新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

TOP500

ouchijikan

ママ・40代・東京都、女の子9歳

  • Line
自己紹介
子どもの頃、絵本を読み聞かせてもらった記憶が今も鮮明に残っています。

母になり今度は私が子どもたちに読んであげる番になりました。読んだ絵本も今では膨大な数になり、簡単な覚書をしてきた記録を元に当時のことを思い出しながらレビューを書いていきます。もちろん今も進行形でほぼ毎日読み聞かせを継続中です!

絵本の楽しさを伝えるお手伝いができれば嬉しいです♪

ouchijikanさんの声

1405件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい こわくないおばけでもいいんだよ  投稿日:2023/08/31
おばけのたまごにいちゃん
おばけのたまごにいちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
大好きな「たまごにいちゃん」シリーズ。お話しの流れもなんとなく分かっているのですが、それでも何度も手にとってしまうお気に入りのシリーズです。今回のたまごにいちゃんはおばけのたまごにいちゃん。でも全然こわくなくて他の怖いおばけたちと比べて自信をなくしてしまいます。常識という殻をやぶってありのままで生きることの大切さをこの絵本ではやんわりと教えてくれます。お母さんの「だいじょうぶなのよ」という言葉にとても救われます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しさにあふれたお話し  投稿日:2023/08/31
きりかぶの きりじいちゃん
きりかぶの きりじいちゃん 作: なかや みわ
出版社: 小学館
なかやみわさんのお話しは小さな子でも楽しく読めるお話しばかりなので、よく手に取ります。役目を終えてきりかぶになった一本の木。きりかぶになってもう花を咲かせることも葉っぱをつけることもできません。だけど森の動物たちが次々ときりかぶのおじいさんの元にやってきて、様々な使い方をしていきます。次第にきりかぶは自分が役立たずではないことに気がつきます。優しくてあたたかいお話しで、読み終わったあと幸せな気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 星が好きな子に読んでほしい  投稿日:2023/08/31
びんにいれたおほしさま
びんにいれたおほしさま 作:
絵: サラ・マッシーニ
訳: 福本 友美子

出版社: 主婦の友社
いつもなにかいいものを見つけてくる弟。ある日見つけてきたのはなんとキラキラと輝くすごいもの!だけど落とし主がなかなか見つかりません。誰のものでもないなら僕のもの。大事な宝物になりました。どこに行くにも瓶に入れて一緒に過ごします。でもその小さな宝物は瓶の中で悲しそうに光ります。元の場所に返してあげないと。そう思った兄弟はいろいろな方法を試しながら星を夜空に返します。環境問題につなげて読むことはできませんでしたが、星が好きな子や空に興味がある子にぜひ読んでほしいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 滑ってみたい!  投稿日:2023/08/31
ながいながいすべりだい
ながいながいすべりだい 作・絵: 長 新太
出版社: 偕成社
こんなすべりだいがあったらいいな。誰しも読みながら思うはずです。大きな山に沿うように作られた黄色い滑り台。滑りながら山の自然も感じることができます。途中でびっくりするようなものにも出会いますが、当たり前のことだけでは終わらない、そこが長新太さんの魅力ですね。滑り終わる頃にはもう夜になっていて、読んだあとは満足な気持ちで満たされていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 百円玉の行方  投稿日:2023/08/31
ひゃっくん
ひゃっくん 作: 竹中 マユミ
出版社: 偕成社
イラストがかわいらしく丁寧で、身近な100円玉にも命が吹き込まれ物語が繰り広げられていく様子を、とても楽しく読みました。人々はどんなふうにお金を使っていくのか、お金とはどういうものなのか、難しくないストーリーの中で自然と教えてくれます。お金に興味を持ち始めた子どもにこれを機に少しずつこれからの使い方を教えていきたいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大好きな一冊です☆  投稿日:2023/08/31
とんことり
とんことり 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
娘たちが小さい頃から何度となく読んできた絵本です。林明子さんの描く子どもが大好きで、読むたびに胸がぎゅっといっぱいになります。何気ない子どもの表情にさみしさや心細さ、好奇心や一生懸命さが溢れています。今の時代には難しいような子ども同士の交流が生き生きと描かれていて羨ましくもなります。自転車に乗ってたんぽぽ畑を走る笑顔の二人。いつまでも眺めていたくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもの想像力  投稿日:2023/08/31
わたしのおうち
わたしのおうち 作: 神沢 利子
絵: 山脇 百合子

出版社: あかね書房
「ぐりとぐら」の世界観そのままに山脇百合子さんのイラストが子どもの想像力を広げてくれます。うちの子もおうちごっこが大好きで、こんな大きな段ボールがあったらきっと一日中楽しく遊ぶだろうなと思います。段ボールの中は想像の中では立派なおうちになっています。動物も遊びに来るし、お茶を出してパーティーもします。草原の中で思いっきり想像の世界に浸って遊ぶ兄弟たち。絵本らしくてとてもお気に入りの一冊になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やりたい放題なお母さん  投稿日:2023/08/31
まあちゃんのまほう
まあちゃんのまほう 作・絵: たかどの ほうこ
出版社: 福音館書店
たぬきが化けたにせもののお母さん。普段は言わないようなことを言ったり絶対やらないようなことをしたり。だけどまあちゃんは一緒にやりたい放題に遊んでくれるお母さんと思いっきり遊びます。こんなやりたい放題は子どもはきっと楽しいでしょうね。お母さんだってほんとはこんなふうに羽目を外してみたいと思ってるのかもしれません。たぬきがくれた不思議な時間。後片付けはまあちゃんも手伝ってくれたかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春の香りがしてくるようです  投稿日:2023/08/31
もう いいかい
もう いいかい 作: 中野 真典
出版社: BL出版
「もういかい」「まあだだよ」二人の女の子がかくれぼをしています。ページをめくるごとに春の草花やちょうちょにてんとう虫があちこちにあらわれます。「みーつけた」と言って見つけたのはたくさんの春でいっぱいの世界ですね。満開の桜の木を見上げた時の時間が止まったかのような描写が素晴らしいです。春の香りを感じながらじっくりと読みたい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「ん」のつく言葉ばかり。  投稿日:2023/08/31
しりとりのくにのおうさま
しりとりのくにのおうさま 作: こすぎ さなえ
絵: たちもと みちこ

出版社: PHP研究所
しりとりの国では、全てのものがしりとりの順番になっています。朝食までしりとりの順番で出てきます。おもしろい設定だな〜と思いながら読み進めていくと、その国のおひめさまがドラゴンにさらわれてしまい、王様がけらいを引き連れてしりとりで対決することになりました。「ん」のつくものばかりドラゴンから攻撃されて王様たちは反撃ができません。だけど捉えられたおひめさまのひとことで、勝負の方向が変わっていきます。けっこうめちゃくちゃな戦いだな〜と思いながらも楽しめました。しりとりや言葉遊びが好きな子におすすめです!
参考になりました。 0人

1405件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット