おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ゆうパンダさんの公開ページ

ゆうパンダさんのプロフィール

ママ・30代・滋賀県、女の子2歳 女の子0歳

ゆうパンダさんの声

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ベーコン忘れない、のフレーズがお気に入り  掲載日:2017/9/14
ベーコンわすれちゃだめよ!
ベーコンわすれちゃだめよ! 作: パット・八ッチンス
訳: 渡辺 茂男

出版社: 偕成社
お使いを頼まれた男の子が、ベーコンを忘れない為に品物の最後にベーコン忘れない、と念仏のように唱えながら歩きます。
で、品物あちこち歩くうちにだんだん変化していきます。
なんでそんな風に変化するのか、わかりませんが、子どもには、そこがおもしろかったようです。
最後、変化した品物が
元に戻り、結局ベーコンを買うのを忘れるのですが、あかんなぁ〜と言う我が子が可愛かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なぜか子どものお気に入り  掲載日:2017/9/14
おちゃのじかんにきたとら
おちゃのじかんにきたとら 作・絵: ジュディス・カー
訳: 晴海 耕平

出版社: 童話館出版
お茶の時間にやって来て、おやつだけでなく、家じゅうの食べ物を食べ尽くしていくトラのお話です。

縦横無尽なところが自分と被ったのか、なぜか子どものお気に入りです。

家じゅうの食べ物を食べ尽くされ、途方に暮れているところへ、帰ってきたお父さんが、レストランに食べに行こうと、解決してくれます。
お父さん、良いとこ取っていくなぁ〜。うちのお父さんの株も上がりました。笑。
母親としては、ちょっと理不尽なところを感じつつも、子どもが気に入ったのであれば、良いか…。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 風呂敷が電車になるのを受け入れたら面白い絵本  掲載日:2017/9/14
ふろしきでんしゃ
ふろしきでんしゃ 作: 山崎 克己
出版社: BL出版
おばあさんが、風呂敷を被って、電車に変身?
風呂敷電車の中では、大きなお風呂があるらしい。
お風呂がそんなに好きではなかった子どもは、お風呂がみたい、入りたいとは言いませんでした。
主人公の男の子がお風呂に入ろうと四苦八苦するのが楽しかったようです。
子どもがもう少し大きくなったら、また読みたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズミカルな言葉が楽しい!  掲載日:2017/9/14
てんてんてん
てんてんてん 作・絵: わかやま しずこ
出版社: 福音館書店
てんてんてん、てんとうむし。
言葉がとてもリズミカルで、数回読んだら覚えてしまいます。
そのリズミカルな言葉と共に可愛いやさしいタッチの絵が描かれています。
絵と言葉のバランスが良いですね。

子どもは、絵よりも、背景が気になった様子です。
なんで(背景が)白いの?、とかばかり聞いてきました。
なんでやろなぁ〜と言いつつ、読みました。

もう少し子どもが小さな頃、もしくはなんで?が出て来ない時期に読めば良かったかも。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子のふれあいに、もってこい  掲載日:2017/9/14
すりすり ももんちゃん
すりすり ももんちゃん 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
ももんちゃんに、金魚や犬がすりすりします。
子どもって、なんでこんなにいい匂いがするのかなぁ。

金魚や犬がすりすりする場面で、私も一緒にすりすり。
親子のふれあいにもってこいだと思いました。
最後、サボテンにすりすりされて、痛かったもんちゃん。

ガマンして、お母さんのところへ走っていき、そこで大泣きするのです。、そこが、また親心をくすぐられます。
痛かったね〜と言いつつ、他人の痛みがわかる、やさしい子どもに育ってくれたら良いなぁ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子で読み継いでいます  掲載日:2017/9/14
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
私(=母親)が、母親から読んで貰った、懐かしの絵本。
子どもが手にとったときに、とても懐かしく、また嬉しく思いました。

保育園はスカート禁止のため、休みの日にしか履けないので、スカートには大変執着心や思い入れがある我が子。スカートというかワンピースの模様が変わっていくのが、楽しいようです。

可愛いねーと言いながら聞いています。

そういえば、私もそうだったなぁ…と、感傷に浸ってます。笑。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもと、はじめての料理  掲載日:2017/9/14
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
長年読み継がれているものには、やっぱりその理由、魅力があるんですよね。

ホットケーキを作ることが、丁寧に描かれていて、これを読んだ後、実際に作りました。
とはいえ、小麦粉からではなく、ホットケーキミックスを使いましたが。

でも、ホットケーキミックスに書いてあった作り方ほ、しろくまちゃんのホットケーキと同じ手順だったので、親子で絵本と読み比べながら楽しく作れました。
こういう、シンプルな絵本、良いですね。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う こけたときに、思い出します。  掲載日:2017/9/14
いたいの いたいの とんでけ
いたいの いたいの とんでけ 作・絵: 平出 衛
出版社: 福音館書店
よく動き、よく遊び、そしてよくこけるのが子ども。
我が子も、よくこけます。

この絵本は、子犬が、お母さんにいたいのいたいのとんでけをして貰って、なくなった痛みというか、痛いのを探しにでかけます。

雨が降っているのをみて、お空に痛いのが飛んでいったとか、感性がすごいなぉと思います。

子どもが気にいったのは、最初にお母さんに痛いのとんでけをしてもらうシーンです。
こけるたびに、痛いのとんでけをして〜と泣きながらやってくるのがお決まりになりました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う やさしいタッチの絵  掲載日:2017/9/14
おやすみなさい
おやすみなさい 文: 大阪YMCA千里子ども図書室
絵: 大塚いちお

出版社: 福音館書店
やわらかい、やさしいタッチの絵で、寝るまでに使うであろうおもちゃや身の回りのものが描かれています。

2歳の子どもに読みましたが、これはお風呂にないよ〜とか、自分の家にないものが気になった様子です。
寝かしつけに良いかなぁと思いましたが、絵だけでストーリー性のない絵本だったので、説明されてるだけと受け取ったのか、あまりお気に入りではないようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもの一番のお気に入り絵本!  掲載日:2017/9/14
おにぎりくんがね・・
おにぎりくんがね・・ 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社
もう、何度呼んだかわからないくらい、子どもが大好きな絵本です。

保育園で読んでもらってから気に入り、家でも読むようになりましたが、本当にこの絵本は良い!

日本人ならではの絵本ですね。

にぎにぎぎゅっぎゅっ、の部分で、子どもをぎゅっと抱きしめながら読んでます。
食育にも良いし、親の私もお気に入りの絵本です。

このシリーズの絵本は、しんぱいごむよう〜というフレーズが出てくるのですが、子どももそこがお気に入りで、一緒に言ってくれます。
参考になりました。 0人

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット