話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ

tori.madamさんの公開ページ

tori.madamさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女の子7歳 女の子4歳

tori.madamさんの声

1176件中 61 〜 70件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子供たちの大好きなお弁当  投稿日:2020/11/11
おべんとう
おべんとう 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
子供ってお弁当が好きですよね。
たいしたおかずじゃなくても、お弁当箱に入っているだけで特別に感じるのか、
普段は好き嫌いの多い長女も、苦手なものをしのばせていたりしても、完食。
そんなお弁当、小西英子さんが描いて美味しそうに見えないわけがない!
ミートボールも卵焼きもブロッコリーもウインナーも、どれも定番のものばかりでしたが、それがかえって素敵だなぁと感じたのは、きっと小西マジックもあるのかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心温まるクリスマスの物語  投稿日:2020/11/11
リトルサンタ
リトルサンタ 作: 丸山 陽子
出版社: BL出版
クリスマス絵本が大好きで、クリスマスが近づくとまた今年も素敵な絵本に出会えるといいなと思うのですが、今年は早くも出会ってしまいました。
今もっとも欲しいクリスマス絵本です。

ぼくにはひとつひみつがある。
こんな書き出しから始まる物語。もうこの時点で、何?何?と引き込まれてしまいます。
ぼくのひみつは、なんとお父さんがサンタクロースだということ。
でも、今年のクリスマスはお父さんがケガをしてしまい、代わりにぼくがサンタクロースになってプレゼントを配ることに。
サンタクロースの子供ならではのエピソードも盛り込まれていたり、
本当にクリスマスにぴったりなかわいいお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最後に大笑い!  投稿日:2020/11/11
かえるがみえる
かえるがみえる 作: 松岡 享子
絵: 馬場 のぼる

出版社: こぐま社
かえるを使ったことば遊び絵本なんですが、松岡享子さんの言葉がとっても面白く、馬場のぼるさんのイラストもとてもいい味を出していて、絵を見れば、知らない言葉でも理解できるようになっています。
また、短い文ながら、ちゃんと話が繋がっていることがすごいです。
そしてそして、最後はまさかの一文に吹き出してしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やだやだママやだ!  投稿日:2020/11/11
やだやだパパやだ!
やだやだパパやだ! 文: 天野 慶
絵: はまの ゆか

出版社: ほるぷ出版
パパ大好きな娘たち。
少数派かもしれませんが、こんな風にパパと二人っきりになったら、やだ!なんてことはなく、大喜びです。
そのぶん、やだやだの矢は、ママへ。
平日は何でもママですが、休日にパパがいるときは私がお風呂に入ろうと言ってもやだ!
なので、このパパの気持ちが少し分かったような。。

ユーモアたっぷりに描かれていて、楽しく読めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どこまで伸びるの!?王様の不思議な鼻  投稿日:2020/11/11
はじめてのおでかけ
はじめてのおでかけ 作: よこた みのる
出版社: 理論社
鼻を自在に伸ばすことができる王様の物語。
王様の鼻が本当にすごいんです。ゴムなんかよりも、はるかに伸びるし、ぶら下がっても切れないし、伸びた後はちゃんと元に戻るんです。
今までお城の外に出たことがない王様。この鼻をつかって、脱出することを思いつき、成功。
お花畑でちょうちょと出会い、戯れているのがとても楽しそうでした。
絵もとてもかわいいです。何か意味があるのかは分からないのですが、随所に描かれているハートが素敵。
最近の絵本なのかなと思ったら、初版1982年でしたが全く古さを感じない絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かいちゃん登場  投稿日:2020/11/10
バムとケロのさむいあさ
バムとケロのさむいあさ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
愛しきアヒルのかいちゃん登場の回です。
とっても寒い日、バムとケロが、お庭の池に行ってみたら、くわっ、と変な声。かいちゃんが凍ってるー!
かいちゃんとはこんな風に出会ったんですね。

池からかいちゃんを救助し、みんなでお風呂。
そこで、事件が!ぽこぽこぽこっ。
もう、ケロちゃんったら!!
ケロちゃんは、初めて会ったかいちゃんをたいそう気に入り、ずっとべったり。
最後はこっそり帰ったかいちゃん。と思ったら。。
オチは予想通りではありましたが、楽しかったです。

バムとケロシリーズ、最初は漫画のようであまり馴染めませんでしたが、今では島田ゆかさんの細かく描かれた絵にすっかり虜になってしまいました。
じっくりお話を読み聞かせるというよりは、一緒に眺めて楽しんだり、一人読みをしてサイドストーリーを発掘するのが面白いかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誕生日は特別な一日  投稿日:2020/11/10
うさこちゃんのたんじょうび
うさこちゃんのたんじょうび 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ

出版社: 福音館書店
いくつになっても誕生日は特別なものですが、
特に子供の頃、うさこちゃんのように、
大好きなおとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、おともだちに祝ってもらえる嬉しさは、他の何にもかえがたいですね。
ものすごく特別なことをするわけではないけれど、
うさこちゃんはみんなからとても愛されているのが伝わってきました。
夜眠る前に、おかあさんにお礼を言ったうさこちゃんが、また素敵。
いくつになっても、こんな気持ちで誕生日を過ごしたいなと思うお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 七五三についてよく分かる  投稿日:2020/11/10
七五三すくすくおいわいの日!
七五三すくすくおいわいの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
ますだゆうこさんとたちもとみちこさんコンビの行事絵本シリーズ。
今年、七五三の長女へ読みました。

七五三の御詣りを明日に控えた、
7歳のあおいちゃんと5歳のそらくん。
でも、夜にお姉ちゃんが咳をし始め、心配になったそらくんは、お姉ちゃんが元気になる飴を取りにお店へ。そらくんのおうちは飴屋さんなのです。
しかし飴を取ろうとしたら、タイムスリップしてしまいます。
そらくんは、そこで不思議な体験をしますが、最後は気付いたら布団の中。タイムスリップした先で作った千歳飴をお姉ちゃんにあげたら、翌朝お姉ちゃんは元気になっていました。

七五三の絵本はなかなかないですし、七歳、五歳、三歳それぞれ何をお祝いするのかが分かりやすく描かれていたのが良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねこいるといいね。  投稿日:2020/11/10
ねこいるといいなあ
ねこいるといいなあ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 小峰書店
とっても不思議な世界観のお話です。
ねこが欲しくてたまらない女の子。
お母さんに何度お願いしても断られてしまいます。
諦めきれず、ねこいるといいなあと呟く女の子。
すると、ニャー。
どこからか聞こえるねこの声。
だけど、探してみてもいない。
もう少し大きな声で呼んだら、ニャー。
声はするけど、やっぱりいない。
ねこいるといいなあと言いながら、絵を描いてみる。
ニャー。声がする。
この辺りからは不思議でねこが絵から出てきたのか妄想なのか、不思議な感じ。
最後はねこだらけになってねこたちが喧嘩。
いきものを飼うのって、大変なんだよと教えてくれているような。
女の子も、もうこりごりだと思ったようでしたが、最後には、一匹ぐらいならと諦められないあたり、笑ってしまいました。
ねこいるといいね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 不思議で不気味な世界  投稿日:2020/11/10
金曜日の砂糖ちゃん
金曜日の砂糖ちゃん 作・絵: 酒井 駒子
出版社: 偕成社
酒井駒子さんの描く絵は、可愛くもあり、ちょっと怖い。お話も同様に。

金曜日の佐藤ちゃん、草のオルガン、夜と夜の間に、の3つのお話が綴られた短編集。
どれも、ちょっと不思議で幻想的で怖い。
私は、酒井駒子さんが込めている意味を上手く感じ取れないのか、不気味な感じが強くて、ちょっと苦手な類です。
参考になりました。 0人

1176件中 61 〜 70件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 ... 次の10件 最後のページ

『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット