季節
せつぶんワイワイまめまきの日!

せつぶんワイワイまめまきの日!(文溪堂)

ストーリーを楽しみながら節分の知識が身につく!

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
どんぐりむらのいちねんかん

どんぐりむらのいちねんかん(学研)

プレゼントキャンペーン〆切迫る!あたらしい年に読みたい1冊!

  • 学べる
  • 役立つ

やこちんさんの公開ページ

やこちんさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県、女の子17歳

やこちんさんの声

1906件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かわいい  投稿日:2022/01/04
きつね山の赤い花
きつね山の赤い花 作: 安房 直子
絵: えがしら みちこ

出版社: マイクロマガジン社
お豆腐屋の娘・ゆみこと、きつねの女の子の交流を描いた
とてもかわいらしい物語です。
安房直子さんのお話は、
読み手に少女の心を思いださせてくれ、
とてもやさしく美しくかわいいのが、たまらないですね。

きつねの子が木の葉でおままごと道具を作るところや
ゆみこが、その道具に魅せられて、
相手がキツネだということもそっちのけで
「いれて」と声をかけ
いっしょにお母さんごっこが始まるところとか
本当にかわいいです。

ゆみこが豆腐屋の娘だというところも、実は伏線で、
きつねの好物・油揚げが登場し
また
店の油揚げを失敬してきたお母さん狐が
ゆみこの指に赤い花でマニュキュアを施して
ちょっとした口止めをしてしまうところも
かわいく美しいファンタジーだと思います。

やさしさに包まれるような読後感が、たまりません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 名前を呼ぶこと  投稿日:2021/12/07
なまえのないねこ
なまえのないねこ 作: 竹下 文子
絵: 町田尚子

出版社: 小峰書店
猫がとてもリアルに描かれています。
低い目線からの描写が多いので
自分も街を歩く猫気分に!

しかし
この本の本当の肝は
「名前」
名前のない野良猫は、
名前が欲しかったわけじゃなくて
名前を呼んでほしかったのです。

あぁ
大人にも、いろんなところで感ずるところのある話だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 希望のあるお話  投稿日:2021/12/07
半日村
半日村 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
半日村というタイトルと、ちょっと陰のある感じの表紙で
てっきり、陰鬱な話だと思って手を出していませんでした。
こんなに希望のある話だったなんて!!

一日のうち半日しか日の当たらない村のお話なんですが、
一人の男の子が、
毎日毎日山からてっべの土を袋に詰めておりてくるのです。
変なことしていると思っていた人たちも、
ひとりふたりと、その活動に加わり始め、
たくさんの人が何年もかかわる一大事業に。
とうとう日の出とともに、村に日が差すところまで達成!!

「すごい」と声がでました。
あきらめず努力することが
こんなにも詰まったお話だったのですね。

たくさんの子供たちに読んでもらいたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美しいです  投稿日:2021/12/07
かぜのおまつり
かぜのおまつり 作: いぬい とみこ
絵: 梶山 俊夫

出版社: 福音館書店
自然の中の音の描写(絵も物語も)がとても美しく
ずっとずっと眺めていたいような本です。

本格的に寒くなる中
暖かい部屋で、
たくさんでなく、親子対面で
やさしくやさしく読み聞かせたい・・。

そんな、美しいお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リンゴが嫌いなワルター  投稿日:2021/12/07
おばけリンゴ
おばけリンゴ 作: ヤーノシュ
訳: 矢川 澄子

出版社: 福音館書店
リンゴの木を持っていたワルター
でも花が咲かなければ、実もならない。
「ひとつでいいから、りんごがなりますように」と祈りながら眠ると・・。

そこから巻き起こるいろいろな事件が
とってもユニーク。
そしてなにより、
そんなにリンゴを願っていたワルター自身が
リンゴが嫌いって・・。

うそっっと思わず声ができました。

突っ込みどころ満載の、楽しいお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい キリギリスの旅  投稿日:2021/11/16
きりぎりすくん
きりぎりすくん 作: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
あまりにも有名な「アリとキリギリス」から
お話の中に登場するキリギリスにいい印象のなかった私・・。

でも、この本はちがいました。

旅に出たキリギリスは
個性的な動物たちと出会い・・そして・・。

自分の道を見つけるためにはじまった旅の
その自分の道は、どんな時もなくなったりせず
行きたいところにどこまでも連れて行ってくれる・・。
その道から見える景色にしあわせを感じながら歩くのも悪くない・・。
それを知ったキリギリス・・。

訳者の三木さんのあとがきが、
とても暖かい余韻を残す
珠玉の一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい プレッツェルの形  投稿日:2021/11/16
プレッツェルのはじまり
プレッツェルのはじまり 作: エリック・カール
訳: アーサー・ビナード

出版社: 偕成社
あのエリックカールが、こんな本を書いていたなんて初めて知りました。

動物や花や昆虫が
カラフル描かれているお話が多い印象なので
表紙を見て
「人間が描かれてる」と、意外な気持ちで読み始めました。

お話は、パン屋さんがプレッツェルを開発する秘話なのですが
あの独特のプレッツェルの形の裏話も面白かったけれど
あとがき(作者のことば)がとても印象深く、素敵なお話でした。

作者のエリックカールはドイツ育ちで
たくさんのドイツの昔話を聞かせてくれたおばあさんのお話の一つに
このプレッツェルの発明があったこと。
おじさんがパン職人だったこと。
そういう人たちに感謝の気持ちをこめて、本を書いたこと・・。

「もう一つの物語」を感じる
あたたかい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ティラノサウルスの最後  投稿日:2021/11/16
キラキラッとほしがかがやきました
キラキラッとほしがかがやきました 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
いつも心にグッとくる「ティラノサウルスシリーズ」

今回も、恐竜を擬人化しての
人情話がつづられてています。

いつも通り「赤い実」が隠喩のように描かれます。

私にとっての赤い実は何なんだろう・・と
ふと、立ち止まりました。

ただ・・
ちょっとマンネリ化だよな・・(^^;
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何色?カメレオン  投稿日:2021/11/16
カメレオンのかきごおりや
カメレオンのかきごおりや 作: 谷口 智則
出版社: アリス館
カメレオンのかき氷屋さん。
世界中で集めた、特製シロップで
みんなが幸せに!!

でも、ふと
「自分は何色なんだ」という疑問とともに
悩みだします・・。

カメレオンが最後に
「みんなの色を集めて、何色にでもなれる」という言葉は深いです。

カラフルな本編と対照的な
単色の線画だけの
ボタニカルな感じの表紙裏が素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人とロボット  投稿日:2021/11/08
AIロボット、ひと月貸します!
AIロボット、ひと月貸します! 著: 木内 南緒
絵: 丸山 ゆき

出版社: 岩崎書店
AIが心を持ったら・・
そんな妄想とともに展開するお話。

お話が進むにつれて
私の頭には、「ドラえもん」や「ターミネーター」の世界がちらついたけれど
無機質に流れる中盤までとはうってかわる後半は
怒涛のハートフルな展開。

AIと共存する世界が、こんな感じならいいのになぁ。

おすすめです!!!
参考になりました。 0人

1906件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

2022年1月の新刊&おすすめ絵本

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    ♪ゆきや こんこ あられや こんこ…。はたこうしろうが描く雪景色が美しい絵本。
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット