アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子15歳 男の子11歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしています。・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

高学年になった下の子は、最近では児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。虫や魚、爬虫類にも興味があり、最近ではもっぱら歴史に夢中です。
歴史漫画は全巻揃えましたが、擦り切れるほどに熟読しています。やはり、本を好きになる環境も大切だと感じる毎日です。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
ピアノ
絵本
写真
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もいつしか1300を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1506件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かわいい!!ばぁ  掲載日:2018/1/23
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ
あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ 作: 新井 洋行
出版社: KADOKAWA
赤ちゃん絵本にはたくさんあるいないいないばぁっ!何が出てくるのかなと期待しながら待つ赤ちゃんの顔と、ページをめくった時の反応がとても嬉しいです。

色々な種類があり、どれも子どもは喜んできましたが、これもまたとってもかわいいです。

表紙がまず旬をとらえたチンアナゴ!というのもいいですね。
色合いと言い、出てくるキャラクターと言いとってもカラフルで可愛い仲間たちが勢ぞろいです。
そして、おばけだってみんなニコニコ笑顔。

見ているだけでこちらも楽しい気分になれる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一冊読み切りで中身が充実  掲載日:2018/1/18
大気汚染のサバイバル
大気汚染のサバイバル 文: スウィートファクトリー
絵: 韓賢東

出版社: 朝日新聞出版
小学生に人気のサバイバルシリーズです。
まだネタはつきないの?というくらいにどんどん出版されていて、どれも高が漫画と侮れない内容で子どももいつも楽しみに読んでいます。

大気汚染のサバイバルは一冊読み切りです。続き物のシリーズもたくさんありますが、読み切りのほうが好きなんだよなーとわが子はいつもいっています。

近頃は、大気汚染のニュースを耳にすることも多くなりました。幼稚園の時など、光化学スモッグ注意報が出ているからお外遊びはやめましょうなどと言われたこともあって、何となく聞いたことのある言葉ということもああって、こんな大変なことになるんだ!!ととても為になる内容だったようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これまで関心のなかったサバンナがわかる  掲載日:2018/1/18
サバンナのサバイバル
サバンナのサバイバル 文: 洪在徹
絵: 鄭俊圭

出版社: 朝日新聞出版
大好きなサバイバルシリーズは、どれもおすすめです。
元々興味のなかった分野に関しても、漫画だから読んでみようと思えるので、興味関心を引き出すきっかけになる一冊だと思います。

サバンナに関してもそうでした。
もともと、サバンナ自体には興味は全くなく、ただシリーズで読んでいなかったということがきっかけで手に取りました。

サバンナの密漁者、マサイ族・・今回も波瀾万丈ながら最後は助けられて無事に完結。
この漫画のお陰で、また新たな知識を得ることが出来たようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おやすみまえにぴったり  掲載日:2018/1/15
おつきさまのかぞえうた
おつきさまのかぞえうた 作・絵: 新井 洋行
出版社: えほんの杜
おつきさまがにっこり微笑んでいて、可愛らしい表紙が印象的です。
そして、かぞえうたとあるように、まるで歌を歌っているかのようにリズムがあって、聞いているだけでもなんだかうとうと眠りの世界に誘われそうです。

ひとつ、ふたつ、みっつと・・とおまで続く中で、出てくるものも眠りに結びつくものばかり、みみずく、おばけに羊・・静かな夜を連想させます。

子どものおやすみ前にぴったりです。文章は短いので小さなお子さんにもぴったりですし、読み方ひとつでより子どもの眠りを誘えそうです。

読んでいる私も静かな夜の気分に浸ることが出来ました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う テレビアニメ化するんですね  掲載日:2018/1/15
うちのウッチョパス
うちのウッチョパス 作: のぶみ
出版社: KADOKAWA
全ページ試し読みで一位になっていたので見てみたら、のぶみさんの新作でした。

まずウッチョパスという謎の生き物。
登場人物はやっぱりかんたろう。
何故どの絵本もかんたろうなのかなという素朴な疑問はさておき・・

コミカルでナンセンスで面白いと言えば面白いのだけれど、やっぱりこの絵本の中にも真っ二つに切れるシーンがあって、
「死んでしまいまちゅたー」と明るくさらりと死ぬという表現は出てきました。

私は、のぶみさんの絵本の中に、よくこの面白おかしく死ぬという表現が出てくるのが苦手です。
この絵本にはさすがに出てこないだろうと思っていたのですが、やはりありました。
それも、その場所だけでなく最後の裏表紙にまで。

「ふつう〜しにまちゅ〜」
という吹き出しが。

死ぬという言葉を私は子どもの前で軽々しく使いたくないと考えているので私には違和感がある絵本でした。

テレビアニメ化までされるということはやはり・・一般的にはとても面白いからなんでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 興味を更に深めるために  掲載日:2018/1/12
まんが 日本の歴史人物伝
まんが 日本の歴史人物伝 著: ムロタニツネ象
出版社: くもん出版
歴史好きな子どもが更に歴史の興味を一歩深める為に・・
おすすめです。

小学生の息子が歴史に興味を持ち、まず最初は日本の歴史全巻を読破し、その後、好きな時代を掘り下げて興味を持ち読んでいました。
好きな時代は更に興味を深められますが、社会の歴史の単元でこれから教科書に出てくる人物もまだまだたくさんいます。
もっと、歴史に登場する人物全体にも関心を持ってもらいたいなと思う気持ちから購入して家に置いて置きました。

かなりボリュームのあるまんがです。まるで辞書と言った感じです。でも他のシリーズでもこちらのくもん出版の歴史漫画は読みやすく、そしてわかりやすいと子どもが気に入っていたので、きっと同じシリーズだと関心を持ってくれるのではないかと思いました。

55人の有名な歴史人物について載っていて、気になるときは調べて読んでいます。まだ全ページ読んではいないようですが、歴史辞書のように読んでみるのも悪くないかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 胸がじーん・・と熱くなる  掲載日:2018/1/12
エルマー と にじ
エルマー と にじ 作・絵: デビッド・マッキー
訳: きたむら さとし

出版社: BL出版
エルマーの絵本って改めて読んでみると、本当にストーリーがとても温かくて、学ぶべきテーマが沢山投げかけられています。

今回のお話は、にじが消えてしまって、虹の端っこを探しに行くというストーリー。
登場する動物たちとの描写も可愛いのですが、それだけでなく、後半に出てきたセリフに・・思わず声に出してもう一度読みたくなるくらい胸がじーんとしました。

虹を取り戻したことで、エルマーの模様が虹色ではなくなるのではないかと心配した動物たちに向けてエルマーが発した言葉・・

いくらあげても減らないものもあるんだよ。

しあわせとやさしさ

なんて素敵なエルマーでしょう。

もう、このセリフでエルマーの大ファンになりました。
これまでは絵本をじっくりと読むことがなく、エルマーのキャラクターにばかり注目していました。とっても温かい素敵なストーリーに触れて改めてエルマーのファンになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 考えさせられるテーマが詰まった優しい絵本  掲載日:2018/1/12
ぞうのエルマー
ぞうのエルマー 作・絵: デビッド・マッキー
訳: きたむら さとし

出版社: BL出版
エルマーってストーリーよりもかわいいカラフルなキャラクターの方がイメージが強くて人気があるように思います。

でもストーリーもなかなか奥が深いなと思います。
小さな子には少しお話が長いようにも思えますが、カラフルなページに惹きつけられてきっと、大好きになることでしょう。

ただ可愛いだけでなく、みんなと違う色であるゾウという点にも考えさせられるテーマが詰まっています。

みんな同じ色である必要はない。それぞれにある個性はとても素敵な事。
そんなことを押し付けではなく、さりげなく感じ取れる絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う フルカラーで楽しく学べる  掲載日:2018/1/10
学研まんが NEW世界の歴史(1) 先史時代と古代オリエント
学研まんが NEW世界の歴史(1) 先史時代と古代オリエント 監修: 近藤 二郎
漫画: 加藤 広史
原作: 南房 秀久

出版社: 学研
日本の歴史本を全巻揃えたところ、子どもがあまりにも大好きになったのを見て、世界の歴史も一巻だけ最初に買い与えてみました。

私自身は、世界史は高校で習ったけど・・なかなか頭に入らなかった記憶があり苦手意識があるので、出来ればまんがでも良いので楽しく関心を持ってもらえたらと思っています。

聞き慣れない言葉や、カタカナの名前に、最初はとっつきにくそうですが、やはり、何度か繰り返し読むと、面白さがわかってくるようです。
一巻は世界の始まりから始まります。つまり138億年前のビッグバンからです。そして人類の誕生へと・・。奥が深いです。

全てまんがではなく、後半は要点がわかりやすくフルカラーでまとめられています。

最終的には全巻揃えたいと思いますが、少しずつ買い足して行こうと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う タイトルに惹かれました  掲載日:2018/1/10
ま、いっか!
ま、いっか! 作: サトシン
絵: ドーリー

出版社: えほんの杜
ま、いっか!
うちにもなんでも適当に済ませてしまう・・ま、いっか!が口癖の子がいます。
適当で、何も考えず行動していて・・・見ていてイライラすることもしばしば。
でも時に、そのま、いっか!というセリフに救われています。
小さな事をくよくよ考えて気にしてしまうタイプの人間からすると、実は羨ましいこのポジティブさ。
なので、このタイトルを見た時、ちょっと癒されたくてページを開きました。

想像の斜め上をいく、適当さ!絵本の世界ならではですが、そのレベルのすごさにはある意味感激すら覚える爽快さ。

物語があっという間におかしな方向にいってしまい、とても面白かったです。

ここまでくると、さすがにオーバーかもしれませんが・・型にはまって窮屈に生きているより、自分は自分!ま、いっか!と口にして時には力を抜くことも大切だなと感じます。

そんなホっとさせてくれる絵本でした。
参考になりました。 0人

1506件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット