なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やかましやさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

じっこさんの公開ページ

じっこさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子6歳 男の子2歳

じっこさんの声

939件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う いっぱいの擬音語とカラフルな絵  掲載日:2017/9/23
まんまんぱっ!
まんまんぱっ! 作: 長野 麻子
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 童心社
子どもの好きそうな『ぱいぱい』や『ぱくぱく』などの、擬音語?喃語?がいっぱい出てきます。絵もカラフルで目をひきやすいです。電車以外の本は飽きてしまいがちな2歳の息子も、最後まで聞いていました。リズムもよくて、かわいらしい絵なので、読むのも楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい!  掲載日:2017/9/23
ザスーラ
ザスーラ 作・絵: クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳: 金原 瑞人

出版社: ほるぷ出版
ある兄弟が不思議なゲームを手に入れるのですが、それはとっても不思議で危険なゲームでした。兄弟は力を合わせて、そのゲームをプレイします。
ジュマンジの続編ということです。舞台が宇宙ということで、ジュマンジよりもパワーアップしてます。最後にはブラックホールまで出てきます!なんて壮大な絵本。終わり方がなんとも見事でした。続きがありそうななさそうな・・・。娘は『これって続編あるの?』と聞いてきました。そんな余韻のある終わり方でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 宝を探しに海へ  掲載日:2017/9/19
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 9番地 セーラと宝の地図
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 9番地 セーラと宝の地図 作: エミリー・ロッダ
絵: たしろ ちさと
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
船を作る職人のセーラが、自分の船で宝の地図を頼りに宝探しに出かけます。そこへ海賊が現れて、捕らえられてしまいます。そこでセーラは知恵を働かして・・・。
宝探し、航海、海賊・・・と、ハラハラする大冒険でした。チュウチュウ通りシリーズの中で、一番ハラハラしたと思います。他のものは街の中でのほのぼのしたものが多いので。冒険好きの男の子なんかは、この本をとっかかりにこのシリーズを読み始めてもいいかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大なり小なり、みんな悩んでいる  掲載日:2017/9/18
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 10番地 スタンプに来た手紙
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 10番地 スタンプに来た手紙 作: エミリー・ロッダ
絵: たしろ ちさと
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
個性的だけど、みんな一生懸命生きていて、とても素敵な住人ばかりのチュウチュウ通り。この本が10冊目でラストです。さみしい!
郵便屋さんのスタンプの物語。これまでのお話にもちょいちょい出てきていたので存在は知っていましたが、まさか自分に手紙が来ないことに落ち込んでいたとは・・・。ペンパルを募集したことから、大変なことになるのですが、チュウチュウ通りのみんなのおかげで乗り切ります。
やさしい気持ちであふれている、チュウチュウ通りの本、もっと続きがみたいなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ダンゴムシ好きのための本  掲載日:2017/9/18
ちしきのぽけっと(9) うみのダンゴムシ・やまのダンゴムシ
ちしきのぽけっと(9) うみのダンゴムシ・やまのダンゴムシ 文・写真: 皆越 ようせい
出版社: 岩崎書店
ダンゴムシだらけの本です。しかも、知らない知識がいっぱいでびっくりすることだらけ。私は、いろんな色のだんごむしがいることに、びっくりしました。
オカダンゴムシとハマダンゴムシの違いなども載せていて、とてもマニアックな本です。ダンゴムシの写真もいっぱいです。この本の作者が、本当にダンゴムシ好きなんだなぁというのが伝わってきます。だから、読んでいる方もわくわくしてくるのでしょうね。
ダンゴムシ好きの6歳の娘も興味津々。熱心に読んでいました。
虫好きの幼稚園生にはぜひ読んでもらいたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほんわかした絵とストーリー  掲載日:2017/9/18
ベルナルさんのぼうし
ベルナルさんのぼうし 作: いまい あやの
出版社: BL出版
孤独なくまのベルナルさんの帽子に、鳥たちが住み始めるお話。
帽子にキツツキが穴をあけるなんて、なかなかないので、おもしろかったです。そして、この帽子が長く伸びるとは・・・!しかも、最後には木になってしまうなんて・・・!ありきたりな感想ですが、ベルナルさんが、ひとりぼっちじゃなくなって、よかったなと思いました。ベルナルさん、なんだか親しみがもてるキャラです。
娘も「おもしろかった」と言っていました。
いまいあやのさんの絵は、ほんわかしてかわいらしく、癒されます。どのページもそのままポストカードになりそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 環境問題について考えさせられる  掲載日:2017/9/18
ゆめのおはなし
ゆめのおはなし 作・絵: クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳: さいごうようこ

出版社: 徳間書店
主人公の男の子が、ベッドごと、現在と未来を行き来する中で、環境への意識を改めるお話。
絵も美しく、ベッドがタイムスリップするというファンタジーなものだが、押しつけがましくなく、ごみ問題や環境問題について、考えさせるお話になっている。6歳の娘にどれくらいまで理解できたのかはわからないが、興味深そうに読んでいた。読み終わった私たちは「ちょっとむずかしいお話だったね」と言いあった。小学校高学年くらいからの方が、ちゃんと理解出来るかもしれない。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそうな絵本!  掲載日:2017/9/18
まるくて おいしいよ
まるくて おいしいよ 作・絵: こにしえいこ
出版社: 福音館書店
いろとりどりのいろんな○が出てきて、「これ、なーんだ?」と読者に問いかけます。次のページで種明かし。それの繰り返しです。子どもの好きなケーキや果物がとてもおいしそうで、見ているだけで楽しくなります。
ドーナツが好きな2歳の息子に読んでみました。「これ、なーんだ」の後に、一緒に「なにかな〜」と言いながらページをめくるのが楽しかったです。どれもとってもおいしそう。甘いものがいっぱいなので、食いしん坊のお子さんにぴったりだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物たちの音楽界  掲載日:2017/9/14
つきよのおんがくかい
つきよのおんがくかい 作: 山下 洋輔
絵: 柚木 沙弥郎

出版社: 福音館書店
動物たちがたくさん出てきて音楽界が始まります。
擬音?楽器の音?がたくさん出てくるので、ノリノリで声を出して読むのが楽しいのかな。実際に出てくる楽器の音を聞いたことがある方がイメージしやすいと思います。絵は、はっきりとした色使いでユニークです。けっこう昔の本なのかなと思ったのですが、そうではなかったです。音楽好き、動物好きの子どもにおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 生物っておもしろい!!  掲載日:2017/9/14
おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典
おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典 監修: 今泉 忠明
出版社: 高橋書店
やはり一冊目を読んだときの方が衝撃的でしたが、続編もおもしろかったです。「ざんねんな」かはわかりませんが、いろいろな進化のことが紹介されているのは、とてもおもしろいと思います。絵もそれについているセリフも、すっとぼけていておもしろいです。進化についての説明もわかりやすいです。
参考になりました。 0人

939件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット