新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

ちゃまこ

その他の方・30代・北海道

  • Line
自己紹介
皆さん、初めまして。
北海道に住む30代の主婦です。
20代の頃は、幼稚園、幼児教室で先生をしていました。
子供の頃から本好きで、私のまわりにはいつも色んな本がありました。
本を開くと、やさしい気持ちになったり、楽しくなったり、時にはせつなくなったり。
そこに広がるものが自分に語りかけてくれる気持ちになって、1冊また1冊と読み進めてしまいます。

絵本ナビを通じ、まだ読んだことのない本に出会ったり、メンバーさんの感想を読むのがとても楽しみです。
自分自身も色んな本の感想を投稿していきたいと思いますので、よろしくお願いします。 
好きなもの
ねこざかな・からすのパンやさんの色んなパンのページ・しろくまちゃんのほっとけーきのほっとけーきを作るページ・ぐるんぱ・ノンタン・ネオと凛(我が家の愛猫です)青空・チャーハン・焼きそば・カレーライスなど
ひとこと
私は3歳の甥っ子の伯母でもあります。
誕生日には、パパ(私の弟)が動くぬいぐるみ(某有名キャラクター)私が絵本をプレゼントしました。
パパは1時間かけて選び、自信のあるプレゼントだったようですが、甥っ子は絵本の方を気に入ってしまい・・・
パパは「絵本に負けた・・・」とがっくり。

ちゃまこさんの声

38件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 赤ちゃんを迎えることが楽しくなります  投稿日:2007/03/08
わたしのあかちゃん Welcome To
わたしのあかちゃん Welcome To 作・絵: たかばやしまり
出版社: のら書店
可愛い赤ちゃんと、それにまつわる沢山のもの。
ゆっくり眺めていると、愛しさを感じてきます。
やさしい色使いと、やさしい文。
赤ちゃんを迎えることが楽しくなることでしょう。

私も赤ちゃんを迎えたいなー
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 分かりますよー  投稿日:2007/03/08
ぼくのはさみ
ぼくのはさみ 作・絵: せな けいこ
出版社: 金の星社
はさみが大好きな男の子が主人公です。
はさみでちょきちょきするのは面白い。
でも、そのはさみがなくなってしまうんです。
どこにもなくて、かにさんに聞いてみることに。
でも、やっぱりなくて・・・

その後、男の子のはさみはあるところで見つかります。
それがどこなのかは本を読んでのお楽しみ。
私は、その場所の気持ちが分かるなー
大事なものほど、その場所にあるものなんです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 気になりますねー  投稿日:2007/02/25
なにたべてるの?
なにたべてるの? 作: いちかわ けいこ
絵: たかはし かずえ

出版社: アリス館
主人公はとら柄の猫。
色んな動物のところに行って「ねえ何食べてるの?」と聞きます。
どの動物が何を食べているのか、一緒に考えてみると楽しいですね。
食べ物を食べる音と絵の両方を楽しめる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お兄ちゃんお姉ちゃんなら一度は考える?  投稿日:2007/02/21
もしもぼくがあかちゃんだったら
もしもぼくがあかちゃんだったら 作・絵: そうま こうへい
出版社: 講談社
誰にでも赤ちゃんの時代があって、抱っこしてもらったりご飯を食べさせてもらったり・・・
大きくなることは嬉しいけれど、時には赤ちゃんのように何でもしてもらいたいと思うこと、下に弟や妹がいる子なら一度は考えることではないでしょうか。
この本を読んで、自分も同じような経験があっただろうなーと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねるが泣いているのは  投稿日:2006/12/08
こねこのねる
こねこのねる 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
こねこのねるが泣いています。
それはインディアンになりたいから。
でも、ねるはどうしたらインディアンになれるのか分かりません。ねるはインディアンになれるのでしょうか。

はっきりした色合いの絵とやさしい文章の絵本です。
ブルーナの絵本というと、うさぎのうさこちゃんのイメージですが、こねこのねるもおすすめですよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パパと一緒にお風呂ですよ  投稿日:2006/12/08
おふろだ、おふろだ!
おふろだ、おふろだ! 作: わたなべ しげお
絵: おおとも やすお

出版社: 福音館書店
皆さんのお家では、お子さんは誰とお風呂に入るのでしょうか。
この絵本では、パパが一緒です。
お互いに背中を洗ったり、湯船でしっかり数を数えて温まります。
この絵本のようなお風呂の時間だったら毎日楽しいかもしれませんね。
ぜひパパと一緒に読んでほしい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当に大きな猫?  投稿日:2006/11/30
おおきなおおきなねこ
おおきなおおきなねこ 作・絵: せな けいこ
出版社: 金の星社
お月見の晩におばあさんの家には河童がやってきます。
ご馳走を沢山用意しないと家をめちゃめちゃにするといいます。
河童の為のご馳走を作ってから物置小屋に隠れるおばあさん。すると、山の熊がやってきて囲炉裏のそばで寝てしまいました。
子供の河童が熊を猫と勘違い。
この熊、本当に大きいんです。
おとなしく寝ていた熊が立ち上がって大きな声でわめくシーンは迫力ありますよ。
読み聞かせする時は、ぜひ「わおー」を大きな声で読んであげて下さいね。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 大家族です  投稿日:2006/11/30
ぎゅうぎゅうかぞく
ぎゅうぎゅうかぞく 作: ねじめ 正一
絵: つちだのぶこ

出版社: 鈴木出版
つちだのぶこさんの絵がとてもいいです。
としおくんの家は八百屋さん。
家族もお店もいきいきしています。
ねじめさんの文につちださんの絵がぴったり。
表紙に描かれている家族が、どこでどのように出てくるのか楽しみな絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とてもながいパンです  投稿日:2006/11/25
ねずみさんのながいパン
ねずみさんのながいパン 作: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
ねずみさんがパンを持って走っています。
このパンは、とても長いパンなんです。
長い長いパンを持ってねずみさんがどこまで走って行くのか。又、色んな動物たちのごはんのシーンもなかなか良いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほのぼのしています  投稿日:2006/11/25
くっついた
くっついた 作: 三浦 太郎
出版社: こぐま社
とてもかわいく、あたたかみのある絵本です。
何度も繰り返し読みたくなります。
くっつく姿は愛情を感じ、ほんわり幸せな気持ちになれますよ。
参考になりました。 1人

38件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット