INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

KANSAMAさんの公開ページ

KANSAMAさんのプロフィール

パパ・30代・東京都、女7歳 男2歳

自己紹介
東京生まれの東京育ち。
技術系の普通(と思っている)のサラリーマンです。
仕事と絵本との関連は、まったくありません。

自分が子供の時は、人並み程度に絵本に興味があったくらいだと思います。
子供(娘)が出来てからも、当初は絵本ってお話がわかるようになってから読むものだと思っていました。
とりあえず、娘が1歳になって絵本でも読み聞かせてみるかな?といった軽い気持ちから入りました。
その際、選定に「絵本ナビ」の協力をいただきました。
そういった経緯で、いざ絵本を娘へ読み聞かせてみると、やられた!すごい!って電撃がはしりました。
実際に文字がわからない1歳からでも、絵や文に物凄いリアクションをみせるものだとわかったのです。
それからというもの、多くの絵本(我が家の本棚には300冊以上並んでいます)を子供と読み、「子供と絵本を読んでいる時って本当に幸せ!」だなと感じるようになりました。
振り返れば、2003年3月から子供の成長(絵本に対しての子供の反応)を記録するために、投稿させていただいています。
この場を提供してくださった、絵本ナビ事務局様に感謝しています。
好きなもの
・絵本
 特に好きな絵本は エリック・カール 「パパ、お月さまとって!」←夢があふれてる
             モーリス・センダック 「かいじゅうたちのいるところ」←子供より自分の方がはまってしまった
              マーガレット・ワイズ・ブラウン 「おやすみなさい、おつきさま」←娘と読んだ回数は数百回
             中川ひろたか 「えんそくバス」←子供をひざの上に乗せれば楽しさ倍増
             Ed Emberley 「Go Away! Big Green Monster!」←スゴイ!素晴らしい!面白すぎる!
             マリオ・ラモ 「ねんねだよ、ちびかいじゅう!」←うちの子はちびかいじゅう、あなたのお子さんは?
・子供と遊ぶこと
・休日
・本(小説)
ひとこと
パパたちに言いたい。
「子供と絵本を読んでいますか?」
読んでいなかったら、
「子供と絵本を読んでください。」
幸せをママたちが独り占めしてますよ。

KANSAMAさんの声

487件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 息子に読み聞かせるはずだったのですが、、  投稿日:2006/08/19
赤ちゃんのためのことばの絵本
赤ちゃんのためのことばの絵本 作・絵: 桑原 伸之
出版社: あすなろ書房
1歳児の息子に読み聞かせるはずだったのですが、、、。
なぜか、5歳の娘の方が何度となく読んでいます。
「ころころ」や「ぴょんぴょん」や「ゆらゆら」といったリズムの良い言葉が読みやすいからかと思います。
まるまるとした絵も娘にとっては魅力のようです。
娘とは、クイズ形式「ペンギンさんはどこでぴょんぴょんしているの?」みたいな読み方をして楽しんでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さらに成長  投稿日:2006/08/04
そらまめくんのぼくのいちにち
そらまめくんのぼくのいちにち 作: なかや みわ
出版社: 小学館
娘に好評の「そらまめくん」シリーズ。
4冊目我が家の本棚に増えました。
「そらまめくんとながいながいまめ」で、そらまめくんが随分と成長したものだなと思いましたが、今回、仲間と共存出来るようになっており、さらに成長を感じました。

「そらまめくん」シリーズとともに娘も成長しており、3年前は「そらまめくん」と同じように自己中心的だった2歳の娘が5歳になり、1歳の弟の面倒を見るようになりました。そういった点が「そらまめくん」の成長と重なってるなぁと感じました。
うちの娘にとっては大変タイムリーな絵本で貴重だと思っています。

一度、シリーズ通して読まれるのが良いかと思います。
ちなみに自分と娘は虹のシーンがお気に入りです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ジャムサンド好きにはたまらない!?  投稿日:2006/08/04
ジャイアントジャムサンド
ジャイアントジャムサンド 作・絵: ジョン・ヴァーノン・ロード
訳: 安西 徹雄

出版社: アリス館
リズム良く、スケールが大きい絵本です。
発想が、これまた愉快。何かギネスに挑戦しているような光景。
ジャイアントジャムサンドを見て、娘は食べたいといってました。
最後に逃げた3匹の蜂が、仲間たちを引き連れて、、、と続編を考えてしまったのは私だけでしょうか。裏表紙にも3匹の蜂が。
この絵本を読んでから、朝食時に娘はジャアントジャムサンドを食べるといって、ジャムサンドを喜んで食べていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 名文句です  投稿日:2006/07/11
おじさんのかさ
おじさんのかさ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
5歳の娘と一緒に読んで楽しんでいます。
何といっても
「あめがふったらポンポロリン。あめがふったらピッチャンチャン。」
この名文句、一度聞いたらなぜか忘れられません。
娘にとってもリズム感良い文章は音読しやすいようで、読んでくれたりもしています。
この絵本を読むと、モノの価値観が子供にも多少は養われるかなと思いました。
「宝の持ち腐れ」。自分もしているなと考えさせてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「どこだ!どこだ!」  投稿日:2006/06/16
ミッケ!5 ファンタジー
ミッケ!5 ファンタジー 作: ジーン・マルゾーロ
絵: ウォルター・ウィック
訳: 糸井 重里

出版社: 小学館
5歳の娘と楽しんでいます。
結構、難しいものもあり、「どこだ!どこだ!」
と大人の方も真剣になってしまいますね。
1回、探してしまえば、飽きて終わってしまうものかと思っていたのですが、
娘は制覇したページを覚えるくらい何回もやって、
すばやく探しあてることで得意げにしています。
よーく見るとかくれキャラが、いたりして、
長い間楽しむことが出来ますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ユーモアある楽しい絵本  投稿日:2006/05/08
また ぶたのたね
また ぶたのたね 作: 佐々木 マキ
出版社: 絵本館
ユーモアある楽しい絵本です。
ここ何日か続けて毎晩5歳の娘と読んでいます。
「また ぶたのたね」って続編だったんですね。
知らずに購入しましたが、「また」って前作があるっていう意味だったのかと。
最大の魅力は、「ぶたのなる木」。
ぶらさがっているぶたの表情、おおかみの表情の変化が面白いです。
「ぶたのたね」も是非読んでみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う テンポが良い  投稿日:2006/05/01
くまさん くまさん なにみてるの?
くまさん くまさん なにみてるの? 作: ビル・マーチン
絵: エリック・カール
訳: 偕成社編集部

出版社: 偕成社
ページをめくるたびに、様々な動物たちが登場。
ページを精一杯使って描かれた鮮やかな絵は、まさにエリック・カールならではといったところ。
我が家では「〜さん、〜さん、なに見ているの?」の部分を自分が読み、「〜いろの〜さん見ているの」の部分を娘が読んで、一問一答のようにして読んでいます。
この読み方が結構楽しいです。
繰り返しなのですが、テンポが良いので、あっという間に読めてしまいますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 出産祝いなどの贈り物に良い  投稿日:2006/04/30
おかあさんがおかあさんになった日
おかあさんがおかあさんになった日 作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
出産時の様子を描いた絵本です。
とてもわかり易く描かれているため、子供にも伝わりやすい内容です。
出産時はこんなだったなと、思い出させてくれる、おかあさんのための絵本でもあるかと思います。
5歳の娘は、弟がいる母親の大きなお腹を実際にみているため、「ふ〜ん。そうだよ。」と言っていました。
出産祝いなどの贈り物として、この絵本は良いかと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 5歳の娘にも理解できたようです  投稿日:2006/04/29
とにかくさけんでにげるんだ−わるい人から身をまもる本
とにかくさけんでにげるんだ−わるい人から身をまもる本 作: ベティー・ボガホールド
絵: 河原 まり子
訳: 安藤 由紀

出版社: 岩崎書店
誘拐などの被害からどうやって守れば良いのかを、子供と一緒に語り会える場を設けてくれる絵本です。
日頃から、「知らない人についていってはダメ」と子供と話していましたが、なかなか伝わらない感じでした。
この絵本は、具体例をあげて、わかり易く描かれているため、5歳の娘にも理解できたようです。
大きな収穫だと思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 愛し、愛されることによって  投稿日:2006/04/27
ちびゴリラのちびちび
ちびゴリラのちびちび 作: ルース・ボーンスタイン
訳: 岩田 みみ

出版社: ほるぷ出版
いい絵本です。
「表情豊かな絵」
「シンプルでストレートなストーリー」
であるが故にテーマである「愛」を存分に感じさせてくれます。
愛し、愛されることによって皆、成長してるんだよってことを親子間で感じることが出来ます。
娘と自分のお気に入りは、大きくなったちびちびです。
初めて見たときは、「でっけぇー!」と顔と顔を見合わせました。
参考になりました。 0人

487件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット