そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子16歳 男の子12歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしています。・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

高学年になった下の子は、最近では児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。虫や魚、爬虫類にも興味があり、最近ではもっぱら歴史に夢中です。
歴史漫画は全巻揃えましたが、擦り切れるほどに熟読しています。やはり、本を好きになる環境も大切だと感じる毎日です。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
ピアノ
絵本
写真
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もコツコツ積み重ねいつしか1500を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら続けていく中でありがたいことに、賞を受賞する機会も増え大変、励みになっています。

ここで頂いたポイントをまた子どもの本へとまた還元させていただき、益々かけがえのない存在となっています。
今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1558件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 是非親子で聞いてみてほしい  投稿日:2018/08/26
頭のいい子が育つクラシックの名曲45選
頭のいい子が育つクラシックの名曲45選 出版社: 新星出版社
クラシックが好きな方もそうでない方も楽しめる一冊です。
絵本が好きで音楽が好きな方なら、まずこのほんの可愛いイラストの数々にも魅了されることと思います。
それぞれの曲や音楽をモチーフにしたページごとのイラストがとにかく可愛らしい。
イラストを見ながら、なるほど・・この曲はこういう曲なのかと知ることも出来ます。
また、CDもついているのでページを開けながら一緒に楽しむこともできます。
どの曲もクラシックに馴染みのない方でも一度は耳にしたことがあるようなメジャーな曲が中心に収録されています。
CDがついてそしてこの本のボリュームなのでとても価値あると思います。

頭のいい子に育つといううたい文句はどうかわかりませんが・・
親子で、こうやって音楽を共に聴く時間を大切にすることはとても心豊かにしてくれそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 現代風でこれまたよし!  投稿日:2018/08/19
3びきのこぶたと4ひきめのこぶた
3びきのこぶたと4ひきめのこぶた 作・絵: きしら まゆこ
出版社: 教育画劇
誰もが知っているさんびきのこぶたのお話。

それを知っている全逓で読む絵本です。
もし、ここに4匹目のこぶたがいたら??
ちょっとコミカルに描かれていて、ストーリーを知っている子どももきっと楽しめる内容だと思います。

こんな風に、既存のお話を自分でアレンジで創作してみるというのも楽しいなと思いながら読みました。

そして、最後はおおかみさんも改心して、みんなハッピーエンドというのも
現代風で良いと思います。

元のストーリーだと・・おおかみさん最後はかわいそうな結末ですからね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 文字は少ないですが内容は重い  投稿日:2018/08/12
すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》
すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》 文: ローズマリー・マカーニー
訳: 西田 佳子

出版社: 西村書店
2018年度の3,4年生の課題図書として並んでいたので手に取りました。写真絵本のように文字は少ないので読むだけでは1,2年生でも充分読める内容ですが少ない中に訴えかけてくるテーマは非常に重く、そういう意味ではしっかり考えるためには3,4年生が適しているのだろうなということを感じました。

この本を読むといかに日本が恵まれているのか、当たり前のように生活しているこの環境がとても素晴らしいことを感じる事と思います。
いろいろな国のいろいろな通学事情を知ることができ、大人の立場としても、安全に見守られながら通学できることに感謝しなくてはならないと改めて思いました。

家族のために必死に水を運びながら通学する姿には胸がうたれました。
それでも・・学校が楽しいから!

学びたいという気持ちが生き生きと伝わってきました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やさいのおばけがいっぱい  投稿日:2018/08/10
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
おばけばたけというタイトルを聞くと、なんだかダジャレが登場するのかな?と興味が湧きました。
そして、子どもにもかかわらずおばけの絵本は人気です。

いかにも、おばけが出てきそうな怪しげな絵も次へのページをめくりたい気持ちにさせてくれます。

いろいろなおばけが登場しますが、どれもそんなに怖くなくて野菜に因んだ名前がむしろ可愛らしく思えます。

でも実は・・男の子、お化けを怖がらないと思ったら…

最後の方のページのカレー迷路は子どももすきそうです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい もっといいものも見つかったね。  投稿日:2018/08/10
ちいさなエリオット おおきなまちで
ちいさなエリオット おおきなまちで 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
外国の絵本らしい優しいイラストにまず惹かれました。
そして主人公のエリオット。小さな象なだけでなく、水玉模様。なんだかそれだけでも可愛くて、お話の世界に吸い込まれました。

小さな体では気がついてもらえなかったり、大好きなカップケーキも買えなくて不自由なことも多いのだけれど・・でも自分よりも小さなネズミと出会うことで変わります。

この絵本の中では、大切なものを得た時、読み手には間接的にエリオットの気持ちが書かれています。

せかいいち せのたかい ぞうに なったような きぶん

この一文に、エリオットの小さな自分を認めるような前向きな気持ちが見えてきた気がしました。

そんなことも感じながら読むと、より素敵な絵本だと感じることができると思います。

最後の終わり方も素敵!

もっといいもの・・

えられて良かったです。
心があったまる絵本でした。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 禎子さんのお兄さんが書かれた本  投稿日:2018/08/09
禎子の千羽鶴
禎子の千羽鶴 著: 佐々木 将弘
絵: くまおり 純

出版社: 学研
広島の修学旅行の前に、子どもが借りてきました。
原爆の子の像を見に行く前に、学校でも勉強しますが、禎子さんのことを書かれた本の中で、親の私が一番、心に響いた本です。
というのも、この本は作者が実の兄であるという点です。

兄から見た妹の禎子さんの様子が、他の本とは違いリアルに描かれている気がしました。

禎子さんは、本当に家族思いだったことを感じると胸が熱くなりました。
始めの千羽鶴は自分の病気が治りますように・・そして、次の千羽は父の借金がなくなりますように・・と小さな12歳の心で病床にいることを心苦しく思っていたのでしょう。

我が子もこの本を読んだ後に、自分が今健康に生きていることは当たり前ではなく、感謝しなくてはならない、今年は昨年以上に祈りをこめて千羽鶴を折りたいと感想に書いていました。

小学生の子どもさんが平和、戦争を学ぶ時にはよく佐々木禎子さんのことを学習しますが、こちらの本は是非おすすめしたいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 平和を考える  投稿日:2018/08/09
おひさまとおつきさまのけんか
おひさまとおつきさまのけんか 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
3歳児の平和登園の時に平和を考えるテーマとして毎年読んでいる絵本です。

戦争や原爆のことなど・・3歳の子どもには難しいですが、多くの言葉はいりません。喧嘩をしたら嫌な気持ちだな。動物たちも泣いていて可哀そう・・
仲良くしよう、相手の気持ちを考えてみようという平和の原点が見えてきます。

多くの色を使わず、黒のバックの中に原色の色が際立ってより、集中させてくれます。

3歳なりに、真剣に集中して平和を考えることができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプルだけどメッセージがたくさん  投稿日:2018/06/27
はじめはタマゴ
はじめはタマゴ 作: ローラ・ヴァッカロ・シーガー
訳: 久山 太市

出版社: 評論社
まず、このイラストにひかれました。大胆ででもシンプルな色使いで外国の絵本らしいなと。

ストーリーもとてもシンプルにまとまっていて、そしてわかりやすい。
小さなしかけの〇があいていて、はじめはたまご・・そして・・というフレーズと共に、生命の進化していく様子もわかります。
おたまじゃくし、そして、かえる、
けむし、さなぎ、ちょうちょ
たね、ふたば、お花・・

子どもと一緒にページをめくりながらゆっくり読みたいなと思う絵本でした。

物事のはじまりを感じて、今存在することに対して感謝の気持ちも生まれます。
短いけど色々なメッセージが伝わってくる絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ばけたくんはどこ??  投稿日:2018/06/27
ばけばけばけばけ ばけたくん かくれんぼの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん  かくれんぼの巻 作: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
ばけたくんシリーズは3歳児にもわかりやすく、シンプルで繰り返しのある読み聞かせでも盛り上がる絵本ですが、これは少しいつものとは違います。
本の大きさも一回り大きいし、年齢的にも3歳児よりも少し、大きい年齢でも良いかなと思います。
というのもばけたくんを探す難易度が意外と高い!

いつものばけた君シリーズは小さな子どもでも、次にどうなるかなと想像が出来る化け方ですが、こちらは、どちらかというと、よくあるさがしもの絵本みたいに、じっくりと絵本を開いて探さないとすぐには答えがわからないようになっています。

なので読み聞かせというよりは、親子で一緒にページをめくりながら探すというような読み聞かせの時に適しているかなと思います。

でも子どもも大好きなばけた君なので、きっと楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もやしくん!頑張れ!  投稿日:2018/06/16
やさいのうんどうかいおおさわぎ
やさいのうんどうかいおおさわぎ 作: さくら ともこ
絵: 吉村 司

出版社: PHP研究所
やさいというと・・子どもが良く知っているのはトマトにニンジンにピーマンに・・たくさんありますが、この絵本の中でスポットがあたっているのはもやしです。

そこがこの絵本の狙いなのかもしれません。

子どもの中でも、運動が苦手な子というのはいます。野菜の世界でも目立つ野菜の多い中、もやしのように陰のわき役的な存在になっていて、ひっそりと生きているものもあります。もやしくんは、まさにひょろひょろで運動が苦手。
でもそんなもやし君にも得意なことが。そして一等賞になります。

誰にだって苦手なことと得意なことがあって、それぞれに一生懸命頑張ればよいということを教えてくれます。
3歳児には少しストーリーが長かったようにも思いますが、運動会を経験した子どもに読むとそれなりにいろいろと感じることがあったようです。

運動会の導入としても良いかもしれません。
参考になりました。 0人

1558件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット