しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

まゆみんみんさんの公開ページ

まゆみんみんさんのプロフィール

ママ・40代・兵庫県、女の子9歳

まゆみんみんさんの声

7844件中 7581 〜 7590件目最初のページ 前の10件 757 758 759 760 761 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 見て楽しむ絵本!  投稿日:2014/08/31
ピヨピヨ ハッピーバースデー
ピヨピヨ ハッピーバースデー 作: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
4歳年少の娘と読みましたが,ストーリー云々というより,とにかく絵が細かく描かれていて見て楽しむ絵本とも言えます!
ケーキ屋さんのケーキやクッキーがリアルに美味しそうで,おもちゃ屋さんも細かく描かれていて楽しいです。
プレゼントが望遠鏡,素敵でした〜☆

主人公ピヨピヨ兄弟の何とも言えない表情,憎めなくて愛らしくて(笑)。
また他の動物親子も何だか可笑しくて。
もしかしたら,小さな子供より大人向けかも!と思えるくらいキャラクターに癒されます。
このシリーズ,4歳の娘と全部読んでみましたが,1冊手元に購入しておきたい気がしています。
どれも可愛くてどの絵本にするか迷い悩んでしまいそうですが(笑)。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カッパ!!  投稿日:2014/08/31
ピヨピヨ はじめてのキャンプ
ピヨピヨ はじめてのキャンプ 作: 工藤 ノリコ
出版社: 佼成出版社
今回は,キャンプのお話だったので夏に読んでぴったりでした!
ピヨピヨ5兄弟きのこを取り始め。。4歳の娘には「きのこは勝手に触ってはいけないよ」と言いながら読みましたが,やっぱり毒きのこでしたね。
ずんずん進み道に迷ってしまったピヨピヨ達。。そこで出会ったには何と,カッパ!!
これは予想外でした(笑)。
みんなで料理してカレーを食べて,一層楽しいキャンプになりましたね。

夜になりお誕生日に貰った望遠鏡が出てきたのもよかったです!
そして背表紙のお父さんお母さんにお月様,ほのぼのしていて素敵でした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友達っていいね!!  投稿日:2014/08/31
えんそく
えんそく 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
遠足の時期や秋にぴったりな絵本です!
ですが,そんな季節でなくても,とってもよい素敵な絵本です!!

怪我をして遠足にいけないきつねのコンタ。
それを思いやる仲良しのぴょんこちゃん。
コンタの気持ちもよく表現されていて,ぴょんこちゃんの優しさも可愛らしいです。
きつねとうさぎの形をしたさつまいも,素敵!!!
最後にコンタのお父さんお母さんのエピソード(笑)。
友達っていいね!!って思える絵本でした。
男の子と女の子の友達っていうのが小さい子供を感じさせ,また何だかよかったです。

みんなが遠足で持ってきていたリュック可愛いですよ☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 手紙って素敵!  投稿日:2014/08/30
おてがみでーす
おてがみでーす 作: くすのき しげのり
絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
4歳年少の我が家の娘は,最近お手紙を書くことが大好き!
そんな年頃の子供にはとても共感の持てる絵本だと思います。

お手紙を貰うことの喜び,お手紙で繋がる温かさ,そして秋の葉っぱ達が何ともきれいでした。
手書きで書くお手紙,配達されるという手段,メールやLINEなどにはないほんわかしたぬくもりがありますね。
素敵な絵本でした〜やっぱり手紙っていいですね!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏の終わりに。  投稿日:2014/08/30
ひまわりさん
ひまわりさん 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
4歳年少の娘と夏の終わりにこの絵本を読んでみました。

真夏に大輪の花を咲かせ,その元気いっぱいな姿にみんなは魅了され,そんなひまわりさん。
でも夏が終わりに近づく頃,ひまわりさんは枯れ始め,やがてみんなの足も遠のき。
そう,ひまわりは夏の始まりと夏の終わりを感じさせてくれる花ですね。
そして花の命は短しで。。

「ありがとうのおじぎ」何て素敵な言葉でしょう!
きれいと見てくれてありがとう。
元気をくれる素晴らしい姿をありがとう。
ひまわりさんも,ひまわりさんを見ていた側も。
私も「ありがとうのおじぎ」を忘れずに日々過ごしていきたいものです。
親子で楽しみながら学べる素敵な絵本でした!
可愛い絵に長過ぎない文。小さな子供にも最適な絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 前に進むことって素敵!  投稿日:2014/08/30
ゆうきをだして!
ゆうきをだして! 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
土の中のきゅうこんがちゅうりっぷとなって花を咲かせるまでのお話です。

4歳幼稚園年少さんの娘と読みましたが,きゅうこんが主人公の絵本は新鮮に感じました!
現状から前に進むことは勇気のいることですが,勇気の先には素敵なことがまっている!大きくなっていくって素敵!と思わせてくれる絵本です。
「勇気を出してよかったな〜」という成長してちゅうりっぷになった主人公の言葉が何よりも素直でよかったです。
4歳の我が家の娘もこの絵本から何かを感じてくれたら嬉しい限りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 深い!  投稿日:2014/08/30
ぼくがおおきくなったら
ぼくがおおきくなったら 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
2匹のこぎつねのきょうだいは,お友達の他の動物達の大きくなったら〜の話を聞いて,自分たちには大きくなっても誇れるものはあるのか?と思います。
こじかさんは立派な角,こやぎさんは豊富なお乳,こぐまさんは森で一番の大きさ,こざるさんは木登り。
こぎつねには大きくなっても,誰が見てもわかるような誇れるような能力はないかも知れないけれど。。

素晴らしいお母さんの言葉!!
「世界で一番幸せ」そう思えることってとっても素敵なことですね。
そしてこんなお母さんの元で育った子は幸せな子になりますね。
私もきつねのお母さんを見習いたい気持ちになりました。
家族愛を感じられる素敵な絵本でした!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 言葉で伝える大切さ!  投稿日:2014/08/30
ダメ!
ダメ! 作: くすのき しげのり
絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
4歳年少の娘と読みました。

もしかしたら,小さな子供の友達関係でもこんなことってあるかも知れないな〜と思いながら読みました。
りすくんは大きなくまくんに自分の気持ちをはっきり言えません。
性格もあるでしょうし,力関係もあるでしょうし。
「ダメ!」「嫌!」自分の気持ちを相手に言葉でしっかり伝えることの大切さが描かれている絵本です。
絵も可愛らしいですし,おやつを題材に用いていたりと,小さい子でも理解しやすい絵本になっていておすすめです!

ただ,とても残念なのが,関西弁(?)標準語ではなく方言になっています。
私は標準語に直して読み聞かせましたが。
そこが本当に残念で☆4です(ごめんなさい)。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友達って!  投稿日:2014/08/30
ゆきのひ
ゆきのひ 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
雪の景色がきれいで可愛らしく,冬に読みたい絵本です。

我が家は冬ではなく夏に読みましたが(笑),お話の内容は友達について考えさせられる,そして大人になった今ではそんな気持ちになったことあったな〜と懐かしくさえ思う絵本でした。
私が子供だった頃も,雪遊び中ではないですが,こんな感じのことってあったな〜と。
りすくんの気持ちも,きつねくんの気持ちも,誰もが経験したことのある気持ちではないでしょうか。

雪合戦中きつねくんの投げた雪が当たってしまい泣いてしまったりすくん。
周りのみんなが「大丈夫?」と心配してくれればくれる程泣き止みどころを失ってしまい泣いてしまうりすくんの気持ち。
泣き止まないりすくんにどうしていいかわからない寂しさいっぱいのきつねくんの気持ち。
私は「わかるよ!わかるよ!」と思いながら読みました。
最後は仲直りで「ごめんなさい」。
きつねくん,りすくんそっくりの雪だるまを作るなんて,本当に愛らしいですね。
みんなの姿の雪だるま,可愛かったです。
友達っていいな〜!

我が家の4歳の娘はまだこんな経験はないかな?
でも近い将来,りすくんやきつねくんのようなこんな気持ちになった時も,この絵本のように相手を思いやり上手に仲直りしていってほしいと願います☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しいミミーちゃん!  投稿日:2014/08/30
おばあちゃんのたんじょうび
おばあちゃんのたんじょうび 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
4歳年少さんの娘と読みました。
おばあちゃんの誕生日にお母さんが作った美味しいクッキーを届けるおつかいをするミミーちゃんのお話です。
嬉しさもありクッキーを自慢しちゃうところ,ちょっとおしゃまな感じのところ,うちの娘を見ているようでした(笑)。

途中で出会ったウルフやコンコンにクッキーをあげてしまいますが,このウルフやコンコンも決して欲張りなわけではなくきょうだいやお母さんにも食べさせてあげたいから!というのがまたいいですね。
お腹をすかせたくまのおじいさんにまでクッキーをあげてしまうミミー。
この場面で,娘に「○○(娘の名前)ならどうする?」と聞いたら,「おじいちゃんにクッキーあげる!クッキーはまたママに作ってもらえるから」と。
ちょっと安心した私でした。
手ぶらで来たミミーちゃんのお話を聞いておばあちゃんが言った言葉。
素敵でした〜!!
相手を思いやれる心,優しい気持ち,娘にもそう育っていってほしいです!!
素敵で可愛い絵本でした〜。
参考になりました。 0人

7844件中 7581 〜 7590件目最初のページ 前の10件 757 758 759 760 761 ... 次の10件 最後のページ

『だれのパンツ?』シゲリカツヒコさん インタビュー!

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット