おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子15歳 男の子12歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしています。・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

高学年になった下の子は、最近では児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。虫や魚、爬虫類にも興味があり、最近ではもっぱら歴史に夢中です。
歴史漫画は全巻揃えましたが、擦り切れるほどに熟読しています。やはり、本を好きになる環境も大切だと感じる毎日です。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
ピアノ
絵本
写真
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もコツコツ積み重ねいつしか1500を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら続けていく中でありがたいことに、賞を受賞する機会も増え大変、励みになっています。

ここで頂いたポイントをまた子どもの本へとまた還元させていただき、益々かけがえのない存在となっています。
今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1549件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい もやしくん!頑張れ!  掲載日:2018/6/18
やさいのうんどうかいおおさわぎ
やさいのうんどうかいおおさわぎ 作: さくら ともこ
絵: 吉村 司

出版社: PHP研究所
やさいというと・・子どもが良く知っているのはトマトにニンジンにピーマンに・・たくさんありますが、この絵本の中でスポットがあたっているのはもやしです。

そこがこの絵本の狙いなのかもしれません。

子どもの中でも、運動が苦手な子というのはいます。野菜の世界でも目立つ野菜の多い中、もやしのように陰のわき役的な存在になっていて、ひっそりと生きているものもあります。もやしくんは、まさにひょろひょろで運動が苦手。
でもそんなもやし君にも得意なことが。そして一等賞になります。

誰にだって苦手なことと得意なことがあって、それぞれに一生懸命頑張ればよいということを教えてくれます。
3歳児には少しストーリーが長かったようにも思いますが、運動会を経験した子どもに読むとそれなりにいろいろと感じることがあったようです。

運動会の導入としても良いかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おちゃめなおばけbaketakunn  掲載日:2018/6/18
ばけばけばけばけ ばけたくん おみせの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん おみせの巻 作・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
ばけたくんっておばけなのだけど、とってもかわいいおちゃめなおばけです。
そして、変身するのだけど・・いつもいつも中途半端でそこが憎めません。

シリーズで読んだことがあるのですが年少さんは大笑いしながら楽しんでみています。
この繰り返しの絵本はやはり3歳児くらいの年齢にはぴったりです。
そして、変身しても、どこか前の余韻を残しているので、そんなばけたくんのしっぱいを探すのが楽しみの一つでもあります。
いくらのつぶつぶが最後まで残っていて、子どもも大喜びしていました。

どのシリーズも最高に面白いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 閲覧注意??なかなか怖いです!  掲載日:2018/6/11
こわめっこしましょ
こわめっこしましょ 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
デザイン: 竹藤 智弥

出版社: 絵本館
こわめっこ?って何?聞いたことのない言葉で一瞬戸惑いましたが・・にらめっこと似ているのかなと思いながらページをめくりました。
表紙を見た時に、一瞬、仕掛け絵本かなと思えるほど立体的に見えました。
(でも仕掛けは特にありません)
表紙の一つ目小僧を見ただけでは・・なんだかほのぼのとしたおばけ絵本かしら?と思われてしまいますが・・ページをめくるとなかなかリアルに怖いです。ゾンビのページなどは・・小さな子にはちょっと衝撃が強すぎるかも。オニのページもはじめのオニがニコニコ笑っているので余計に次のページのオニの顔がこわい!
ツペラツペラさんの絵本でもこんな怖いテイストのイラスト描けるんだなぁとある意味感心、そして新鮮さもありました。

でも、中をみてから子どもに読んでみることをお勧めします笑
なぜなら・・・本当に怖がらせてしまうかもしれないから!!

でも個人的にはとてもユーモアがあって面白いと思う絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 虫歯予防の導入として  掲載日:2018/6/5
はみがきごっこ
はみがきごっこ 作: きむら ゆういち
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 佼成出版社
虫歯予防ではみがき指導をする際に、導入絵本として活用しました。
美味しいケーキを食べたあこちゃん、歯磨きをしないといけないのだけれど・・
自分が磨くのではなくて、わにさんやうさぎさん、くまさんと人形にはみがきをしてあげます。
でもみんながとってもいい気持ちになるのを見ていて、私もはみがきしたいー!

自分で上手に磨き、最後はお母さんに仕上げ磨きをしてもらうという話の展開が3歳児にもわかりやすく、最後はぶくぶくぺーもすることも丁寧に描かれています。

はみがきの大切さや楽しさ、気持ちよさを子どもにわかりやすく伝えてくれるので導入としてはぴったりでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい仕掛けがついた紙芝居  掲載日:2018/6/5
紙芝居 いたずらおばけ
紙芝居 いたずらおばけ 作: 久地良
画: 尾崎 真吾

出版社: 教育画劇
2,3歳児向けの小さな子でも楽しめる紙芝居を探していた時に見つけたのですが・・読んでから気づいたのがとっても楽しいしかけつき!ということ。
8枚の短い紙芝居なのですが、お化けの目の色が変わったり・・おばけが部屋の中に入ってきたり、簡単で楽しい仕掛けがついています。

子どももいつもの紙芝居以上に楽しんで聞いていたと思います。

ちょっと怖いおばけ。でも怖いもの見たさで覗いてみたいという好奇心をより掻き立ててくれます。

事前に読み方を練習して楽しく読み聞かせしてあげることをお勧めします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏祭りに登場するものいっぱい!  掲載日:2018/6/5
ばけばけばけばけ ばけたくん おまつりの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん おまつりの巻 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
ばけたくんはおばけだけどとってもかわいいおばけです。
そして食いしん坊!

食べたものに変身してしまうところが子どもにもわかりやすくうけます。
今回のシリーズはお祭りに登場するチョコばなな、かきごおり、やきそば、とうもろこしなど・・美味しいものが登場します。

ページをめくるたびに子どもたちは「うわー!!」と変身ぶりに大笑いしながら喜んでいました。

シリーズであると、次の楽しみもあり、よいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界的に大ヒット!というこの話題の本  掲載日:2018/6/1
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング 作: リンダ・リウカス
訳: 鳥井雪

出版社: 翔泳社
この絵本を前に本屋さんのプログラミングのコーナーで並んでいるのをみつけました。フィンランド発の子どものためのプログラミング絵本ということで、世界的にも大ヒットしているとのことが書かれてあり関心を持ちました。

最近、小学生でもプログラミング教室などが人気がありよく目をします。
コンピューターを子どもの頃から操ることも大切なことかもしれません。
この絵本は、プログラマーになりたい子が読む本でもなく、あくまでもルビィを中心にした冒険ストーリーになっていて、例えば、毎日の生活の中で起こり得る数々の問題をどうやって解決していくかということを、少しずつ小さな問題に分けて考えたり、自分で筋道を立てて考えることの大切さを教えてくれます。

宝石をみつけるという大きな問題にぶつかった時に、それを一つ一つ対処可能なことを整理しながら解決していく手立てを考えるというのは、プログラミングの基本の基本なのだなということを感じます。

プログラミングときくと、なんだか難しそうでとっつきにくさもありますが、実はそんなに難しく考えることはないんだよという著者のメッセージが込められており、世界的に大人気になったのかなと思います。

親子で共に、プログラミングを知る!まずそのためにこの一冊に出会うというのも素敵なプログラミングとの出会いになるかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 忍者をもっと詳しく知ろう  掲載日:2018/6/1
にんじゃなんにんじゃ
にんじゃなんにんじゃ 作・絵: 中垣 ゆたか
監修: 山田 雄司

出版社: 赤ちゃんとママ社
忍者って、子どもの時、なんとなくよくわからないけれどでもかっこいいと憧れを持ったという人は多いのかもしれません。

物語などでも度々登場するので、子どもにもよく知られています。知っているようで実は・・詳しく知らないというのは私だけではないかも。

この絵本は、遊びながらも忍者にまつわる知識が豊富に載っているので楽しく学べる絵本です。
子どもの大好きな探す絵本なので、一ページで何分でも見つめられていられます。

忍者修行のことや、忍者の術、手裏剣の種類など・・とても詳しく載っているので、忍者を漠然とかっこいいと思っているこにも、忍者は知っているけど実はどんな存在だったの?という大人にも面白いと思います。

遊びながらより忍者を知れる。こんな嬉しい絵本はないと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おさがりってとっても素敵  掲載日:2018/5/28
おさがり
おさがり 作: くすのき しげのり
絵: 北村 裕花

出版社: 東洋館出版社
タイトルを見て・・なんだかふっと幼少期が蘇ってきて思わず自分の経験と重ね合わせて関心を持ちました。

私もきょうだいのおさがりを着たり、持たされることが多かったです。
今自分が親になりそれはごく自然なことだとわかるのに・・やはり私もいつも新しいものを買ってもらえないことに対して「ずるいな。」一人っ子や一番目でいつもピカピカのものを持っている友だちに対して「いやだな」「羨ましい」という感情を持っていたことを思い出しました。

でも、先生の言葉でおさがりってなんだかとても素敵なことなんだということに気づかされます。
それに、自分だけだと思っていたおさがり・・
意外とみんな大切に使っていることもわかります。

ものが普及しているこの世の中、お金を出せばすぐに何でも手に入るけれど大事に使おうという意識を持つことを子どもにも持つきっかけにも繋がると思います。

おさがりってなんだかとっても素敵なこと。
身の回りにあるおさがりを探したくなる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一緒にカレーを作っている気分  掲載日:2018/5/24
ぐるぐるカレー
ぐるぐるカレー 作: 矢野 アケミ
出版社: アリス館
カレーが食べたくなる絵本です。
材料を順番に入れていきます。〇が書いてあるのですが、お鍋を見立てています。

次は何入れる?と子どもとページをめくりながら読み進めていけるのでとても楽しく盛り上がること間違いなしです。

そして、みんなでぐるぐるとまわしてみようというページがこの絵本の楽しいところ。
みんなでぐるぐるぐるぐる・・・もう混ざったかな?できたかな?などとカレーを作っている気分を味わいながら読むとより楽しさも増すでしょう。
参考になりました。 0人

1549件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット