくれたらいいな、と。
「can you spring like a cat?」
など、「can you △△ like a ○○?」の繰り返しで、
リズミカルで楽しい感じなので、興味を持ってくれそうな気がします。

英文やアルファベットは、難しいものじゃない、楽しいものだ、と、
感じてもらうのにバッチリだと思います。

丈夫なボードブックなので、贈り物のリボンもかけやすいです。
厚みはありますがサイズは小さいので、持ち歩きにもいいですよ。
参考になりました。 0人

21件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット