新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

TOP500

hime59153

ママ・40代・三重県、男の子10歳

  • Line

hime59153さんの声

1766件中 1731 〜 1740件目最初のページ 前の10件 172 173 174 175 176 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 心温かくなりそうです  投稿日:2018/02/28
雪窓
雪窓 作: 安房 直子
絵: 山本 孝

出版社: 偕成社
雪窓という名前のおでん屋さん。
人間のお客さんだけでなく、
たぬきまでお客さんになり、いつしか助手に・・・(笑)

かいまきの少女がおでん屋に来て、
おでん屋の主人は、死んでしまった自分の娘のことを思い出します。
もう一度逢いたくて逢いたくてたまらなくなり、
山を越えて行く事に。

たぬきは主人が自分だけを見てくれていないことに、
ちょっぴり淋しい思いをしていたかもしれません。
でも主人が喜ぶ、あるいは心穏やかな気持ちになれるよう、
お手伝いをしています。
その姿がいじらしくて、切なくなります。

このお話が終わった後も、
おでん屋はたぬきと一緒に過ごしていくのだろうなぁ。
そんなじんわりとした温かさを感じるお話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 確かに真面目ですね  投稿日:2018/02/28
せかいいち まじめなレストラン
せかいいち まじめなレストラン 作: たしろ ちさと
出版社: ほるぷ出版
世界一真面目、というのを見て、
融通のきかない、頑固なコックさんのお話?と思いながら読み始めました。

すると、真面目は真面目でも、
食材になみなみならぬこだわりを持った真面目さということが分かり、
こんなレストランなら、私もぜひ行ってみたい!

「ご馳走」という言葉の通りのレストラン。
素敵です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 綿密な計算をしたのかな  投稿日:2018/02/28
地球をほる
地球をほる 作・絵: 川端 誠
出版社: BL出版
地球を掘り進めて、アメリカへ・・・という遠大な計画。
まっすぐ掘るとマントルに到達しちゃうから、と、
ちゃんと斜めに掘り始めた!

綿密な計算をしたのだろうなぁ(笑)。

掘っている場所の横に埋まっているものが時々変わり、
掘っているだけの様子もなかなか楽しめます。

子供が自分も掘りたい!って言い出したら、どうしようかしら。
この本を読んでいると、
ちょっと付き合って、一緒に掘ってみたくなっちゃいますね。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 哲学のかおり  投稿日:2018/02/28
ぼくの おおきさ
ぼくの おおきさ 作: 殿内 真帆
監修: 高柳 雄一

出版社: フレーベル館
はじめてのかがくというジャンルの本なのですが、
読んでいると哲学っぽい感じもします。

自分の大きさはいつも同じだけど、
見る人によって「大きく」なったり「小さく」なったりする。

視点を変える、比較対象を変えることで、
見方が変わる面白さ。

いろいろな見方があるというのを親も感じられて、
なかなか面白いなぁと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 譲り合いの心を  投稿日:2018/02/28
世界にひとつしかクリスマスツリーがなかったら
世界にひとつしかクリスマスツリーがなかったら 作・絵: 池谷 剛一
出版社: KADOKAWA
もしも世界に一つしかクリスマスツリーがなかったら?
手作りの飾りを一つ飾れたらいいな、と思います。
心を込めて作ったものなら、
きっと心が届くと思うから。

独り占めしようという人がいるのは哀しい。

自分のところにも、似たようなものを・・・とツリーを作り出す人なら、
きっと沢山いそうですが(笑)

自分の飾りを飾る順番が回って来なかったとしても、
誰かが飾ったものを「綺麗だね」と言って見ることの出来る、
優しい心を育てていけたらと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ハロウィンにぴったり  投稿日:2018/02/28
大食いフィニギンのホネのスープ
大食いフィニギンのホネのスープ 作・絵: カンブリア・エバンズ
訳: 川島誠

出版社: BL出版
大食いフィニギンが繰り出す、
美味しいスープを食べる方法が凄い!
こんな風に言われたら、
つい材料を提供しちゃうなぁ・・・と思いました。

『くぎのスープ』を彷彿とさせるお話ですが、
これは皮肉っぽくないし、
みんながスープが出来上がるのを楽しみにしているし、
みんなでおなかいっぱいスープが食べられたので、
楽しんで読めるかなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おおかみがちょっと可哀想?  投稿日:2018/02/28
おおかみだってきをつけて
おおかみだってきをつけて 作・絵: 重森 千佳
出版社: フレーベル館
タイトルを見た時、
「おおかみだって! きをつけて」という話かと思っていましたが、
おおかみも気を付けなくては・・・というお話でした。

童話の中でおおかみは大抵悪者ですが、
その悪者故に報復された、という苦い経験を元に、
おおかみも気を付けないといけないよ、と言われているのが、
主人公のおおかみです。

先人と同じ轍を踏まぬよう、
慎重に行動するおおかみ。

時代が変わるとおおかみも大変なのですね。
無理にブタとか食べなくてもいいんじゃない?
そう声をかけたくなってしまうような、
おおかみがちょっと可哀想になってしまうのでした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う ツボの筈が・・・  投稿日:2018/02/27
はじめてのにほんちずえほん
はじめてのにほんちずえほん 絵: てづか あけみ
監修: 赤澤 豊

出版社: パイ インターナショナル
地理大ブームの年長息子のためにチョイスしてみました。
都道府県シルエットクイズを制覇、
県庁所在地も全部言える状態、
日々、ネットで地図を眺め、地名や天気予報を眺めているので、
さぞや楽しんでくれるだろうと思ったら・・・

反応はイマイチでした。
既に「はじめての」本を読むには物足りない状態だったようです。

県それぞれの特色を可愛いイラストで紹介していたり、
日本に住む動物達のこと、
食べ物ののことなど、
初めて読むには興味を持って読めると思います。

ただ、山の高さランキングは古いようです。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 話がどこに向かうのか・・・  投稿日:2018/02/27
金魚のひなこさん
金魚のひなこさん 作: ただの ゆみこ
絵: ふくだ いわお

出版社: 文研出版
父と母が離れて暮らしていること、
お姉ちゃんが中学・高校一貫校に興味を持って、受験しようとしていること、
主人公のルイがお友達とトラブルになってしまったこと。
そして金魚との交流。

それらのことが少しずつ描かれていて、焦点がぼやけてしまい、
話がどこに向かおうとしているのかなかなか分からないので、
話に引き込まれず、読みにくいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 怖いお話?  投稿日:2018/02/26
ネコヅメのよる
ネコヅメのよる 作: 町田尚子
出版社: WAVE出版
タイトルや表紙を見ると、
ちょっと怖いお話?と思っていたのですが・・・

猫達が直感を働かせて「そろそろ・・・」と楽しみにしていたもの。
やっぱり何かが分かるまでは怖そう・・・
でもだんだん「猫集会?」、「お月見?」
なあんだ、すっごく可愛いお話だな〜と思っていたら、
本当に待っていたのは、
猫様ならではのもの。

怖いな〜と思っていたのが、
だんだんわくわくに変わって、最後はほっこり。
猫好きにはたまらないお話ですね。
参考になりました。 0人

1766件中 1731 〜 1740件目最初のページ 前の10件 172 173 174 175 176 ... 次の10件 最後のページ

2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット