まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

押し寿司さんの公開ページ

押し寿司さんのプロフィール

その他の方・70代以上・愛知県

押し寿司さんの声

14269件中 61 〜 70件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どんなときでも、あなたが すき。  投稿日:2020/01/15
あなたがだいすき
あなたがだいすき 作: ベイカー・リザ
絵: マクフェイル・デイビッド
訳: 日当 陽子

出版社: フレーベル館
「どんなときでも、あなたが すき。」

「あなたが、あなただから、あなたが だいすき!」

亡き母や父はそう言ってはくれなかったけれど、いつも愛されて

いたなあと思いました。でも、そう感じてもらうには、常に”好き”

という言葉を恥ずかしくても何回も言った方がよかったなあと思い

ました。子育て中のパパやママには、言葉に出して”あなたが

大好き!”と言ってほしいなあと思いました。孫には、照れるけど

言うように心がけています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しくやってます  投稿日:2020/01/15
いまなんじ?
いまなんじ? 監修: 川島 隆太
出版社: 成美堂出版
12歳のちょっとゆっくり、ゆっくりの孫も時計がわかるようになったので選びました。楽しくて、やりたくてしかたないようすだと聞きました。7歳の弟も時計を学んでいるので、とりあいしながらやっていると知り嬉しく思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好物の、”ヘりオトロープ・パンジー”  投稿日:2020/01/14
がちょうのアレキサンダー
がちょうのアレキサンダー 作・絵: ターシャ・テューダー
訳: ないとうりえこ

出版社: KADOKAWA
がちょうのアレキサンダーが、大好物の”ヘリオトロープ・パンジー
”には目がなく、叱られても絶対にあきらめないのが、凄いなあと
感心しました。アレキサンダーが、”畑の若い人参の芽と、若いレタスの芽をお腹におさめて、最後にヘリオトロープ・パンジーをデザートにしよう”と考えてたり、”花たちが、食べてもらうのを待ってるよ”と、アレキサンダーの都合のいい考えには、呆れますが諦めないアレキサンダーにも感心してしまいました。(笑う)美味しいものを食べたい気持ちはいいなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カナリアのシスターBに素敵な家族が増えました  投稿日:2020/01/14
Tasha Tudor Classic Collection カナリアのシスリーB
Tasha Tudor Classic Collection カナリアのシスリーB 作・絵: ターシャ・テューダー
訳: 内藤里永子

出版社: KADOKAWA
トムトムとエフナーの兄と妹が飼っているカナリアのシスターBに、
お嫁さんのイエロー・バードが来て、青い卵4こ産みました。
シスターBがおよめさんを守ろうと必死なのが、凄くよかったです。
赤ちゃんカナリア4羽の名前が、ピプキンズ、ヒピティポップ、シスリーC、チッコリと可愛い名前の付けてもらって、エフナーとトムトムは、小鳥たちの世話を続けました。カナリアの赤ちゃんは増えて。またまた増えて、また増えて、シスターBは、もう、ひい・ひい・
おじいさんになったのが、凄く嬉しかったです。感心したのは、人形の家のお風呂桶をけっして、自分の子供にも・孫にも使わせないで、大事なおくさんイエロー・バード2羽だけの、専用にしていることでした。年とっても二人だけの時間を大切にするって大切なことなんだけれど、なかなか見習えないです。(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バーナデットの美しい風景画が綺麗!  投稿日:2020/01/14
きたかぜとたいよう
きたかぜとたいよう 作: イソップ童話
絵: バーナデット・ワッツ
訳: もきかずこ

出版社: 西村書店
お馴染みのイソップ童話、「きたかぜとたいよう」です。

バーナデットの美しい風景画がどのページも綺麗なので見惚れて

しまいます。北風と太陽の言い争いで旅の男やそこで暮らす人々

は大迷惑をしていると思いました。太陽が言った、「人は 力より、

優しさに心を 動かされるものなんだよ」が印象に残りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 仲良しの二人  投稿日:2020/01/14
ふかふかの羽の友だち
ふかふかの羽の友だち 作・絵: ウォン・ハーバート・イー
訳: 小野原 千鶴

出版社: 小峰書店
ネズミさんとモグラくんは、大の仲良しです。お互いが、得意分野を生かして協力して遊んでいるなあと思いました。鳥を観察にて、一緒に本を作ることにしたのです。モグラ取りとネズミ鳥に変身した姿が面白かったです。仲良しの二人は、なにをしても楽しむことが出来ると思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パパとの会話に”ふふふ”ってなっちゃいます  投稿日:2020/01/14
こねこのプーフー (10) リサとガスパールにあったよ!
こねこのプーフー (10) リサとガスパールにあったよ! 作: アン&ゲオルグ ハレンスレーベン
訳: ふしみ みさを

出版社: 小学館
想像力が逞しいこねこのプーフーのパパとの会話に、”ふふふ”
ってなってしまってとても楽しいです。よる寝る前の”おやすみまえ”に、保育園であったできごとがあまりにも現実離れしていますが、パパとの会話がいいなあといつ読んでも素敵です。パパの上手くフォローしていてプーフーを気づつけないように、聞き上手になっているなあといつも感心します。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドーナツたちが、穴あけのしかけでいろんなことなものに変身!  投稿日:2020/01/14
まてまてドーナツ
まてまてドーナツ 作・絵: わたなべ ちいこ
出版社: フレーベル館
表紙の美味しそうなドーナツに惹かれて図書館から借りてきました。山奥でドーナツやさんを始めたドナドナさんですが、ちっともお客様がきてくれないので、ドーナツたちが一斉に逃げ出してしまいました。でもそのおかげで、ドーナツを食べたお客様が、美味しいので毎日ドーナツはとぶように売れてドナドナさんのお店はおおにぎわい。ドーナツたちが、穴あけの仕掛けで色んなものに変身するページもたくさんあって楽しい絵本です。色彩がにぎやかで綺麗です。ドーナツが食べたくなります!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かがみが見守るチコリの成長  投稿日:2020/01/14
かがみとチコリ
かがみとチコリ 文: 角野 栄子
絵: 及川 賢治

出版社: 講談社
ちいさな丘の上に立つ1軒の家には、もう何年も人が住んでいません。若い夫婦が住むことになり、かがみは、久しぶりにぴかぴかと光りました。赤ちゃんが生まれ、チコリと名付けられました。かがみは、まるでチコリの成長を見守って応援しているように思いました。チコリの成長を描いていましたが、チコリが結婚して、家には誰もいなくなると、かがみは端から少しずつくもっていきました。
輝ける日々があったこと、チコリの成長が見守れたことが出来て
かがみは輝けて、よかったなあと思いました。人の一生にも似ていると思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あみのお陰で、便利に暮らしている  投稿日:2020/01/14
あみ
あみ 作: 中川 ひろたか
絵: 岡本 よしろう

出版社: アリス館
表紙のタイトルの”あみ”と網戸が気になって図書館から借りてきました。生活科学の絵本ということでした。身の回りに「あみ」のことが沢山掲載されてました。世の中に、「あみ」がなかったら、きっと困ります。昔の人たちの知恵や工夫のお陰で、便利に暮らしていると絵を担当された岡本よしろうさんの後書きが心に残りました。
参考になりました。 0人

14269件中 61 〜 70件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 ... 次の10件 最後のページ

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット