きのこ ふわり胞子の舞 きのこ ふわり胞子の舞
写真・文: 埴 沙萠  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きのこのかさから、ふわりけむりが見えるよ。これは、きのこの「胞子」。いつも見ているきのこの新しい姿を見ることができる写真絵本です。

じっこさんの公開ページ

じっこさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子6歳 男の子2歳

じっこさんの声

1033件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う じっくりすみずみまで  掲載日:2017/11/17
うさぎマンション
うさぎマンション 作: のはな はるか
出版社: くもん出版
うさぎマンションに住むうさぎさんたちのお話。断面図で見せてくれるので、いろんな部屋のうさぎさんたちの生活がのぞき見できちゃいます。細かく描きこまれているので、「100かいだてのいえ」とかが好きな人は、こちらも好きかもしれません。
字は少ないのですが、さがしえクイズもあるし、みんなとってもかわいいし、じっくりすみずみまで読みたい本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「ふーっ」を楽しむ本  掲載日:2017/11/17
ふーっ!
ふーっ! 作: 新井 洋行
出版社: ほるぷ出版
いろんな場面で、本にふーっとして遊ぶ絵本です。シャボン玉をふいたり、赤ちゃんの髪の毛をふーっとしたり。
息子はよくわからなかったみたいで、ふーっは一緒にしてくれませんでしたが、ふーっとするのが好きな子にはぴったりかもしれません。赤ちゃん向けかなと思いましたが、ふーっができるようになってからの方が楽しめるかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クリスマス前に  掲載日:2017/11/17
バスでおでかけ
バスでおでかけ 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
家族でバスでおでかけするのですが、行き先は最後まで明かされません。バスが留まるたびにページが進みます。主人公の子どもたちと一緒にわくわくしながら、バスでお出かけしている気分になります。
ラストもそうなのですが、それまでのシーンも雪景色だったりで、クリスマスムードたっぷりの本です。しかけも楽しいです。
電車好きの息子ですが、この本はとっても気に入ったみたい。バスのエンジン音?がおもしろいようです。
「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」が好きなら、この本も気に入ると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外なラスト  掲載日:2017/11/17
かいとうドチドチどろぼうコンテスト
かいとうドチドチどろぼうコンテスト 作: 柏葉 幸子
絵: ふくだ じゅんこ

出版社: 日本標準
お金持ちの家で行われる泥棒コンテストに参加したドチドチ。お宝が何かも明かされていないこのコンテスト、果たしてドチドチは勝てるのでしょうか。
お宝がちょっと意外でした。これは本当に大事なものでしょうから返してあげた方がいいような・・・。
今回も奥さんのサッサが活躍します。ドチドチシリーズは3作ありますが、一作目が一番好きです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 風変わりな泥棒のお話  掲載日:2017/11/17
かいとうドチドチ雪のよるのプレゼント
かいとうドチドチ雪のよるのプレゼント 作: 柏葉 幸子
絵: ふくだ じゅんこ

出版社: 日本標準
かいとうドチドチが、雪の夜に急にラーメンを食べたくなり、外に盗みに出かけるお話。ドチドチは犬からラーメンを盗むことになるのですが、それと引き換えに渡したのは魔法の飴。その飴をなめるととっても不思議なことが起こるのです。
ドチドチのいままで盗んだものについても描かれているのですが、それが不思議の国のアリスに出てくるうさぎから盗んだ飴だったり、おもしろいものばかりなので、それについてのお話も知りたいなぁと思いました。
ドチドチシリーズの一作目は絵本で読んだのですが、こちらは小学生向け?でした。絵は、絵本の方が可愛いと娘は申しておりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なぞなぞが出てきます  掲載日:2017/11/17
もりはおもしろランド 6 もりのレストラン
もりはおもしろランド 6 もりのレストラン 作: 舟崎 靖子
絵: 舟崎 克彦

出版社: 偕成社
やまあらしさんのレストランのお話です。
やまあらしさんは配達もするのですが、その配達のときに、なぞなぞ付のお手紙が次々と届きます。やまあらしさんが最後に行きついた相手とは・・・。
なぞなぞを解いていくというのはおもしろいと思いますが、そのお手紙を出した理由がちょっとがっかりでした。あと、レストランの中でのいろいろなお話も見たかったなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素敵な絵です  掲載日:2017/11/17
てぶくろをかいに
てぶくろをかいに 作: 新美 南吉
絵: 柿本 幸造

出版社: 講談社
キツネの子どもが、初めて出る人間の街で、手袋を買いに行くというお話です。
子どもは「手は元通りになるの?」「この買い物、成功するの?」とまだ読んでいる途中で質問してきたので、スリリングな展開に、ドキドキしながら聞いていたようです。私は、お母さんが子ども一人に買い物に行かせたことにびっくりでした。最後のページのお母さんのセリフが印象的です。
この本は絵がかわいらしくて好きでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議な話だけど、ほのぼの  掲載日:2017/11/17
クリスマスのふしぎなはこ
クリスマスのふしぎなはこ 作: 長谷川 摂子
絵: 斉藤俊行

出版社: 福音館書店
男の子がクリスマスイブの朝に見つけた不思議な箱。それはサンタクロースの今の姿が見える箱でした。
男の子は、何回も箱の中を確認します。こっそり見ているところが可愛いです。クリスマスイブの一日の、プレゼントのそわそわ感が伝わってきます。クリスマス前に読みたい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リズミカルで楽しい  掲載日:2017/11/15
ととけっこう よがあけた
ととけっこう よがあけた 絵: ましま せつこ
案: こばやし えみこ

出版社: こぐま社
にわとりさんが、ととけっこうよがあけたと、みんなを起こしていくお話です。
「ちびすけ どっこい」「まてまてまて」が気に入った息子に読んでみました。いろんな動物が出てくるのがおもしろいみたいでした。私はリズムがよくわからず上手には読めませんが、なんとなくリズミカルな文章が楽しいようです。本の最後に、楽譜が載っているので、歌を知らない人も大丈夫です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 温かい気持ちに  掲載日:2017/11/12
まて まて まて
まて まて まて 絵: ましま せつこ
案: こばやし えみこ

出版社: こぐま社
同じ著者の「ちびすけどっこい」を気に入った2歳の息子に読んでみました。わらべ歌ということですが、リズムと音がわからなかったので、適当に読みました、しかし、息子はとても気に入ったようです。
ハイハイをする子どもを、ぬいぐるみたちがまてまてと追いかけるというシンプルなお話なのですが、子どもは追いかけられるの大好きですよね。最後にみんなでねんねするのですが、その絵がとってもかわいい。
0〜2歳におすすめです。
参考になりました。 0人

1033件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット