話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

きょん☆

ママ・30代・沖縄県、男の子8歳

  • Line

きょん☆さんの声

71件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい カラフルなイラストに息子も夢中でした  投稿日:2017/04/23
くれよんぐるぐる
くれよんぐるぐる 作: まつながあき
絵: はやしるい

出版社: くもん出版
10ヶ月の息子は表紙のぐるぐるを手でなぞっていました。
シンプルでさくっと読める本ですが、イラストはカラフルで可愛くて、息子は何度もページをめくって見ていました。
息子がクレヨンが握れるようになったら、こんな感じでぐるぐると夢中でお絵描きして楽しむんだろうなぁと楽しみになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言葉の練習にぴったりです  投稿日:2017/04/23
あかちゃんごおしゃべりえほん
あかちゃんごおしゃべりえほん 作・絵: かしわら あきお
監修: 小林 哲生

出版社: 主婦の友社
赤ちゃんが発しやすい言葉をまとめた絵本だそうです。ページ数も多く読み応えもありますし、どのページのイラストをカラフルで可愛くて赤ちゃんも喜びそうだなと思いました。
10ヶ月の息子は、まだしっかりは意味を理解して話していませんが、パパパパとかまんまなどの言葉が何となく出てくるようになりました。
この本を一緒に読みながら、言葉の練習が出来そうだなぁと思いました。
出てくる言葉もイラストと連動して話が繋がっていくところがまた面白いです。言葉を話し始める時期から長く楽しめる本だと思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 笑ってリフレッシュできる本  投稿日:2017/04/18
ヨチヨチ父 とまどう日々
ヨチヨチ父 とまどう日々 作: ヨシタケシンスケ
出版社: 赤ちゃんとママ社
初めてヨシタケシンスケさんの作品を読みました。
面白い!あるある!とニヤニヤしながら読みました。
我が家にもパパになってもうすぐ1年のヨチヨチ父がいます。
出産後抱き方が分からなかったのか、ガッチガチに固まった体勢で恐る恐る息子を抱っこしていた主人の姿に爆笑したのを思い出しました。見ているこっちがヒヤヒヤでした。
仕事で帰りが遅い主人。寝ている息子を撫でながら「どうしてこんなに可愛いんだろう」が口癖です。
我が子と毎日一緒に過ごしている母親よりは、ヨチヨチとゆーっくりのペースですが父親になっていく姿は、世の中の誰もが共感できると思います。
世のお父さんたちは是非読むべきですね。
母親も育児の合間に、サクッと読んで笑ってリフレッシュできる絵本です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 奇想天外な行動に共感!  投稿日:2017/04/18
いっさいはん
いっさいはん 作: minchi
出版社: 岩崎書店
もうすぐ1歳になる息子と重なる部分が多く、楽しく読みました。イラストをまた味があって良いですね。
魔の2歳の一歩手前はこんなに面白い事をしてくれるんですね。
静かにしてたらだいたい散らかしてる。
抱っこするとメガネをうばう。
口の中にご飯をいっぱいつめてくしゃみ。
真ん中に寝ていたはずなのに朝になるとはしっこ。
同じだねー!と主人と一緒に読みながら笑いました。
コレは息子はまだやらないなーというのもいくつかあり、来たる1歳半に向けてドキドキワクワクが増えました。
おむつ替えを嫌がり逃げ回ったり片付けたのにすぐ散らかされたりと、日々忙しく過ごしているとたまにイライラする事もあるけれど、この絵本を読んでみんな一緒なんだなぁと思えます。絵本と一緒だ☆と笑って子育てできそうです。
奇想天外な動きで驚かせたり笑わせてくれる1歳半。その貴重な可愛い時期を見逃さないように、私も息子との時間を大切に過ごしていきたいです。
子育てをより頑張ろう!って元気をもらえる1冊だと思います。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 全16曲!ボリュームたっぷり楽しめます  投稿日:2017/04/18
どうよううたのえほん2
どうよううたのえほん2 出版社: 永岡書店
姉から出産祝いにプレゼントされたものです。姉の息子たちも小さい頃から大好きで破れるほど遊んだよって。
16曲の童謡が歌とカラオケと2バージョンずつ入っていて、たっぷり楽しめます。
私も息子が生後間もない頃からずっと、歌を流して楽しんでいます。10ヶ月になった息子は自分でボタンも押せるようになり、ニコニコしながら楽しんでいます。
もうすぐ5月で初節句を迎える息子。分かって押しているわけではないと思うのですが、こいのぼりの歌ばかりを何度もリピートしていて面白いです。
自分が幼い頃は歌詞をしっかり覚えていたはずですが、今はどの曲もあやふや。このうたのえほんのおかげで、思い出してきました。
うたバージョンは1番だけですが、カラオケバージョンで本の歌詞を見ながら2番まで歌います。2番ってこんな歌詞だったんだー、と楽しみながら。
最近音楽に合わせて体をユラユラするのにハマっている息子は、私の歌声にニコニコ乗ってくれ、それがまた可愛いです。
最近は主人も横から口ずさむようになりました(笑)
音楽や歌は家庭を明るくしてくれると思います。小さい赤ちゃんから小学生くらいまで長ーく楽しめる絵本だと思います!
出産祝いにもピッタリです(^_^)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あるある!と頷きたくなる絵本です  投稿日:2017/04/12
だめよ、デイビッド!
だめよ、デイビッド! 作・絵: デイビッド・シャノン
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
活発な子の日常ではよくある光景だなと思いました。以前保育園に勤めていたこともあり、よく見ていた光景です。
ダメって言われたら、余計派手にやりたくなっちゃうんですよね〜。
イラストがまた良い味出していました。どのページも面白い!
食べ物で遊んじゃいけませんの部分の食べ物で作った人形みたいなのが、またリアルで笑いました。
ダメダメって言ったら子育てに良くないように感じますが、何が悪いのかをしっかり教えてあげたら、言っても良い言葉だと私は思っています。
まだ0歳で可愛いばかりの息子ですが、いつの日かダメダメガミガミ言ってしまう日が来るのかな?
その時は一緒にこの絵本を開いて、デイビッドはどうして怒られてるのかな?って息子と一緒に考えながら読みたいです。
最後のページのママのギューっと抱っこで、ダメダメって言ってた全てが帳消しになりますね。とっても愛がある絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人でも読み応えがある絵本です  投稿日:2017/04/10
されどオオカミ
されどオオカミ 作・絵: きむら ゆういち
出版社: あるまじろ書房
読み終わった後に、なんだかジーンときました。
人間のバートルと狼のリーダーのタオ。敵だけど友達のような存在のふたり。
終盤のバートルとタオの戦いの様子は息をのみました。
タオが居なくなった森は、だんだんと荒れ果てていきました。
自然はいろんな生き物が共存している場所で、みんなが支え合って生きていく場所。誰かが欠けたら、美しい自然も保てなくなり、美味しい作物も実りません。
それを絵本の中で上手く表現していると思いました。
生き物を大切にすること。自然を大事にすること。
色々な事を学べる絵本だと思いました。息子は0歳ですのでまだ分かりませんが、大きくなったら一緒に読みたいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 毛並みが本格的で気持ち良いです  投稿日:2017/03/25
ふわふわだあれ?
ふわふわだあれ? 作・絵: いりやま さとし
出版社: Gakken
友人から出産祝いで頂いた一冊です。
10ヶ月の息子は最近は指先の使い方も上手になり、何でも触りたい時期です。
もう少し幼い頃はあまり興味を示しませんでしたが、最近はこの本を引っ張り出してはページをめくり、ヒヨコやねこ、羊の柔らかい毛並みを触って遊んでいます。
先日動物園のふれあいコーナーでヒヨコや羊を触る体験をしました。毛並みがこの絵本に出てくる動物達とそっくりでした。
息子も絵本で感触に慣れているからか、大喜びで動物たちを撫でていました。優しく上手に撫でることができていました。
イラストも柔らかで愛らしいです。お昼寝の前やおやすみ前など、ゆーったりとした時間に読むのにピッタリな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食育絵本として子供に読むのにピッタリな本です  投稿日:2017/03/25
とまとさんがね・・
とまとさんがね・・ 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社
友人から出産祝いに頂いた一冊です。
擬音語がたくさん使われていて、息子に読むとニコニコしながら聞いてくれます。
お相撲さんになったとまとさん。張り切ってぶつかった結果つぶれてしまいました。
でもたまごさんが「しんぱいごむよう!」ってやって来て、美味しいオムライスのケチャップに変身させてくれました。
トマトは生で食べても加熱しても、つぶれてしまっても、どんな料理にでも美味しく変身できる食材。それをとっても上手に表現してあるなぁと思いました。
私は保育園で管理栄養士として勤務経験がありますが、食育絵本として子供たちに読むのにピッタリだと思いました。もしかしてトマト嫌いもなおせるかも。
おいしいともだちシリーズ、他のものも是非読んでみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物たちの描写がとても上手です  投稿日:2017/03/25
もうおきるかな?
もうおきるかな? 作: まつの まさこ
絵: 薮内 正幸

出版社: 福音館書店
登場する動物たちの寝ている様子、起きた時の様子をリアルに表現した絵で、本当に似ていてビックリです。ネコや犬なんて、丸くなって寝ているところや起きて伸びをしたりあくびをしている絵がまるで本物みたいで今にも動き出しそう。
文字も少なくてゆっくり読み進めることが出来るので、息子は4ヶ月くらいからじっと見てくれていた絵本です。
おやすみ前や、お昼寝から起きたばかりでぼーっとしている時に、ゆーったり読むのにピッタリな絵本です。
参考になりました。 0人

71件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット