新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

コッカ

パパ・40代・静岡県、女3歳 女0歳

  • Line

コッカさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う マンガみたい  投稿日:2003/12/12
バムとケロのにちようび
バムとケロのにちようび 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
絵がきれいで、コマ割があったりで、初めはマンガのような本でなかなか手に取ることができませんでした。
妹が誕生日のプレゼントで娘に買ってくれたので読み始めた次第です。ところが読んでみると絵の中にバムとケロのとっても素敵な掛け合いが描かれており、子どもは夢中になってしまいました。内容もとっても楽しく、シリーズで読んでみようかなと思います。
ただどうしてもマンガというイメージが抜けなくて・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まだ3才...  投稿日:2003/05/20
ぼうし
ぼうし 作・絵: 瀬川 康男
出版社: 福音館書店
私にとって今、というか過去10年来とても好きな絵本です。この本に出会ったときにはまだ娘どころか結婚もしていませんでした。でも、瀬川さんの独特の絵といい、素敵な詩といい、私にとって忘れることのできない本との出会いでした。娘は怖がってしまいこの本を気に入ってはくれません。でも、娘はまだ3才。この本の良さがわかるのは何才になってからだろう...
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2ねんたつけど  投稿日:2003/03/17
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
 この本を買ってきたのは子どもが8ヶ月のころでした。「のせてくださーい」の後で、「りんごとバナナ」「コップとスプーン」など、次のページを自分からめくっていきます。
 そしてもうすぐ3歳になる今でもこの本を持ってきて読んでもらうことをせがみます。
 子どもにとってそれほど印象深い本ならばと、友人の子どもの1歳の誕生日プレゼントにもしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う よがあけました  投稿日:2003/03/09
11ぴきのねこ
11ぴきのねこ 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
内容がとても面白い!とは言えませんが、子どもにはとても印象深い作品ではあると思います。この絵本のなかで「よがあけました」の場面は日常食事のときに、さかなを食べ終わったとき、「よがあけました」と2才半だった娘が叫ぶのを見たからです。この本は今20才になる姪っ子がまだ3才のころプレゼントしたのですが、読み方で子どもたちのとらえる印象が違うのだと言うのが実感できました。ながく読み継がれていることから「良い絵本」と言えるのでしょう。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット