メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  

ゆうパンダさんの公開ページ

ゆうパンダさんのプロフィール

ママ・30代・滋賀県、女の子2歳 女の子0歳

ゆうパンダさんの声

88件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 少し意味不明…  掲載日:2017/11/17
いつだって ともだち
いつだって ともだち 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
最初に言っておきます。
子どもは、めっちゃお気に入りです。
何度も何度もよんでーとせがんでくるくらいです。

ただ、読んでいるほうとしては、なんで主人公のオオカミが穴を掘っているのか、ちょっと意味がわかりませんでした。
てんも、どうしてここでいきなり出てくるのか?と思いながら読みました。

ただ、子どもはとても好きですよ。
シリーズを全部揃えればわかるのでしょうか?
ちょっと残念だなぁと思います。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない ほんとに2歳からオススメなのか…  掲載日:2017/11/17
どうぶつえんであそぼ さい
どうぶつえんであそぼ さい 作: なかの ひろみ
写真: ふくだ とよふみ

出版社: 福音館書店
サイが、白黒写真で撮影されています。
もともとサイは灰色…というか黒っぽい動物なので、最初カラー写真なのかと思い、手に取りましたが、ほんとに白黒写真でしたね。

子どもはあまり好きではなかったようです。
読み聞かせというか、写真を見て楽しむ?絵本ですね。

個人的には、写真集はカラーのほうが好きです。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない そもそも、コアラは黒っぽいけど…  掲載日:2017/11/17
どうぶつえんであそぼ こあら
どうぶつえんであそぼ こあら 作: なかの ひろみ
写真: ふくだ とよふみ

出版社: 福音館書店
コアラは、そもそも黒っぽい動物です。
が、白黒写真になってると、余計に見にくい。
子どもも、あまり気に入らなかったようです。

コアラコアラコアラ。
もう少し、コアラの面白い姿や、へーと思う姿が撮影されていたら良かったなぁと思います。
また、このシリーズに言えることですが、カラー写真の方が良かったです。

こういう白黒写真は、高い年齢向きかなぁと思います。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない かんがるー…ですね  掲載日:2017/11/17
どうぶつえんであそぼ かんがるー
どうぶつえんであそぼ かんがるー 作: なかの ひろみ
写真: ふくだ とよふみ

出版社: 福音館書店
白黒写真で、かんがるーが撮影されています。
うん。
かんがるー。
子どもは、あまり喰いつきが良くなかったです。
言葉もなく、すごく哲学的な絵本でした。

できたら、カラーのほうが、もっと細かい部分まで見られて良かったと思います。
動物園に行ったような気分が味わえるかと思いましたが、ちょっと違いました。

読み聞かせには向かないと思います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 絵が美味しそう!  掲載日:2017/11/15
サンドイッチ サンドイッチ
サンドイッチ サンドイッチ 作: 小西 英子
出版社: 福音館書店
美味しそうな絵に惹かれて手に取った絵本です。

サンドイッチの作り方が、簡単に、綺麗な絵で紹介されています。

子どもとサンドイッチを作るときに、思い出しながらつくっています。

ただ、表紙にエビなどかあったのに、本編には出てこなかったのが、残念でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 冬の日の1日が、ほっこり描かれています  掲載日:2017/11/6
ペネロペ ゆきあそびをする
ペネロペ ゆきあそびをする 文: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
ペネロペが、雪の日に、そりをしたり、雪で遊んだり。
たくさん遊んで、最後は雪焼けしてしまって、変な顔。

面白いという内容ではありませんでしたが、ほっこりしながら読めます。

子どもって、雪が好きですね。
だからか、この絵本も好きなようです。
また冬がきたら、雪遊びしようねーと、言いながら、締めくくっています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う を、がない?  掲載日:2017/11/6
ぐりとぐらのあいうえお
ぐりとぐらのあいうえお 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
あいうえお、の順に、言葉が綴られており、あいうえおが覚えられるかなぁと手に取りました。

絵と、文がいい感じにマッチしています。
まぁ、あいうえおに合わせるためなので、ところどころで、なんか変だなぁと思うところはありましたが、そこはご愛嬌ですね。

ただ、を、がなかったのは、マイナスです。
そこがあれば、最高だった。

子どもは、楽しそうに、もやしーとか言いながら聞いていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ズボンひとつで、こんなに遊べるとは!  掲載日:2017/10/30
タンタンのずぼん
タンタンのずぼん 作・絵: いわむら かずお
出版社: 偕成社
私が子どもの頃に比べて、モノが溢れていると感じる今時の子どもたち。

ちょっと大きいズボン…というか、ながーいズボン釣りひとつで、たくさんの遊びが出来ます。
電車ごっこから、ハンモック、果てはジェット機まで!

なんでも買い与えるのではなく、一緒に工夫して作り出す楽しみを味わいたいなぁと思わせてくれた絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なかなか教育的なストーリー  掲載日:2017/10/30
ぼくのだ ぼくのだ
ぼくのだ ぼくのだ 作・絵: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
ウサうさぎとぶたが、縄を見つけたとこから話はスタートします。

仲良く遊ぶのかと思いきや、縄がそれぞれ自分のだと言い張り、ケンカ。
その場面で、子どもが、あかんなぁと一言。

仲裁に入ったカエルのおかげで、二人仲良く電車ごっこするのですが、またまたケンカ。
そこで、子どもが順番こやなぁと一言。

こういう場面もあり、なかなか教育的に良いかと思いました。

最後は、引っ張った縄が切れて、それぞれ縄跳び。
ハッピーエンドな終わり方も良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お父さんの活躍の場  掲載日:2017/10/30
ぶーんぶーん
ぶーんぶーん 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 岩崎書店
子どももだんだん大きくなり、抱き上げることは出来ても、
それ以上のことは母親には無理になってきます、

ここはやっぱりお父さんの出番!

抱っこでも、お膝に座るのでも、大概は母親の所に来ますが、この絵本は父親に持っていくことがあります。
そのあと、例に漏れず「ぶーんして。」に。笑。

お父さんは、大変ですが、親子共々嬉しそうにしています。
参考になりました。 0人

88件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

tupera tuperaのさんかく・まる・しかくなクリスマス

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット