へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

ぴょーん爺さんの公開ページ

ぴょーん爺さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・愛知県

ぴょーん爺さんの声

11897件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい はずかしがりやのきつねさん  投稿日:2019/01/27
もういいよったらもういいよ
もういいよったらもういいよ 作: 香山 美子
絵: あんびる やすこ

出版社: 金の星社
はずかしがりやのきつねさん、かくれんぼばっかりしていたきつねさんの存在に気がついたくまさんが、「もう いいよったら もう いいよ」と、声をかけてあげたのが、よかったです。くまさんが、お魚を取ったとき、「ぱち ぱち ぱち ぱち」と、手を叩いてくれたり、木苺摘みのときも籠の中に入れてくれたのに気がついたくまさんでした。くまさんのお弁当作りもお友達のために一緒に食べようと早起きして作りました。楽しいおしゃべりが夕方まで続いてよかったなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おじいちゃん、素敵です♪  投稿日:2019/01/27
いいからいいから5
いいからいいから5 作: 長谷川 義史
出版社: 絵本館
おじいちゃん、「いいから いいから」と大らかに考えて、マイペースな性格がいいなあと思いました。宇宙人でも、先ずは、歓迎してもてなす精神がいいなあと思いました。「いいから、いいから。地球人も、宇宙人も、さっぱりしたいときは、同じじゃから」と銭湯でおじいちゃんがみんなの分のお金を出すのも太っ腹でいいなあと思いました。宇宙に連れて行かれなくてよかったです♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても素敵な恋♪  投稿日:2019/01/27
ふたつのねがい
ふたつのねがい 作: ハルメン・ファン・ストラーテン
訳: 野坂 悦子

出版社: 光村教育図書
冬のおとぎばなし「ふたつの ねがい」とタイトル通りにあるように読んでいても胸が「キューン!」とするとても素敵な恋物語でした。ガラス玉の中で、ひとりぼっちのゆきだるまが、暖炉の時計の中の天使から、”1時間だけ自由をもらいます。踊り子と楽しい一時を過ごし、踊り子に恋をしてしまいました。1時間過ぎるとゆきだるまは、元いた場所に戻らないと、解けてしまいます。そのことを踊り子が知って、天使に踊り子の願いも叶えてもらうように頼んだのです。ゆきだるまと永遠に一緒に踊っていられるように・・・・
ガラス玉の中でゆきだるまと踊り子が永遠に一緒にいられるように二人の願いが叶ってとても嬉しかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 命あるもの 永遠の命あるもの  投稿日:2019/01/27
もりのくまとテディベア
もりのくまとテディベア 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: 金の星社
命がある森のくまと、捨てられない限り永遠の命あるテディベアとが比べられてました。私は、森のくまさんのように恋をして生まれてくるこぐまがいるほうがいいなあと思いました。「目を瞑り、落ち葉の上に横たわり静かなため息をひとつして」が、ちょっと寂しくなりましたが・・・・・・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怪しげな坊さんは、忍者。”怪僧タマネギ坊”  投稿日:2019/01/27
野菜忍列伝其の四 怪僧タマネギ坊
野菜忍列伝其の四 怪僧タマネギ坊 作・絵: 川端誠
出版社: BL出版
表紙の怪しげな坊さんは、実は忍者。人よんで怪僧タマネギ坊と解説があったので、安心してページを捲りました。海に巨大イカ、タコ、海老が現れて猟が出来なくなったので、漁師から頼まれたので退治に出かけた怪僧タマネギ坊でした。忍者だから、少しも慌てないのが凄いなあと思いました。呪文は、わけがわからなかった(笑)一番いいなあと思ったのが、コックさんがやってきて本場インドのシーフードカレーが美味しそうなので食べたくなりました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自慢の体を披露する”イモムシ・コレクション”  投稿日:2019/01/27
ずら〜りイモムシ ならべてみると…
ずら〜りイモムシ ならべてみると… 写真: 安田 守
文: 高岡 昌江

出版社: アリス館
”しゃきーん”と並んでご挨拶しているのが、イモ・コレから選ばれた、イモムシ代表18匹です。横向きに、ずら〜りと並んで紹介されています。緑・黄色・真っ黒け・とげとげ・しましま・まだら模様と、みんな、細長い体です。写真絵本で紹介されてます。頭とお尻をくらべっこしたり、脱皮して大きくなるのも描かれてます。又脱皮して蛹に変身。イモムシが、蝶になった、ガになった!蝶とガの最後の仕事は、卵を産むことも描かれていてとても詳しく学べました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい テスが家族になるまでを描いています  投稿日:2019/01/27
こいぬ、こいぬ、わたしのこいぬ
こいぬ、こいぬ、わたしのこいぬ 作: キャサリン・アンホルト ローレンス・アンホルト
絵: キャサリン・アンホルト ローレンス・アンホルト
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 徳間書店
アンナは、犬が大好きです。だから、アンナの部屋には、いろんな犬がいます。ぬいぐるみも犬。ゆたんぽも犬。壁に貼るポスターも犬。書く絵も犬。スリッパだって。なにから、なにまで犬ばかりです。でも、アンナのうちには本当の犬はいませんでした。子犬のテスを貰ってきて育てますが、テスがアンナの大切にしていた宝物を全部かじってしまってからは、「こんな犬、だいっきらい!」と言ってしまいました。くんくん、震えて鳴いているテスをみてからは、「怒ってごめんね。私が、ママになってあげる」と優しく面倒をみて、テスは、家族の一員になったのでした。いまでも、勿論犬は大好きなアンナですが、「テスが、一番好き!」な、アンナでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長野ヒデ子さんの絵が楽しいです♪  投稿日:2019/01/27
おばけいちねんぶん
おばけいちねんぶん 作: 星川遥
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 小学館
「おめでとうございま〜す!クイズに正解したあなたには、なんと”おばけ一年分”をプレゼントします!!」1月から12月まで、毎月おばけが、やって着て長野ヒデ子さんの描くおばけが楽しみになった私でした。5月にやってきた”ふうせんみたいなおばけ”が、ゴールデンウィークにパパやママがどこにも連れて行ってくれないから、おばけの背中に乗って遊びに行ったのがいいなあと思いました。渋滞なんか、なんのその。乗り物は、おばけが一番だねと書いてありました(笑)日記形式になっていて毎月どのおばけがくるのか楽しみになりました。大晦日に一年分もおばけがやってきて、双六をやって、”世界一周おばけツアー”に招待されたから、その絵本も読みたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしいざりがにつり  投稿日:2019/01/27
バナナこどもえん ざりがにつり
バナナこどもえん ざりがにつり 作: 柴田 愛子
絵: かつらこ

出版社: 童心社
表紙の”ざりがにつり”の絵をみてなんだかとても懐かしい思いがしました。田んぼや小川にざりがにつりに行くのは日常茶飯事の時代だったので、懐かしくて嬉しい気持ちになりました。バナナこどもえんのこどもたちは、逞しいさが感じられてよかったです。かっきーとあーくんの喧嘩も自分たちの気持ちを大切にして見守っているのがいいなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつもの名前がいいね♪  投稿日:2019/01/27
ぷうちゃんのちいさいマル
ぷうちゃんのちいさいマル 作: 東 直子
絵: たんじあきこ

出版社: 岩崎書店
明るい表紙に惹かれて図書館から、借りてきました。「ぷうちゃん」って、とても可愛い名前ですね。ぷうちゃんが、スキップしながらいつもの道をお散歩していました。転んで、「ぷ」の小さいマルを落としてしまったから、大変なことになってますね(笑)でも、元通りになって一安心でしたね。やっぱり、いつも呼びなれている名前がいいですね(笑)
参考になりました。 0人

11897件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット