新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

さとりあ

その他の方・40代・その他

  • Line

さとりあさんの声

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい あったらいいな、クレヨンの木  投稿日:2007/05/05
ももいろのきりん
ももいろのきりん 作: 中川 李枝子
絵: 中川 宗弥

出版社: 福音館書店
子供の頃、母に読んでもらった「ももいろのきりん」。
るるこが大きなももいろの紙でキリカを作るところから始まるこのお話は、途中までずっと挿絵の色がももいろ一色。
ところが、クレヨンの木のページを開いた途端、目に飛び込んできたのは、大きな木にたわわに実った色とりどりのクレヨンたち。

私はこのクレヨンの木に、どれだけ憧れたことか。
どこかにあったら、どんなにいいだろうと。
使っても使っても使い切れないほどのクレヨンで、ずっとずっと絵を描いていられたら、どんなに楽しいだろうと。
クレヨンの木は、もしかしたら子どもの「あったらいいな」を描いて見せた究極なのかもしれません。

なぜあの絵本の挿絵が、ずっとももいろだけだったのか?
それはあのクレヨンの木の鮮やかな色たちが、子どもの心により一層深く印象づけられるように、という作者の想いからだったのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします

全ページためしよみ
年齢別絵本セット