新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

オクロ

じいじ・ばあば・60代・大阪府

  • Line

オクロさんの声

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 1才児の身近なものから興味を引き出す  投稿日:2008/04/17
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
哺乳瓶やりんごなど1才児が好んで目にするものを題材にするのが話に親しみを持たせやすいと思います。ただ汽車というもののイメージが沸くかどうかはよくわかりません。  その意味からできるだけ本物に触れたり目にしたりすることが大切だなと思います。                最後に女の子のテーブルに全部届けられてありがとうと帰っていくのが ほのぼのとほほえましい絵です。      
参考になりました。 0人

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット