がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

にぎりすしさんの公開ページ

にぎりすしさんのプロフィール

その他の方・60代・京都府

自己紹介
今、時々おはなしおばさんで。語りをしたり 
絵本を読んであげたり  手遊びしたりしています
いろんな人の聞いて勉強しています
絵本ナビナビで色々絵本を見たり皆さんのを見せていただいています。有り難うございます!
好きなもの
空を眺めること   雲を見ること  山に登ること(汗ブルブルかいてます) 
散歩すること    旅行大好き いろんな土地の珍しいものを見たり体験すること
子どもの笑顔、泣き顔  キラキラした目を見て 元気をもらっています!

にぎりすしさんの声

4991件中 4941 〜 4950件目最初のページ 前の10件 493 494 495 496 497 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 映画をみているようです。  投稿日:2006/09/03
きんいろのきつね
きんいろのきつね 作: 大川 悦生
絵: 赤羽 末吉

出版社: ポプラ社
きんいろのきつね 「殺生石ものがたり」より
きつねの昔話が、中国 インド までいき王様のお妃になり人間を困らせていた。

怨念 とも言えるものです。

きつねの顔は、こわくて、しっぽが九つもある。こわ〜いお話です。

赤羽末吉さんの絵は映画の世界のように動きがあり、こわくて、しかも躍動感があります。
クライマックスのきつねが 矢にさされたところなどは、映画の世界に引きこまれた気がしました!

ぎゃおおーん
きつねのひめいが、おおきな声で聞こえるようです!
まさに  映画の世界に入っていました。

歴史もあり、占い師が出てくるところなど、安倍晴明のように思えました。

子供によんであげるなら、紙芝居か映画のように,読んであげたいですね!

殺生石  ちょっと難しいですが、人間を越えたものを感じます。

きつねが夢にでてきそうです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う りゅうになった娘のおかげ  投稿日:2006/08/29
しらぬい
しらぬい 作: たかし よいち
絵: 斎藤 博之

出版社: 岩崎書店
熊本の昔話「火の国」と呼ばれ、不知火ーしらぬい
緑豊かな熊本もこんな 歴史があったんです。

たける 大男がいて、 よめごば くれぇと大暴れして、
女の人が 人質のように よめに行ったんだって。
みんなのために、犠牲になった、女の人がいたんだ。
女の人がいなくなるほど。

村を荒らすため、仕方なくよめに行き、たけるに食べられるなんて、かわいそうな 話だなあ〜
うつくしい娘がいて、村人は、よめごになって欲しいと頼んだ。
優しいむすめは、よめごになってくれた。

村人が、娘の約束を忘れていた。塩水を運ぶこと、
人間も勝手なもんです。自分たちの犠牲になってくれた事も忘れて、かわいそうに、娘は、痩せてしまって。
そしてとうとう龍になってしまったんだって。

火のくには、山も野もみどりになった。人々は助かった。龍になった娘もおかげで!
だから、今も祝いをして、祈るのだ。
もし・・・約束守っていたらどうなっていたでしょうね・

ありがとう!龍になった娘さん!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自然の厳しさ 優しさ  投稿日:2006/08/27
チロヌップのにじ
チロヌップのにじ 作・絵: たかはし ひろゆき
出版社: 金の星社
北の海の島 チロヌップ アイヌ語で、きつねと言う意味だそうです。

きつねの親子たちは、厳しい自然の中で、身を寄せ合い生きている。親子の絆は、人間も、きつねも一緒です。

海の波に飲み込まれた、きつねを我が身の危険を顧みず飛び込み助けてあげた、漁師たち、優しさにほっとします。
リボンまでむすんであげてね。
しかし、兵隊達が、島に来たため・・・漁師達は、本土に帰ってしまったのです。なんだかいやな予感・・・
やっぱり、きつねをねらい殺して、毛皮をとるのです。
人間のしわざです。

きつねの、お父さんの、子を思う気持ち、すごいです!
そして、お母さんの、強さ!  わなにかかり自分の足を食いちぎる。
子ギツネの所へもどるため、 そして、子ギツネの成長を喜ぶ。
母の愛情の深さに、感動しました。
自分の命を、捨てても、子をまもろうとして・・・

悲しいですが、心に残るお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おちが なっとく なっとく  投稿日:2006/08/21
桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス
桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス 作: 桂三枝
絵: 黒田 征太郎

出版社: アートン
さすがに 落語家の三枝さんのはなしは、おもしろく、おちに納得しました。

わるさばかりして 村にいられなくなった吾一郎。お父さんの、吾助さんは、「バカな子ほどカワイイいうやないか」
心配しているけれど連絡がない!
ある日 近所の 息子が、交通事故で死んだ。
「人間のいのちというのは、わからんもんじゃなぁ」

カラスの世界でも、こんなことがあったんです。
カラスの、カーイチ郎もどってこんかなぁとおもて」
近所のカラスの、
カー吉の息子 カー太郎が死んだ。
親よりはよ死ぬより、「元気でいるほうが親孝行やで」
カラスたちは、こんな話をしていた。
人間て、智恵のある生き物やねんで、
そやけど、「人間どうしで、きずつけおうたりして、アホなやつらや」

ほんとに カラスに言われてしまったなあ〜
そうおもいました。

一方 あの 吾一郎は、どこに住んでいたか。
親に頼らず、美香と一緒に、お店を始めてがんばって生きていた。
お金貯めて、両親や、兄弟を 旅行につれてあげようと
がんばっていた。
「親に頼らず、自分たちで、がんばってきてよかったやない。」
「おれ、小さいとき カラスというあだ名やったんや!」
奥さんの美香さんもえらい、「カラスて、バイタリティーがあるねんで。 一生懸命生きているんや。
わたしらもがんばろう」
こんなに素直に生きている、吾一郎夫婦にも、感動します。

そして
おちの 「人もカラスも見かけだけで 判断しないようにしよう。」
なっとく なっとく
いい話やったなあーと、思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい カンパネルラのように  投稿日:2006/08/20
銀河鉄道の夜
銀河鉄道の夜 作: 宮沢 賢治
文・影絵: 藤城 清治

出版社: 講談社
銀河鉄道にのって、ジョバンニとカンパネルラは、旅をしました。
影絵が、きれいで、うっとりとします。お話も引きこまれてしまって・・・
宮沢賢治の言いたかったことが、つたわります。

子供には、難しいかもしれませんね。

さそりのはなしも、いいです。
夢のような世界を、二人は、銀河鉄道に乗って旅していたのです。
夢から覚めて カンパネルラが川から落ちて死んでしまったのは、かわいそう
ザネリが川におちたのを助けるために カンパネルラも川に飛び込んだんです。
「人を助けるために 死ぬのなら、幸せだって・・・」
二人で旅して、話していたように・・・

本当の幸せって、なんだろう?
ぼく、まだわからないよ。

最後の
世界ぜんたいが、幸福に ならないうちは 個人の幸福は
あり得ない。
賢治

なかなか 哲学的で 難しい課題ですね。
人間は、生きている間 ずっと 幸せを求める 旅を
続けているのでしょうか?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くまがたすけてくれた 命  投稿日:2006/08/20
くまにたすけられたおとこ
くまにたすけられたおとこ 絵: 伊藤 秀男
出版社: 鈴木出版
昔ばなしで本当にあった 話だって。
絵がなかなか迫力あって 良いんです。
本当だったら くまに 食べられて死んでしまっただろうにね。
くまは、じぶんのぬくもりで 助けてくれた。
くまと一緒にねむったんだって・・・
なんと 優しい くまなんでしょう。
くまは はちみつを 男に なめさせてやり 命を助けてくれたんだって・・・
本当にあった お話だから くまに 感謝ですね。
絵本は、優しく伝えてくれます。
伊藤秀男さんの絵は、なんとなく、ほっこりするんですよ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おとうさんに会えたらよかったね!  投稿日:2006/08/18
女トロルと8人の子どもたち
女トロルと8人の子どもたち 作: ヘルガドッティル
絵: ピルキングトン
訳: 山内 清子

出版社: 偕成社
女トロルは、大きくて みにくい男トロルに出会って夢中になりました。
だきあって キスをして、ころげまわりました。
8人の男の子を産みました。

絵本のえは、とてもみにくい 顔の赤ちゃんなのに 
「おおかわいい」 「なんてかわいいこ」 「とってもかわいいこ」 「すごくかわいいこ」 「ほんとにかわいいこ」
めちゃかわいいこ」 「なんともかわいいこ」
 
こんなふうに 赤ちゃんをかわいく思えるのは、母親だから
お母さんは しんぞうが いたくなるほど しあわせでした。こんなしあわせを感じられるのも 母親なればこそ
母親のすばらしさに 感動しますね!

人間もこんなふうに 子育てできるものなのに
時々 そうでない 母親がいるのは、なぜでしょう?

お乳を飲ませ 子育てしているときは、男トロルのこと、忘れていたんだって!
お乳が ぴたりと とまり お父さんのトロルに、かわいい
子供を見せようと出かけたのに・・・
朝日が、でてきて みんな いしになってしまったんだって

ああ〜
もう少しで お父さんに 会えたのにね・・・

とても いい お話でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいそうな プチキュー  投稿日:2006/08/18
貝の子プチキュー
貝の子プチキュー 作: 茨木のり子
絵: 山内 ふじ江

出版社: 福音館書店
絵がきれいなんですね。  読んでみたい!!

小さな貝のプチキューは、ひとりぼっちだった。
つまらないと、思ってたのが、

つまらなくは ないんだ! なみより 自由に動けて いいんだ!

歩き出した プチキュー 海の中で
いそぎんちゃく くらげ たつのおとしごに出会い
 海には「きれいなものが いっぱい、あるよ」ほらあなへ 行ってごらんと、教えられた。

そしてね、海のうえの、星空をみた、プチキューは しあわせでした。

でも・・・かにに出会い、かにに馬鹿にされて、アワを吹こうとがんばりすぎて、気を失ってしまうのです・・・

貝がひらき、死んでしまった プチキュー 
かにが食べてしまうのですよ・・・ああ〜  なぜ?

貝殻が 波に洗われ・・・
その貝が、あまりにも かわいそうで 涙がでてきます。

ああ〜 あんなに がんばって 美しい星空 見てたのに
もう少し しあわせな 出会ってほしかった!

最後に、たつのおとしごが、星を尻尾に引っかけているの
プチキューは、星になってしまったのね・・・・

星になったら 幸せになれるのかしら?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あんしん あんしん  投稿日:2006/08/18
おならばんざい
おならばんざい 作・絵: 福田 岩緒
出版社: ポプラ社
それは とつぜん やってきた。

ぷうっ

ようこちゃん ほんとに 恥ずかしかったやろね!
気持ちよく分かるよ。

みんなの顔もおもしろい。
そして 先生が いいなあ〜

こんな先生だから 笑顔で 楽しそうな クラスなんだね!
みんなの めが きらきら かがやいている。

最後の し がいいな〜 
てつおくんの
 おならがでてしもた。
おしりもたいくつしてたんやなあと おもった。

ようこちゃんの
せんせいは いきているものは みんな おならするというた
くさや きや はなも おならするんやろか
きんもくせいの かおりは おならの においやろか。
こんな 発想ができるって すばらしい!

考え方一つでたのしくなるなあ〜
感動しました!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きつねのなわとび きつねの め がいいね  投稿日:2006/08/16
きつねのかみさま
きつねのかみさま 作: あまん きみこ
絵: 酒井 駒子

出版社: ポプラ社
おおなみ こなみ ぐるっとまわって きつねの め
私たちも、子供の頃、縄跳び 楽しかったので、とても 懐かしい!

「おおなみ こなみ ぐるっとまわって ねこのめ」と歌って足をぱっと ひらいて、縄をまたいだ。

絵本の きつねの姿が、かわいい!
りえちゃんが 縄をまわしてあげてる。自分の縄跳びだとしっても きつねのりえちゃんにあげるのです。
この場面が、なんとも いいんです。

帰り道 弟の けんちゃんが「そうかあ。おねえちゃんは、きつねのかみさまだあ。くくくっ」
むねが きゅんとした。

絵本を読んでる私も、むねが きゅんとしました。
参考になりました。 0人

4991件中 4941 〜 4950件目最初のページ 前の10件 493 494 495 496 497 ... 次の10件 最後のページ

親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット