宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

まゆみんみんさんの公開ページ

まゆみんみんさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、女の子8歳

まゆみんみんさんの声

6864件中 6421 〜 6430件目最初のページ 前の10件 641 642 643 644 645 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 4歳でも楽しめています。  投稿日:2014/10/03
ふたりは きょうも
ふたりは きょうも 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
娘にもアーノルドローベル作品を読み聞かせしたく,親の私も全部読んでみたく,「がまくんとかえるくんシリーズ」4冊まとめ買いしました。
4歳幼稚園年少さんの娘にはまだ難しいかなと思っていましたが,娘はとても気に入っていて毎回真剣に聞いています。

「ふたりはきょうも」の中では。
娘は「ぼうし」を興味深そうに聞いていました。
「がたがた」は夜の寝かしつけの際に読むと,(恐いから早く寝よう〜と)効果的でした。
「ひとりきり」では,かえるくんががまくんに書いた手紙を声に出して読んでいた娘です。
4歳でも彼女なりに楽しめているようでした!

今は読み聞かせをしていますが,小学生くらいになったら自分で読むにも最適な絵本だと思うので,長く愛用できそうです。
購入してよかったです☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 赤ちゃんの好みにぴったりでは!  投稿日:2014/10/03
おやすみ ペンギン
おやすみ ペンギン 作・絵: 浅沼 とおる
出版社: フレーベル館
「これなあに」の繰り返しと,いないいないばあ感覚で現れる感じが,赤ちゃんの興味を惹きそうな絵本ですね。
たくさんの言葉を覚えるにもいいかも知れませんね。
大きめな絵と色彩鮮やかなところも小さな小さな子供にはいいですね!
題名通り,おやすみ前に読むのもいいかも知れませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほのぼの!  投稿日:2014/10/03
なに なに なあに?
なに なに なあに? 作: 木坂 涼
絵: 田代 卓

出版社: フレーベル館
可愛い赤ちゃん絵本です。
我が家の娘はもう4歳なので懐かしい気持ちで読まさせていただきました。
0〜1歳くらいの赤ちゃんってこんな感じの絵本を読むな〜と,ほのぼのした気持ちになりました。
かくれんぼ要素があるので,でてきた時の赤ちゃんの反応が楽しみな絵本ではないでしょうか。
絵本で繋がる親子の時間にぴったりな赤ちゃん絵本だと思います!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢がある!!  投稿日:2014/10/03
すごいくるま
すごいくるま 作・絵: 市原 淳
出版社: 教育画劇
親である大人の私が読ませていただきましたが,夢があって大人でもとても楽しめました!
まず「すごいくるま」という題に読む前からわくわくします。
そして読んでみると,本当に「すごいくるま」なんです!!(笑)。
実際にはこんなすごいくるまはないかも知れませんが,夢があってよかったです〜☆
小さいお子さんにももちろんですが,大人にもおすすめします!
楽しい気分にさせてくれますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 連想できる絵本!  投稿日:2014/10/03
いろいろいちご
いろいろいちご 作: 山岡 ひかる
出版社: くもん出版
いちごから作れる物を色々連想できる絵本で,新鮮に思えました。
最後はいちごパフェ!
美味しそう!!
読み終わったあと,他にいちごで作れる物を言い合ってみるのも楽しいかも知れませんね。
そういう意味では3歳くらいからでも楽しめる絵本でしょうか。
文の短さページ数からは赤ちゃん向けですが。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 我が家には。。  投稿日:2014/10/03
けいちゃんのくすりゆび
けいちゃんのくすりゆび 作・絵: あきやま ただし
出版社: 佼成出版社
くすりゆびをくすりに例えたところが面白い絵本でした。
けいちゃんにとったら,くすりゆびは元気になるお守りみたいなものでしょうか。
面白い絵本でしたが,我が家の4歳年少の娘はきっと真似してくすりゆびを口に入れ出しそうで,娘には読ませられないかもです。なので☆3です(ごめんなさい)。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 赤ちゃん向け絵本!  投稿日:2014/10/03
いただきまーす!
いただきまーす! 絵: 宮尾 怜衣
出版社: フレーベル館
お話の内容が特にあるわけでもなく,それぞれのお弁当をそれぞれの動物さんが食べていくだけの絵本なので,このシンプルさはまさに赤ちゃん絵本ですね。
お弁当って楽しいな〜嬉しいな〜とも思わせてくれる絵本でもありました。
この絵本を読んだあと,お弁当を作ってあげたら子供も喜びそうですね!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 最後の言葉に納得!  投稿日:2014/10/01
かんぱーい
かんぱーい 作・絵: 山岡 ひかる
出版社: アリス館
ママと子供から始まって,いくつかの動物達がかんぱいしてそれぞれの食べ物を食べていくお話です。
ぞうはバナナ,鳥はさくらんぼ,ラッコはほたてとそれぞれの好物らしき食べ物が出てくるのも知育的でいいですね。
最後の「かんぱいするとおいしいね」に納得です!
子供はかんぱいが好きなので,1〜2歳の子ならこの絵本の後はかんぱいばかりになってしまうのでは(笑)。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしい!  投稿日:2014/10/01
ふたりはともだち
ふたりはともだち 作: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
4歳幼稚園年少さんの娘に読み聞かせてみました。
アーノルドローベル作品は必ず読んであげたいと思っていたので,幼年童話を少しずつ読み聞かせ始めたこの時期にチャレンジしてみました。
年少さんの我が家の娘にはまだ少々難しかった部分もありましたが,1冊5話飽きずによく聞いていました。
「がまくんとかえるくんシリーズ」4冊購入したのですが,全部読んで〜という程でした☆

娘のうけが一番よかったのは「おはなし」です。
お話が思いつくようにと,逆立ちしたり水を自分の頭にかけてりしているがまくんに大爆笑でした!

親の私は,やっぱり「おてがみ」がよかったです。
私が小学生低学年の時の国語の教科書にのっていたお話なので懐かしくて!!
かえるくんの優しさにじんわりきました。
「ぼたん」も,最後にがまくんが自分の服にたくさんのぼたんを付けてかえるくんにプレゼントするところが思いやり溢れていてよかったです!

今はまだ読み聞かせですが,自分で読めるようになったら娘もまた自分の感想を色々思う事でしょう。
幼年〜大人まで長く読める絵本だと思います。
購入してよかったです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 想像力を豊かにする!  投稿日:2014/10/01
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
擬音語だけの短い文に,シンプルな(?)絵。
これが何なのか?ストーリーは?
それぞれの想像力で感じて読む絵本だと思いました。
子供と一緒に読んで,各々が思ったこと感じたことを言い合ってみるのもいいかも知れませんね。
まさに想像力を豊かにする絵本!という感じでした。
小さな赤ちゃんから大人まで読める絵本ですね。
参考になりました。 0人

6864件中 6421 〜 6430件目最初のページ 前の10件 641 642 643 644 645 ... 次の10件 最後のページ

『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』シゲタサヤカさんインタビュー

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット