あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

Pocketさんの公開ページ

Pocketさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子16歳 男の子12歳

自己紹介
絵本が大好き、図書館大好き、子どもが大好きです。
子どもと関わる仕事をしています。・・絵本は特に好きなものの一つです。

絵本ナビに投稿を始めたころはまだ子どもも小さく、たくさん読み聞かせしてきました。
こちらに投稿することがきっかけで、子どもと読んだ貴重な絵本の記録にもなっています。

高学年になった下の子は、最近では児童書、図鑑、少し長い児童書も読むようになりました。虫や魚、爬虫類にも興味があり、最近ではもっぱら歴史に夢中です。
歴史漫画は全巻揃えましたが、擦り切れるほどに熟読しています。やはり、本を好きになる環境も大切だと感じる毎日です。

仕事柄、絵本と触れ合う機会も多く、色々な絵本との出会いを通して、喜んだり・・考えたり、笑ったり。
キラキラした瞳で絵本を見つめる子どもの姿が大好きです。
まだまだこれからもたくさん素敵な絵本に出会いたいです。


本が大好きな子になーれ♪
好きなもの
ピアノ
絵本
写真
ひとこと
絵本は心を育ててくれる大切なもの。

小さな頃に絵本にたくさんたくさん親しんだことは、大人になっても忘れません。
何か支えになったり、助けになったりもします。

ここでのレビューが増えていくに連れて親子の絵本時間もどんどん中身の濃いものになっていく・・
そう信じて始めたレビュー記録もコツコツ積み重ねいつしか1500を超えました。

一つ一つのレビューを丁寧に・・をモットーにしながら続けていく中でありがたいことに、賞を受賞する機会も増え大変、励みになっています。

ここで頂いたポイントをまた子どもの本へとまた還元させていただき、益々かけがえのない存在となっています。
今後も絵本ナビを利用していきたいと思います。

Pocketさんの声

1579件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 読んだ後にはコロコロしたくなる?  投稿日:2018/10/27
ぐるりん ラグりん
ぐるりん ラグりん 作: 新井 洋行
出版社: 大日本図書
繰り返しのリズムが楽しい絵本です。
ダンゴムシやヘビ、さるさんなどなじみの深い生き物たちが出てきます。
これを読んでいると、コロコロコロ〜と転がりたくなってしまいそう。

最後には皆にもやってみようと問いかけています。
親子で身体を動かすのも楽しそうです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 間近で見る迫力を味わえるシリーズ  投稿日:2018/10/27
ほんとのおおきさ水族館
ほんとのおおきさ水族館 監修: 小宮 輝之
写真: 松橋 利光
絵: 柏原 晃夫
文: 高岡 昌江

出版社: 学研
ほんとの大きさ動物園を読んだ時に、今にも噛みつかれそうなトラの口や目の前にいるリアルさに虜になりました。

動物園や水族館には行く機会があっても、間近で見るということは難しかったりします。
でもこの本は、その間近に見る迫力をうまく再現してくれています。

この本を広げると一緒に海の中で泳いでいるような、いるかの傍でいるようなそんな気持ちにもなれました。

これをみてから水族館へ行くのも良いし、反対に行った後に見てみるのも面白いと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怖いくらいに大きい!  投稿日:2018/10/27
びっくり!ジャンボ昆虫園
びっくり!ジャンボ昆虫園 監修: 岡島 秀治
写真: 安田 守
絵: 柏原 晃夫
文: 高岡 昌江

出版社: 学研
本もとっても大きいのですが、表紙のカマキリの写真がもう怪獣に見えてくるくらいに大きくて迫力がある写真です。

本当の大きさの動物の本を子どもが気に入り見ていたのですが、こちらは実際の昆虫を拡大したとっても大きな写真です。

見開きでめくれるところもあり、昆虫のリアルがいっぱいつまった図鑑です。

拡大してみて初めて気づくこともたくさんあって、ただ大きくて驚くだけではなく、身体の仕組みなども理解しやすいと思います。

虫が苦手な人にとっては、かなりリアルかもしれませが、子どもにとってはワクワクドキドキがいっぱい詰まっていると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 答えが決まっていないからこそいいのかな?  投稿日:2018/10/26
心ってどこにあるのでしょう?
心ってどこにあるのでしょう? 作: こんの ひとみ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
ストレートなタイトルと、いもとさんの可愛いイラストに思わず目が留まります。

心ってどこにあるのでしょう?

こう聞かれたら・・大人だったらもしかしたらシンプルに胸のところをさすかもしれません。それとも頭で考えているのだから頭と答えるかも。

でも・・子どもならいろいろな答えが出てくるかもしれないなと思います。
そんな「こころ」について一緒に考えてみるというのもとても素敵かもしれません。

おなか、あたま、目?

いろんな意見を聞いてみたいなと思いました。

答えが決まっていないからこそ・・考える機会が生まれます。
年長さんや小学生の低学年でも読みかせてみれば、子どもの素直な気持ちが聞けるのではないかなと感じました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う え!?表紙のモンスターと同じ顔になりました  投稿日:2018/10/26
おともだち たべちゃった
おともだち たべちゃった 作: ハイディ・マッキノン
訳: 中西 史子

出版社: 潮出版社
表紙のキャラクターのえ!??という表情に思わずページをめくりたくなってしまいます。

おともだちを食べちゃったの?なんで?

そんな気持ちでどんなストーリー何だろうとドキドキしながら読みました。
このドキドキは期待というよりはむしろ緊張感のドキドキです。

なかなか日本の絵本にはないストーリー展開でよく言えば外国の絵本らしく、意外な面白さがあります。でも、ハッピーエンドを好む方でしたら、後味の悪さというか・・この結末がなんだかおもしろさと捉えられないというか好みが分かれるかもしれません。

私は後者の方だったので驚きの方が大きかったです。
でも、いろいろな絵本があり、作者によって伝えたいポイントが違うからこそ絵本って面白いのだと思います。

いろいろな視点で、こんな考え方もあるのだなと読んでみるのが面白いと思います。

でも・・結末は・・
実際に手に取って読んでいただくことをお勧めします♪

そう言われると読みたくなってしまうので不思議ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一般的な偉人伝とは違う新鮮さ  投稿日:2018/10/26
世界を変えた50人の女性科学者たち
世界を変えた50人の女性科学者たち 著: レイチェル・イグノトフスキー
訳: 野中モモ

出版社: 創元社
過去に活躍された偉人の本はまんが本になっていて、子どもも読む機会がありましたが、これまでそういえばほとんど男の方だったと思います。
それを女性だけにスポットをあてて50人も集めたとてもレアな一冊です。

目次を開けても・・恥ずかしながら私の知っている名前が一人もいない!!
でも、どの50人の女性も後世に素晴らしい何かを伝えた方ばかり。天文学者であったり、数学者であったり、お医者様だったり。化石コレクターという方もいました。残念ながら私が知っているのはキュリー夫人だけでした。

かかれている内容は少し難しいようにも思いますが、小学生なら読めるように難しい言葉にはふりがなもうってくれているので興味がある子どもならきっと読みやすいと思います。

女性が教育を受けることを制限されていた時代もあったと思います。女性だということで論文を発表することも許されなかった時代もあったようです。
しかし、その中でも自分のしたいことを懸命に研究して、偽名を使ってまで後世に伝えようと努力をした女性たちの功績がとても細かく書かれています。

内容はとても充実していて図鑑の様にもぎっしり詰まっているものの、イラストが幻想的というか、美しくて、普通の偉人伝とはまた違い、女性に読んでもらおうという意図もあるのかな?とも思います。

日本でもリケジョという言葉が最近聞かれますが・・やはりこの偉人伝に載っているのは日本人はいないです。
欧米の方がやはり進んでいたということなのでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言葉遊びも楽しめそうですね  投稿日:2018/10/08
そらから ふるもの なんだっけ?
そらから ふるもの なんだっけ? 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
オニの子だけど、あんまり怖くなくて可愛い印象を受けます。真ん丸顔で岩田さんの描くキャラクターは目がくりっとしていて愛嬌があります。

空から降るものといえば・・・3歳くらいなら「雨―!!」と即答で答えが返ってきそうです。
でも、このかわいい鬼の子ちゃんは、なんだっけ?とわからない様子、次々とありえないものを降らせてしまいます。

その展開が、きっと子どもも違うよーっと突っ込みつつも楽しみながら次のページをめくることができると思います。

お尻にめがつく二文字の言葉って・・・色々ありますね。

〇めの文字を読み終わった後に子どもと考えてみるのも楽しいなと思いながら読んでいました。
かめ、こめ、まめ、さめ・・あめはあめでもキャンディー!

楽しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい えーー!!まさか  投稿日:2018/10/08
はらぺこソーダくん
はらぺこソーダくん 作: 岩田 明子
出版社: 佼成出版社
ばけた君シリーズで大ファンになりました。このはらぺこソーダ君もどこかばけた君と通ずるものがあるというか・・愛嬌のある真ん丸のお目目が可愛らしいです。
そしてソーダのシュワシュワ感も美味しそう!

お話の展開も小さな子どもから楽しめる繰り返しではらぺこのソーダ君がにょろ〜っとストローを伸ばして果物などを吸っていくと、ジュースのグラスがきれいな色に変身していくという流れが次はどうなるの?というこどもの興味をひきつけます。

途中でまさかまさか!!猫登場。さすがの私もえ!??まさか!!と思いましたが、面白い発想ですね。

ばけた君シリーズが大好きな子どもたちならきっとこれも大好きだと思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これまた奇想天外!面白い  投稿日:2018/10/08
とんねる とんねる
とんねる とんねる 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
岩田明子さんって、とっても面白い方なんだろうなと・・想像します。どの作品も、えー!?と思うような楽しい展開が待っていて、大人も子どもも笑わずにはいられません。

ばけた君、ソーダ君共になんて楽しい展開なのだろうと思いながら読んでいましたが、このお話も、序盤はトンネル遊び楽しいな〜と思いながら読み進めていたのに、そこ入る??入れる?という展開へ。

もぐらさんの掘ったトンネル・・みんなみんな通ってしまうのです。
まさかまさか、と思いながらも絵本の世界はそんなことも実現してしまうのですから楽しいですね!

ますます岩田さんのファンになってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さな子も期待しながら読める  投稿日:2018/10/08
どっしーん!
どっしーん! 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
表紙のワニさんのこの痛そうだけど・・どこか笑ってしまいたくなるようなユーモアあふれる姿に思わずページをめくりたくなってしまいます。

子どもたちの好きそうな「どっしーん」という擬音語が次々登場して、それだけでも充分楽しいのですが、ぶつかる度に動物の一部がミックスされてしまってへんてこな動物に。

小さな子どもでも次はまた変身するぞ!という次の展開を期待しながらページをめくることができるのがいいですね。

そして、その変身っぷりはすごい変!で面白い。ユーモアあふれています。

最後の最後の展開もハチに刺されるという展開が面白いし、みんなが元通りになって一件落着で楽しい余韻が残り面白かったです。
参考になりました。 0人

1579件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット