新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

えれふぁんてせんべい

ママ・40代・

  • Line

えれふぁんてせんべいさんの声

288件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ゆらゆら揺れる海中の  投稿日:2017/01/26
よるのこどものあかるいゆめ
よるのこどものあかるいゆめ 作: 谷川 俊太郎
写真: むらいさち

出版社: マイクロマガジン社
鮮やかに揺らめく海、美しい言葉を囁いて、ゆらゆらと眠りへ子どもを誘ってくれました。子どもを寝かしつけた後に大人のリラックスタイムを演出してくれる一冊です。きこえるはずのない波の音、魚の泳ぐリズム、海の音楽を楽しめます。
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい パパにまかせとけ  投稿日:2017/01/25
まかせとけ
まかせとけ 作・絵: 三浦 太郎
出版社: 偕成社
順次、重機が協力して作業が進みます。読み終わった後、子どもは食後のお茶碗をお盆にのせて「まかせとけ」、重機のおもちゃを砂場に持っていき「まかせとけ」、帰ってきたパパに絵本を持っていき、「パパ、まかせとけ、するの」と読み聞かせを要求。子どもがパパの帰りを待つ一冊です。
参考になりました。 0人

よいと思わない 言わずにはおれない  投稿日:2017/01/22
ねずみのなるき
ねずみのなるき 作・絵: さとう わきこ
出版社: フレーベル館
「こわ〜い、いやだ〜」と子どもが大泣き、読み聞かせた結果、子どもが怖がり、うなされ、寝なくなる絵本です。絵本は読み聞かせる前に中身を確認すべきだと思い知らされました、これだけは絶対によいと思わない。大きいネズミなんて大人でも怖いでしょう。言わずにはおれない、これは読み聞かせてはいけない。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 火山!  投稿日:2017/01/20
ぼうし とったら
ぼうし とったら 作: tupera tupera
出版社: Gakken
帽子より大きいものが登場するしかけ絵本、子どもが表紙の子どもの顔をじっと見ていたので読み聞かせました。帽子をめくるたびに「おぉっ」と驚いていました。子どもの反応が大きいので楽しいです。猫さんの耳のページは何度も開け閉めしていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出  投稿日:2017/01/20
こどものじかん はる なつ あき ふゆ
こどものじかん はる なつ あき ふゆ 作: ギョウ フジカワ
訳: 二宮 由紀子

出版社: 岩崎書店
懐かしく愛おしい、戻りたくても戻れない、子どもに読み聞かせながら絵本の世界にひきこまれました。色彩豊かな絵だけで話の展開がわかるので、幼い子どもも楽しそうに見ていました。屋外で遊び、屋内で遊び、そしてやさしさを知る。小学生くらいのお子さんと一緒に読むと、やさしさについての会話が生まれるような気がします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 1歳児が大好きなしかけ絵本  投稿日:2017/01/17
くだものさん
くだものさん 作: tupera tupera
出版社: Gakken
みかんの顔が忘れられない一冊です。子どもは「おちないで」と言っていました。1歳児が大好きな果物といないいないばぁの組み合わせ、見せれば必ず絵本の世界に入ってくれます。持ち歩きするには少し分厚いのですが、飛行機での長旅などでぐずったときに使えます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何より里芋  投稿日:2017/01/17
やさいさん
やさいさん 作: tupera tupera
出版社: Gakken
子どもが表紙の絵を怖がらなかったので読み聞かせました。いかにもオシャレな絵で絵本コーナーでは目立っていました。オシャレじゃないことを自覚している人にはレジに持っていくのに勇気が必要な一冊です。大きくはないのですが分厚いので持ち歩きはしにくいのですが、丈夫なので、しかけを何回開け閉めしても破れにくいです。子どもも私も、里芋のしかけだ一番きにいりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぬいぐるみっぽい野菜たち  投稿日:2017/01/17
ごめんやさい
ごめんやさい 作: わたなべ あや
出版社: ひかりのくに
野菜が擬人化されている絵本の多くが野菜名を覚えさせることを目的としているのに対し、この絵本は信頼を築くための方法をテーマにしているような気がします。ストーリーがあるので、子どもが飽きずに読み通してくれました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おさるの笑顔  投稿日:2017/01/16
ゆっくとすっく うそはちくちく
ゆっくとすっく うそはちくちく 絵: さこ ももみ
文: たかてら かよ

出版社: ひかりのくに
嘘をついたおさる、何も知らないぺろり、読後、この絵本から伝わる心の温かさに動揺したのか、私は前回の投稿で「嘘をついたペロリ」と書いていました。ごめんなさい、ぺろり、ゆっくとすっく、森の仲間たち。おさるの故意のある嘘とは違って私の記載は故意ではないのですが、ゆるされることを期待している点で質の悪い誤記になってしまいました。子どもが大好きな絵本なのに・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 涙目のゆっくとすっく  投稿日:2017/01/16
ゆっくとすっくと やだやだおばけ
ゆっくとすっくと やだやだおばけ 作: たかてら かよ
絵: さこ ももみ

出版社: ひかりのくに
「やだやだ」に周りも本人たちも困惑して涙目、ゆっくとすっくの顔が忘れられない一冊です。イヤイヤ期は本人もしんどいのだと改めて知らされます。また、イヤイヤ期は怒らず突き放さず、森の仲間たちのように見守ることが大切だと思いました。2歳の子どもは「おばけ、こわーい」と言っていました。もしかしたら、おばけのせいにした「やだやだ」が増えるかもしれませんが、親子で一緒にイヤイヤ期に立ち向かえるような気もします。プレゼントに最適な絵本です。
参考になりました。 1人

288件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット