新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

rin−chan−papa

パパ・30代・山形県、女1歳

  • Line
自己紹介
1歳の娘の父です。
好きなもの
子どもと風呂に入ったり、絵本を読み聞かせている時間
ひとこと
娘が、首がすわりはじめた頃からお風呂上りに、絵本を読み聞かせるのが日課になっています。最近、娘も色々なものに興味を持ち始め、その日の気分で読んでもらいたい本を自分で持ってきてくれるようになりました。娘は好きなページを見たり、ページをめくるのが楽しかったりと、なかなか読み聞かせというわけにはいかない時もありますが、このまま本が好きな子に育ってくれればいいなぁと思っています。

rin−chan−papaさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい さぁ どうぞ  投稿日:2009/04/10
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
本物そっくりの絵で果物まるごとと、実際に食べる形になった絵が見開きで描かれています。果物が大好きな娘は、ページをめくるたびに指をさしてアピールしてきます。

「さぁ、どうぞ」と差し出している絵を見ているせいか、娘も果物を食べる時に、私たちに「どうぞ」と果物を差し出してくれますが、結局自分で「パクッ」と食べちゃいます。

誰かと一緒においしい果物を食べたくなってしまうような素敵な作品です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シュールな面白さに秘めた魅力  投稿日:2009/04/08
コップちゃん
コップちゃん 作: 中川 ひろたか
絵: 100%ORANGE

出版社: ブロンズ新社
「コップちゃん、いくつ」、「コップちゃん、ブッブー」
など、シンプルで言葉を意識し始める時期の子供の耳に残りやすいのでしょうか。

大人の私には、コップを擬人化することのナンセンスさとシュールな面白さしか感じられませんでしたが、娘にとっては好きな本の一つのようです。

と、感じていたのは、娘が10か月の頃まで。

実は、この本はすごいということに気づいちゃいました。

子供がコップに興味をもって「コップを使って飲み物を上手に飲みたい」と思わせるような魔法がこの本には秘められているみたいなんです。

1歳4か月の娘は、この本が今も大好きで、そしてストローを使っても使わなくても上手にコップを使って飲めるようになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもわず笑顔に  投稿日:2009/03/23
おひさま あはは
おひさま あはは 作: 前川かずお
出版社: こぐま社
うちの娘の好きな本のうちの1冊です。3−4ヶ月の頃から読み聞かせているのでかなりのロングヒットです。
単純な「〜が、あはは」という繰り返しですが、その音の響きと、ページをめくるたびに出てくる可愛らしいイラストをみると、読む方も聞く方も思わず笑顔になっちゃいます。娘も私が読み聞かせる「あはは」の音に続いて「きゃはは♪」とかわいらしく笑ってくれます。
この本を見ていると笑顔がとっても素敵になりそうな気がします。
読むと家族そろって幸せになれますよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 裏表紙の・・・  投稿日:2009/03/01
おつきさまこんばんは
おつきさまこんばんは 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
娘が10か月の頃からお気に入りの本です。
娘は家のうしろから月が出てくる「おつきさまだ」のページで必ず笑顔になります。そして、本を読み終わった後、裏表紙のおつきさまが舌を出している絵をみて、娘も「べーっ」と舌を出してくれます。
ページごとのおつきさまの表情から何かを感じ取っているみたいです。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット