新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト

TOP500

バオバブ

ママ・30代・兵庫県、男13歳 男11歳 女9歳 女4歳

  • Line
自己紹介
 絵本の感想を通して、自分や子どもたちの思いやその時の出来事をつづることが、人の助けになったり、絵本が家族の思い出になったりするってとても素敵ですよね。
好きなもの
 読書・映画・家族旅行の企画・スローロリス
ひとこと
 細く長く、子どもたちとともに絵本を楽しんでいきたいです。

バオバブさんの声

460件中 441 〜 450件目最初のページ 前の10件 42 43 44 45 46 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 短いけれど印象深くてGOOD  投稿日:2008/06/18
よかったねネッドくん
よかったねネッドくん 作・絵: レミー・シャーリップ
訳: やぎた よしこ

出版社: 偕成社
5歳の娘に読んでいたら、7歳と10歳の兄たちが寄ってきました。自分たちは読んだことのあるお話なのに、何度でも読みたい、聞きたいようです。
5歳と7歳は起伏の激しい場面展開に、
「え〜」
「お〜」
「すご〜」
とびっくりしたり、ほっとしたりと忙しい様子「面白い!!」とアンコールされて、また読みました。
10歳の息子はネッドくんの超人的なパワーに感服し、
「すごすぎやし」
の一言をぼそっとつぶやきました。
ストーリーの愉快さに加え、場面展開の明暗がイラストの明暗になっているので、印象深く大人も楽しい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はじめはゆっくり、だんだんはやく  投稿日:2008/06/18
これはのみのぴこ
これはのみのぴこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: サンリード
 はじめはゆっくりと読み始め、最後は早口言葉のように読んでいます。
兄たちもとても大好きでしたが、娘もすっかり気に入った様子で、暗唱しようとしています。
 中でも「…どろぼうにとまとぶつけたやおやさん」がお気に入りのようですそこになると声を出して笑っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まさに娘のことのよう  投稿日:2008/06/16
ちびうさまいご!
ちびうさまいご! 作・絵: ハリー・ホース
訳: 千葉 茂樹

出版社: 光村教育図書
 娘は5歳です。遊園地へ行くと4歳以上なので一人前にパスポート料金も必要です。でもこぶりちゃんの彼女は107p、お兄ちゃんたちといっしょに乗りたい乗り物は110p以上で、
「ざんねんね、あなたには まだ むりよ。」
といわれてしまいます。娘が一番乗りたい乗り物は、大きなジェットコースター、これもちびうさといっしょです。 ちびうさに自分を重ねて、読んでいるときはちょっとしんみりムードでした。
 その後、今度遊園地へ行ったときのお話を兄たちとして、大きくなるのを楽しみにしている様子は、ちょっとちびうさちゃんよりおねえちゃんでした。
 お話のあと、誕生日のことや成長のことなどを合わせていっしょにお話をするにはよい本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なぜおもしろい?  投稿日:2008/06/16
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
なぜだかわからないけど、すごく喜びます。
「もこ」
で、にやりとわらいながらこちらの顔を見ます。
「もこ もこ」
「にょき」
で、ふふふんっと鼻を鳴らしてわらいます。
「もこ もこ もこ」
「にょき にょき」
で、声を立てて笑うんです。
何度も何度も読まされます。自分でも何度も何度もページをめくります。他の人の感想にもありますが、本当にだまされたと思って読み聞かせてみる価値有りだと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外でおもしろい  投稿日:2008/06/16
おとぞうさん
おとぞうさん 作・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: ほその あやこ

出版社: らんか社
 娘のほしがるぞうさんを見ている内に、お父さんも欲しくなりました。そんなお父さんの目の前に怪しげなゾウが…そのゾウに手渡された箱にはなんとゾウ変身用のクリームと薬が入っていました。
 何という展開!!
「おとぞうさん」とはそんな意味だったのか〜!と横で聞いていた7歳の兄がつっこむほど…。
 最後の最後には、さらに意外で意味深なライオン箱の挿絵に、お話の続きを想像して親子三人で楽しみました。
 意外でなかなか面白いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 四人兄弟姉妹全員はまった、なぜこわい?  投稿日:2008/06/16
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
最近活発にうろつき周り、危険なことをするようになった1歳の娘です。いすや階段から落ちそうになったりすると
「こわい こわいよ。」
と声を掛けることも多くなり、「こわい こわい」を何となく理解している様子。
 そこで、九時になってもごそごそしていてなかなか寝そうになかったので、兄姉たちに読んでいたこの本を読んでみました。読んでいる間じいっとだまって聞いていました。
「ねんね、こわい こわいよ」
(ねんねするよ。ねんねしないとこわいよ。)
と四人目もまたおどして???しつけて???しまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 抱腹絶倒  投稿日:2008/06/16
かぜがふいたら
かぜがふいたら 作: ルース・パーク
絵: デボラ・ナイランド
訳: まえざわ あきえ

出版社: 朔北社
久しぶりにお腹を抱えて笑いました。
今日の夜はこの本を読んでやろうと、何気なく読み始めたらおかしくておかしくて、1歳の娘が昼寝しているというのに、お腹を抱えて笑っちゃいました。
久しぶりのヒット!!です。
楽しい絵本、優しい絵本、素晴らしい作品はたくさんあります。それぞれの味わい深さがあって良いのですが、この本はおもしろい!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 絶対はまります  投稿日:2008/06/11
えんにち奇想天外
えんにち奇想天外 作: 齋藤 孝
絵: つちだ のぶこ

出版社: ほるぷ出版
 イラストのつちだのぶこさん、最高!です。
 単に四字熟語が続くストーリーではなく、おもしろおかしすぎです。
しかも細部にわたって趣向が凝らされていて、本筋とは別に楽しめることがいっぱいつまった絵本です。
 「おっと合点承知之助」に続いて同じキャラクターたちが出ています。前回にも登場した忍者がお気に入り!子どもたちは怪しげな忍者さがしや、忍者の変装を見破る証拠(着ぐるみファスナーほか)を見つけて大喜びでした。
 この絵本にすっかりはまり、四字熟語の普段づかいごっこがしばらくはやりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度読んでも?見ても?飽きません  投稿日:2008/06/10
かばんうりのガラゴ
かばんうりのガラゴ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
 子どもは大好きで、何度も何度もこの本を選んできます。
この本は一ページの中に、本筋意外にも、ちょっと本筋と絡んでいたり、独自のストーリー展開があったり、読み聞かせの速さでページをめくるのは不可能な隅々まで楽しいイラストの絵本です。
 ガラゴだけでなく、今回はこのキャラクターを追いかけて…と読み進めると、一冊の本なのにいくつものストーリーが楽しめます。
 キャラクターだけでなく、あったらいいなと思うかわいい雑貨がいっぱいで、何度読んでもうきうきします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつもにこにこしていよう  投稿日:2008/06/10
おばけめぐり
おばけめぐり 作: 瀬川昌男
絵: スズキ コージ

出版社: 金の星社
 スズキコージさんのイラストの本がお気に入りだった長男が選びました。スズキコージさんのイラストと本の題名にちょっとびくびくしながら読み始めました。

 ただただおばけや幽霊はこわいものと思う本ではありませんでした。
いろいろなおばけも幽霊も身近にいることを教えてくれますが、
「いつもにこにこ明るい人には、暗い霊は近づけない。
 そういう人は、ご先祖さまの守護霊や良い霊に守ってもらえるから  ね。」
「マナーを守っておばけとなかよく暮らすのだよ。」
とおばけや幽霊の話を通して、生き方や先祖の霊や自然を大切にする心をも教えてくれる意味深い本です。
一読の価値有り!
参考になりました。 0人

460件中 441 〜 450件目最初のページ 前の10件 42 43 44 45 46 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット