まほうつかい まほうつかい まほうつかいの試し読みができます!
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
まほうをかけられると、あれあれ!? たのしいしかけ絵本

じっこさんの公開ページ

じっこさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子7歳 男の子3歳

じっこさんの声

1263件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おとうさんとかくれんぼ  投稿日:2018/09/05
ぐるぐるちゃんかくれんぼ
ぐるぐるちゃんかくれんぼ 文・絵: 長江 青
出版社: 福音館書店
ぐるぐるちゃんとおとうさんがかくれんぼをするお話。10数えて、順番にかくれます。隠れているところはわかりやすく描かれているので、息子は「ここ!」と喜んで指さしていました。ぐるぐるちゃんが木の上に隠れているシーンがあるのですが、子どもにはちょっとわかりにくいかも・・・。1歳ぐらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい へぇ!の連続  投稿日:2018/09/05
しっぽがない! コアラとヒトのしっぽのなぞ
しっぽがない! コアラとヒトのしっぽのなぞ 文: 犬塚 則久
絵: 大島 裕子

出版社: 福音館書店
なぜじっぽがある動物とない動物がいるのか、しっぽの働きとは、などしっぽの謎に迫る本です。いろんな動物がいる学校で、先生と生徒がお話しながら学んでいくという感じなので、難しいテーマですが入り込みやすいです。絵もきれいで、手元に置いておきたい本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちょっと悲しい・・・  投稿日:2018/09/05
仙女ときこり
仙女ときこり 出版社: 岩崎書店
ある男が、仙女と結婚するが、ある日仙女は子どもたちを連れて天に帰ってしまう。男も天に昇るが母親のことが気になり、地上へ様子を見に行くが・・・。最後はちょっと悲しいお話です。いろんな昔話を混ぜたような感じでおもしろかったです。5〜6歳くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当に悪い  投稿日:2018/09/05
あくたれラルフ
あくたれラルフ 作: ジャック・ガントス
絵: ニコール・ルーベル
訳: 石井 桃子

出版社: 童話館出版
ねこのラルフはとってもいたずらもの。それでも女の子はラルフのことが好きでした。ある日、みんなでサーカスに行ったときのラルフのあまりのいたずらぶりに、お父さんが怒ってラルフを置き去りにします。それからラルフはいろんな苦労をして、家がどんなに温かく家族に愛されているかを知ることになります。
ラルフのあくたれぶりは見事で、そこまでしちゃうの〜とどきどきしながら読みました。娘も「ねぇ、ラルフって本当に悪いよ!」とびっくりしていたようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わかりにくいかも  投稿日:2018/09/05
いただきます
いただきます 作: 新井 洋行
出版社: 童心社
うさぎちゃんとねこちゃんが、いただきますといろんなものを食べていきます。
しかけ絵本になっていて、上下が半分に切られているのですが、めくりにくいし、子どももよくわからないみたいだったので、上下わかれてなくてもいいかもなぁと思いました。
子どもはそんなに興味を示しませんでした。もう少し小さいころに読めばよかったかも。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おいしそう!!  投稿日:2018/09/05
ぴちぱちさくさく
ぴちぱちさくさく 作: 若菜ひとし 若菜きよこ
出版社: ひさかたチャイルド
コロッケが出来るまでの絵本。軽快なリズムと明るい絵で、進みます。擬音がたくさんなので、小さい子供の興味を持ちそうです。少し大きな子どもは、コロッケがどうやって出来ているのかわかっていいですね。油で揚げているときの音を今度子どもたちに聞かせてあげようと思いました。
コロッケが食べたくなること、間違いなしの絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あれ?  投稿日:2018/09/04
よういどん
よういどん 作: わたなべ しげお
絵: 大友 康夫

出版社: 福音館書店
表紙を見ると、みんなで競争するシーンが描かれるのかと思いますが、違いました。くまさんがいろんな障害物を失敗するところが描かれています。どすんと落ちたりするくまさんに息子はケラケラとうけてました。裏表紙を見てびっくり。なんとくまさん、びりだったんですね。運動会シーズンに読みたい本です。くまさんみたいに、失敗してもおおらかにやってほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 空の旅  投稿日:2018/09/02
ボリスはパイロット
ボリスはパイロット 作: ディック・ブルーナ
訳: 角野 栄子

出版社: 講談社
アニメのミッフィーで、よくミッフィーのおじさんが飛行機に乗っているシーンがあるからか、息子はこの本が気になったようです。
ボリスが飛行機に乗って気球やらいろんなものを見つける物語です
。自分がパイロットに乗っている想像をしながら聞いていたのかな。短いので、集中力がきれずに聞けたようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パンダの赤ちゃんがかわいい!  投稿日:2018/09/02
10ぱんだ
10ぱんだ 作: 岩合日出子
写真: 岩合 光昭

出版社: 福音館書店
全ページが写真なので、パンダの写真集っぽくもあります。ページをめくるごとにパンダの数が増えていきます。最後の10頭のページは赤ちゃんがごろんごろんしていてかわいかったです。今、パンダブームで、テレビでパンダを見ることも多いと思うので、この本も親しみやすいかもしれません。赤ちゃんの頃から楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろんな動物が出てきます  投稿日:2018/09/02
おきたらごはん
おきたらごはん 写真: 岩合 光昭
出版社: 福音館書店
いろいろな動物がごはんを食べているところの写真が見られます。意外と、動物がごはんを食べているところを本で見るって少ないと思うので、おもしろかったです。表紙の、亀がお花を食べているシーンもそうですが、意外な食事風景もあって、驚きもあります。3歳の息子も楽しんでいたようです。
参考になりました。 0人

1263件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!【座談会】編集者・松田素子さん、絵本ナビ編集長・磯崎園子、絵本ナビライター・大和田佳世

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット