オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ジョージ大好きさん 40代・ママ

こっちも楽しいよ
ワタナベさんという絵本が好きだったので…

KANSAMAさんの公開ページ

KANSAMAさんのプロフィール

パパ・30代・東京都、女7歳 男2歳

自己紹介
東京生まれの東京育ち。
技術系の普通(と思っている)のサラリーマンです。
仕事と絵本との関連は、まったくありません。

自分が子供の時は、人並み程度に絵本に興味があったくらいだと思います。
子供(娘)が出来てからも、当初は絵本ってお話がわかるようになってから読むものだと思っていました。
とりあえず、娘が1歳になって絵本でも読み聞かせてみるかな?といった軽い気持ちから入りました。
その際、選定に「絵本ナビ」の協力をいただきました。
そういった経緯で、いざ絵本を娘へ読み聞かせてみると、やられた!すごい!って電撃がはしりました。
実際に文字がわからない1歳からでも、絵や文に物凄いリアクションをみせるものだとわかったのです。
それからというもの、多くの絵本(我が家の本棚には300冊以上並んでいます)を子供と読み、「子供と絵本を読んでいる時って本当に幸せ!」だなと感じるようになりました。
振り返れば、2003年3月から子供の成長(絵本に対しての子供の反応)を記録するために、投稿させていただいています。
この場を提供してくださった、絵本ナビ事務局様に感謝しています。
好きなもの
・絵本
 特に好きな絵本は エリック・カール 「パパ、お月さまとって!」←夢があふれてる
             モーリス・センダック 「かいじゅうたちのいるところ」←子供より自分の方がはまってしまった
              マーガレット・ワイズ・ブラウン 「おやすみなさい、おつきさま」←娘と読んだ回数は数百回
             中川ひろたか 「えんそくバス」←子供をひざの上に乗せれば楽しさ倍増
             Ed Emberley 「Go Away! Big Green Monster!」←スゴイ!素晴らしい!面白すぎる!
             マリオ・ラモ 「ねんねだよ、ちびかいじゅう!」←うちの子はちびかいじゅう、あなたのお子さんは?
・子供と遊ぶこと
・休日
・本(小説)
ひとこと
パパたちに言いたい。
「子供と絵本を読んでいますか?」
読んでいなかったら、
「子供と絵本を読んでください。」
幸せをママたちが独り占めしてますよ。

KANSAMAさんの声

487件中 481 〜 487件目最初のページ 前の10件 45 46 47 48 49 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う すばやくめくります  投稿日:2003/04/07
メイシーちゃんのきしゃ
メイシーちゃんのきしゃ 作・絵: ルーシー・カズンズ
訳: なぎ・ともこ

出版社: 偕成社
一歳後半から良く読んでくれと何回も読んだ本です。
ペ−ジをどんどんすばやく自分でめくっていきます。
絵が気に入っている様子です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カラフルな絵  投稿日:2003/04/07
でんしゃ
でんしゃ 作・絵: バイロン・バートン
訳: こじま まもる

出版社: 金の星社
うちは女の子ですが、色がとてもカラフルなせいか、この本に興味を持ってます。
始まりの「せんろです」では,線路を指で指し、「せんろ」と言い、山,鉄橋,トンネルを出てくる電車をじっくり見ています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 『今度はどこ?』『え-違うよ』  投稿日:2003/04/06
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
『金魚を探すこと』。これが子供にはうけます。
この本を買った当初は『こんどはどこ?』と聞くと、一生懸命探して『ここ-』っと指を差して教えてくれました。
ところが、読み慣れてきた最近では『こんどはどこ?』と聞くと、『ここ-』っと金魚ではないところを差します。
『え-違うよ』というと、『ここ-』と金魚の場所を指差します。場所はわかっているのに、こちらをからかい
わざと違うところを指差すようです。
子供とのコミュニケ−ションにはもってこいの本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 『おいしそうなホットケ−キ』  投稿日:2003/04/06
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
この本はやはりホットケ−キを焼く時の音
「ぽたーん どろどろ ぴちぴち ぷつぷつ」
がユ−モアで子供はそのペ−ジに集中します。
卵を落としてしまうシ−ンでも『あ-あ、落っこちゃった-』と声をあげます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ユニ―クなしかけ  投稿日:2003/04/06
まどから おくりもの
まどから おくりもの 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
サンタさんが窓から見える情報からプレゼントを選び渡す内容。
サンタさんの勘違いに娘は『ちがかったぁ-!』と指摘します。
サンタさんの勘違いにはユニ−クで大人の方が楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とにかく奥が深いです  投稿日:2003/04/06
おやすみなさい おつきさま
おやすみなさい おつきさま 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: クレメント・ハード
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
とにかくうちの娘はこの本が好きです。
もう100回以上は読んでいますが、全く飽きません。
だんだんと照度が暗くなる絵の表現がすばらしく、大人の方も心が落ちつきます。
2歳と2ヶ月の娘ですが、この本の物語をすべて把握しており、一人で読んでいるときもあります。『みどりの大きなお部屋のなかにぃ-』とつぶやいています。
また、細かい点が子供は興味を持つようで、子ねずみがほとんどのペ−ジで登場し、場所を移動しています。それを見つけることが今のブ−ムです。英語版も知り合いから送ってもらったくらいです。
とにかく奥が深いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい う-ん。すごいにつきる。  投稿日:2003/03/29
はらぺこあおむし
はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
何回この本を読んだことでしょうか、、、。
我が家ではこの『はらぺこあおむし』ならぬ、『ちょうちょむし』と名を変えているくらい愛読している本です。
やはり、注目すべきはチョコレ−トケ−キ、アイスクリ−ム、ピクルスと食べ過ぎておなかをこわすところです。
うちの娘はこれらの食べ物を順番どおり指を差し、そしてしゃべり、最後のおなかをこわす絵では『え-んえ-ん。』と泣いてしまいます。泣くふりをするだけですが(笑)。
そして最後には『うわ--!ちょうちょ』と。
本を読みながら、子供を見ていると、喜怒哀楽の怒以外の表情がみれます。
すばらしく完成度が高い本です。
参考になりました。 2人

487件中 481 〜 487件目最初のページ 前の10件 45 46 47 48 49 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット