新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

TOP500

ぺんぎんさん

ママ・40代・茨城県、男の子10歳 男の子8歳

  • Line

ぺんぎんさんさんの声

503件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 1歳でも楽しめる  投稿日:2017/10/04
おばけとホットケーキ
おばけとホットケーキ 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
新井さんの絵本は赤ちゃん向けにたくさん出ていますが、こちらも赤ちゃんから楽しめる1冊です。

めっくてー とか、ふってー とか、絵本に指示があるので
読み手もお化けパーティに参加している気分で楽しく読めます。
そしてその指示が、日常動作のインプットに一役かっているように感じます。
さすがですね!くもん式。
さりげなく数をかぞえるシーンもあります。

1歳と言わず、0歳から読み聞かせしていると確実に知能があがるんじゃないかな…なんて感じます。
お化けがビビッドな色合いだから思わず目を引いてしまいますし、
参加型だから、じっとしていられない赤ちゃんも楽しめますしね。

10月生まれなら、この絵本をプレゼントしたかったなー。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 会話を楽しみながら光るパーティ  投稿日:2017/10/04
トリック オア トリート!
トリック オア トリート! 作: 岡村 志満子
出版社: くもん出版
ハロウィンはお菓子がもらえる日、と思っている息子に読みました。
たくさんお菓子が出てきて満足そうでした。

そしてなんといっても最後の蓄光シーン。

光を溜めなければならないので、長々と開いていなくてはなりません。

お化けは何匹いる?とか
どんなお料理が出てくるかな?とか
お話を広げたり、質問をしたりするのがポイントです。

そして、十分時間がたったかな。
という時に電気を消す…と、大うけ!
1歳の下の子も大喜びです。

個人的にはオチが好きです。
お化けのパーティに参加しちゃう、っていうお話はいくつか読んだことがあるのですが
急いで逃げる、やお友達になる
が多く、いたずらしちゃう。
っていうオチはめずらしいし楽しいなと感じました。

子どもに読みやすい判型で、たくさん工夫が施されているすてきな絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 課題図書!?  投稿日:2017/10/04
ゴムあたまポンたろう
ゴムあたまポンたろう 作: 長 新太
出版社: 童心社
図書館で息子がどうしても読みたい!
と借りた絵本。
長新太さんの絵本は大人にはなんだかわかりにくいのですが
子どもには大ヒットですね。
ほんと不思議ですね。

バラのとげはダメでハリネズミのとげはいいのですか。
ナンセンスだなあ。

そして絵本ナビを見て「第5回課題図書」
とあることにびっくり。

この絵本で感想を書くんですか?
小学生がこの絵本の感想をどう書くのか。
そっちに興味を持ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なつかしい  投稿日:2017/10/04
さむがりやのサンタ
さむがりやのサンタ 作・絵: レイモンド・ブリッグズ
訳: すがはら ひろくに

出版社: 福音館書店
子どものころ読んでいた絵本です。
なつかしいー大好きでした。
絵がおしゃれなんですよね、なんだか。

今見ると、4歳の息子にはちょっと早いかんじ。
でも絵を見てるだけでも楽しいから、そろそろいいのかな?

子ども時代の私の唯一のクリスマス絵本だったのですが
今見るとなかなか大人なお話ですね。
なぜうちの親はもっと王道なクリスマス絵本を買わなかったのか…
と、当時を振り返り思うので
やっぱり我が家にはもう少し先の楽しみにしておこうと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ガイコツの可能性  投稿日:2017/09/22
しゃっくりがいこつ
しゃっくりがいこつ 作: マージェリー・カイラー
絵: S.D. シンドラー
訳: 黒宮 純子

出版社: らんか社
4歳の息子が、今なぜかガイコツにハマっていて、こちらを読みました。
ガイコツがしゃっくりをする、というだけでありえないお話なのですが
しゃっくりの止め方がナンセンスギャグみたいなかんじでおもしろいです。

息子も変なところ探し、と称して変なところを言い当ててくれます。
(水を飲んでも体の中を落ちるだけで飲めない、など)

しゃっくりを読むのが難しいのですが
子ども受けがいいのでがんばって読みます。

それにしてもこの本、ずいぶん有名な本だったんですね。
レビューがたくさんあってびっくりしました。
明日からはもっと丁寧に読みたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい デビュー作とは!  投稿日:2017/09/22
そらまめくんのベッド
そらまめくんのベッド 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
息子の大好きな絵本です。
多分2歳くらいから読んでいます。
いろいろな豆の形が学べて、ためになります。

なかやみわさんの絵本はよく読むのですが、こちらがデビュー作なんですね。
デビューのときから完成度が高くてさすがです。

とてもあったかな気持ちになれる良い絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏にぴったり  投稿日:2017/09/22
みどりのホース
みどりのホース 作: 安江 リエ
絵: やぎゅう げんいちろう

出版社: 福音館書店
息子は柳生げんいちろうさんの絵が大好きで、こちらの本は
同じ絵だ!
と瞬時に気付き購入をせまられました。

内容は夏にぴったりなホース遊び。
ホースがほしくなってしまいます。

1歳の下の子も一緒になって読んでくれます。
とても楽しい絵本でおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いろんなバッグを作りたくなります  投稿日:2017/09/22
クライ・ムキ バッグ作りの超基本
クライ・ムキ バッグ作りの超基本 著者: クライ・ムキ
出版社: 主婦の友社
絵本ナビではこんな本も取り扱っているんですね!
とビックリした1冊。

お裁縫をそこそこするのでこういった本を読むのが大好きです。
こちらは丁寧にバッグの作り方が紹介されているので
初心者や独学で作っている人にぴったり。

どれもこれも作りたくなるのですが、
じつは1つも作っていません。

見ているのが一番楽しいんですよね。
特にこの本は作り方が詳細なのでより作った気になれます。
困ったものです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きなシリーズ  投稿日:2017/09/19
ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻
ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 作: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
4歳の息子が大好きなシリーズです。
たしか2歳のときから読み始めたような…。
今回も、表紙を見るなり「これぼくの大好きなばけたくんだ!!」と
大興奮していました。

内容にも大満足。
でも最後のシーン、たぬきくんかばけたくんなのかわかってないようで
どっちかな〜 とずっと言っていました。
頭の葉っぱに気付くのはいつになるのかな。

1歳の下の子も一緒に読んでいたのですが
やっぱりばけたくんにハマっていました。
かたことで「ばけばけばけ」とずっと言っていて親ばかながらかわいかったです。
簡単にまねできるフレーズが入っているのも人気の秘密なのでしょうか。

小さい子の大好きな、食べ物+お化けで
みんな夢中です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 押してよかった  投稿日:2017/09/19
ぜったいに おしちゃダメ?
ぜったいに おしちゃダメ? 作: ビル・コッター
出版社: サンクチュアリ出版
タイトルから、押しちゃダメなボタンを押そうとしてしまうお話なのかな。
と思っていました。
が、まったく違う、良い意味で期待を裏切る
とても楽しい絵本でした!

ダメなんじゃなく、めちゃくちゃ押していいんです。
そして、押すと絵本ならではの楽しいことが。

会話型絵本とでもいうのでしょうか?
絵本が語り掛けてくるようで、会話しながら自分だけの物語を作っているようです。

もちろん子供たち大喜び。
二人でずっと走り回りながら読んでいました。

一度は読んでもらいたい、とても楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

503件中 51 〜 60件目最初のページ 前の10件 4 5 6 7 8 ... 次の10件 最後のページ

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット