新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

TOP500

** for dear **

ママ・30代・大阪府、男9歳 男6歳

  • Line

** for dear **さんの声

430件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 意外性が楽しい!  投稿日:2007/06/30
みつけたみつけた
みつけたみつけた 作: ブライアン・ワイルドスミス レベッカ・ワイルドスミス
絵: ブライアン・ワイルドスミス レベッカ・ワイルドスミス
訳: 香山 美子

出版社: フレーベル館
ページをめくるたびに。。あれれ???
扉を開けると、次から次へと想像もつかない動物達が
現れるの!!長男もえーっ?!の連続でした(笑)
最後のおやすみのシーンでは思わず微笑んでしまいますよ。
ちょっと狭いけど、いい夢見れそうだね^^☆
とっても意外性を満喫できる絵本でした♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もっともっとーっ♪  投稿日:2007/06/30
カルちゃんエルくんたかいたかい
カルちゃんエルくんたかいたかい 作・絵: いわむら かずお
出版社: ひさかたチャイルド
繰り返し繰り返し『たかい たかい』と高さを競い合う
カルちゃんとエルくん、可愛いね〜♪
子どものもっともっと♪の気持ちとぴったり重なります^^☆
次男もトランポリンで高い高い!!と飛び跳ねています。
すっかり絵本の世界に入り込んでいるのかな^^?
いろんな昆虫が登場するのも楽しい絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんな大らか☆  投稿日:2007/06/29
カピバラくん
カピバラくん 作・絵: たなか しんすけ
出版社: 理論社
えっ?!『カピパラ』じゃなかったの?!という母の覚え間違いから
偶然手に取った絵本でしたが、そこに描き出される何とも言えない
『間』に思わず吹き出してしまうお話でした^^♪

カピバラくん家は、パパバラ・ママバラ・ジジバラ・バババラ
そして、カピバラくんの5人家族。
カピバラって世界一大きいネズミなんだね〜^^☆
家族みんなでピクニックに出かけようとしたら、雨が。。
その後のおうちでの過ごし方があまりにもよくありがちで、
そうそう!どこも一緒か!と笑っちゃうんです^^☆
とっても大らかなカピバラ一家のお話でした♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きな絵本♪  投稿日:2007/06/29
ビッグブック はらぺこあおむし
ビッグブック はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
長男の誕生祝にいただいたこのビッグブック。
ページを開くと1メートル以上になります。
あおむしも果物も何もかもがビッグサイズに描かれていて
迫力満点♪色鮮やかな絵の楽しさを倍増してくれます。
大きな仕掛けの穴には、あおむしのぬいぐるみを通して
何度も何度も夢中で遊んでいる姿に母はとても癒されます。
今は本よりも大きくなってしまった我が子達ですが
小さい頃は本に埋もれているような感じでした^^;
増えていく果物の数、曜日の感覚、そして虫が成長する過程。
最後の蝶になった姿には感動すら覚えます。
たくさんの楽しみが盛り込まれた素敵な絵本ですよね。
まだまだ大活躍しそうな我が家のお気に入り絵本です!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ありえん。。(笑)  投稿日:2007/06/29
がんばれ! パトカー
がんばれ! パトカー 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
臨場感たっぷりに描かれたおまわりさんのお仕事。
主人曰く、絵本でこのストーリー。。いいのん?(笑)
まるでテレビドラマのような大迫力場面がありますよ〜!!
長男もこれには身を乗り出して見入っていました。
なかなかこのような事件に出会うことはないでしょうが、
この絵本を読んだら、警察にあこがれちゃう子どもが
増えるでしょうね〜^^☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい それでいいのか?!(笑)  投稿日:2007/06/29
みどりいろのたね
みどりいろのたね 作: たかどの ほうこ
絵: 太田 大八

出版社: 福音館書店
幼稚園で去年の晩秋に植えたスナップエンドウの収穫をしてきた長男が
急に『あれ!あの種の絵本読んで〜!』と帰ってきたので久しぶりに読みました。
(アレでわかる母もすごいよね、と思いつつ。。笑)

種を蒔いて、ちゃんと世話をして大事に育てる、そして収穫の喜びを知る。
植物を育てる楽しみはこんなところにあるように思うのだけれど
この絵本は少し違いますよ〜^^☆
母としては、それでいいのか〜?!ってツッコミ入れたくなっちゃいます。
でもね、とっても楽しいの。夢があります。
長男もおそらくいろいろ想像を膨らませながら、マメの栽培を
楽しんできたのかもしれません。
もしかして、まあちゃんのように何か違うものを植えていたのかな^^?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい てんてん どこー♪  投稿日:2007/06/29
てんとうむし どーこ?
てんとうむし どーこ? 作・絵: 得田 之久
出版社: 童心社
次男が何故か長男に読んでもらいたがる絵本です。
得田氏のこのシリーズは長男も大好きだったので暗記している
ほどですが、2人仲良く読んでいる姿を見ると嬉しいものですね。
てんとうむし探しが楽しめるこの絵本は、最後のちょっとした
仕掛けも子ども受けがいいですね^^☆
ちょうどてんとうむしを幼虫から育てて離してあげたところ
なので、草むらに行っては、『てんてん どこー?』と
探している次男です^^;(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ベタなネーミングだ!(笑)  投稿日:2007/06/29
トコロウとテンジロウ
トコロウとテンジロウ 作: 天野碧海
絵: 山口 マオ

出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
海に漂うテングサの兄弟トコロウとテンジロウが、
トコロテンになるまでを描いたお話。

母はタイトルのベタさが妙に気に入っちゃいました(笑)
なんで?あの赤い海草がこんなにつるんつるんの食べ物に
変身するんだろうね〜♪不思議不思議^^☆
長男はかたまりの寒天が、にょ・にょ・にょーん(笑)と
木枠から飛び出してくるトコロテンの姿に大笑いしていました。

巻末には天草から作る心太レシピが載っていて、もちろん
長男から作って〜♪のリクエストがあがったのですが。。。
母は天草が売られているのを見たことがありません(泣)
海の近くのお店なら売られているのかしら??
でも、何でも家で作れるんだ!と改めて思いました。

とりあえず、スーパーでトコロテンを買ってこようかな♪
暑い夏はのど越しのいい冷たーいトコロテンがサイコーよね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そうなんだよね〜♪  投稿日:2007/06/29
アネゴンたいタロラ
アネゴンたいタロラ 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
まるで映画のような続編シリーズ化していくタイトルと
だんだんエスカレートしていくケンカシーンには
大いに笑わせていただきました。
どこかで見た風景。。そうそう!我が家だわ!(笑)
でも、兄弟って起きているときはケンカばかりしている
ように思うけど、ホントは仲がいいのよね。
寝ているときの姿なんて、我が家もこんな感じ!
2人引っ付いたり、重なったりして寝ています^^;
そういう姿をみると昼間のケンカは何なんだぁ?って
母としては不思議に思っちゃいます。
兄弟のケンカはほっとくに限る?!のかな(笑)
最後にはちょっぴりホロッとさせられます♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春の木漏れ日♪  投稿日:2007/06/29
14ひきのぴくにっく
14ひきのぴくにっく 作: いわむら かずお
出版社: 童心社
目も心も癒される大好きな14匹のシリーズ。
春の優しい光が溢れる里山は、野の花が満開です。
細やかに描かれた絵の中から見たことのある草花や昆虫を
見つけてはいろいろ教えてくれる我が子達の姿にも癒されます。
いわむら氏の世界は本当に素敵ですね。
こんなふうに自然を身近に感じながら暮らしたいものです。
参考になりました。 0人

430件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット