どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

hime59153さんの公開ページ

hime59153さんのプロフィール

ママ・40代・三重県、男の子7歳

hime59153さんの声

947件中 621 〜 630件目最初のページ 前の10件 61 62 63 64 65 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 深い味わいが感じられる  投稿日:2018/08/27
ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節
ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節 文・写真: 大西 暢夫
出版社: 岩崎書店
草木染のお仕事をされている様子を紹介しています。

化学染料を使うと、発色が良く、
鮮やかな色合いの糸が出来ますが、
こちらの本では、植物から、しかも十日町で育った植物にこだわっているので、
はっきりとした色合いではなく、
自然から贈られた、ふんわりと優しい色合いの糸が作られています。
それでも染め上げた糸の保管庫の写真は、
心から癒される色の糸の数々があり、
美しさが感じられます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 恋物語のようですが・・・  投稿日:2018/08/27
青おにとふしぎな赤い糸
青おにとふしぎな赤い糸 作・絵: 岩神 愛
出版社: PHP研究所
ちょっとした興味から、人間の世界へやって来た青おに。
可愛らしいえんむすびの神と出逢ったことで、
運命が変わっていきます。
お互いの心に、人間らしい心が芽生えてきて・・・

町には人間と共に、魑魅魍魎が暮らしており、
明確な線引きがないように描かれています。
平安時代位が舞台のお話には、よく妖怪などが描かれているので、
昔の人は超自然のものを自然に受け入れて暮らしていたのだろうなと感じられます。

何だか創作童話風に思えるお話ですが、
『古事記』への興味が広がる絵本とのことなので、
古代のお話への興味の一歩として読んでみるのもありかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 身近な病気だからこそ知りたい  投稿日:2018/08/27
インフルエンザウイルスのフルくん
インフルエンザウイルスのフルくん 文: 岡田 晴恵
絵: 西川 智英美

出版社: ポプラ社
インフルエンザウィルスのフルくんが、
どうやって人間の中に入って悪さをするか・・・などを教えてくれます。

元々インフルエンザウィルスがどこにいて、
どうやって変貌を遂げてきたのかが紹介されていて、
大人もとても興味深く読めると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 村人の為に尽力する姿は素晴らしい  投稿日:2018/08/27
津波!!稲むらの火その後
津波!!稲むらの火その後 作・絵: 高村忠範
出版社: 汐文社
『津波!! 命を救った稲むらの火』の続編です。

津波だけでも大変だと思うのに、
地震の被害もあって、津波が再び襲ってきます。

その後、生き残った人々で防波堤を造り上げたとのことでしたが、
江戸時代の人々が造ったというものが一体どんなものなのかと思っていました。
本編には出てきませんが、解説に詳しく紹介されており、
形そのものは簡単なようです。
けれどそれは確実に村人達を救えるような設計となっており、
本当に必要なのは技術力ではなく、発想力なのかもしれないと驚かされました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 小さい子なら楽しめるかも  投稿日:2018/08/27
はしれ! やきにくん
はしれ! やきにくん 作・絵: 塚本 やすし
出版社: ポプラ社
お肉が運動して元気に・・・?という展開が、
イマイチ分かりにくいと思いました。

後半はお肉ばかりではなく、野菜も食べよう!という食育の本のようになっていますが、
全体的には音や動きの様子を楽しむ感じとなっているので、
小さい子向けのお話かなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ルラルさんが優しい  投稿日:2018/08/27
ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと
ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
自分で何でも作れてしまうルラルさん。
ほんわかした見た目と違い、デキる男ですね(笑)
それでいて、終始穏やか。
動物達がはしごを持って行ってしまうのに、
イライラすることもなく、ぼんやりと空を見て楽しんでいます。

時間がゆったりと流れていく様子にも、
ルラルさんの優しさを感じ、
全体的にふんわりとした印象を感じました。

ただ、読書感想文を書くには展開が緩すぎて、
何となく書きにくそうに思えます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 戦争に対する心の痛み  投稿日:2018/08/27
そらいろ男爵
そらいろ男爵 文: ジル・ボム
絵: ティエリー・デデュー
訳: 中島 さおり

出版社: 主婦の友社
空を飛ぶのが大好きで、
自分で作った飛行機で楽しんでいたそらいろ男爵が、
戦争へ行かなくてはならなくなった。
しかも大切な自前の飛行機で。

そらいろ男爵は、自分なりのやり方で、
「戦争」に挑みます。
それは戦いに出た兵士達の心に訴えかける作戦。

本当の戦争ならば、非国民のように扱われそうな行為ですが、
そらいろ男爵の気持ちは痛いほどに伝わってきます。

本当に、こんな風に考える時間が与えられればいいのに。
すぐにでも戦争が終わればいいのに。

そもそも、戦争なんて起こらないようになればいいのに。

ファンタジックな内容ですが、
戦争について深く考えさせられるお話です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本当にあったらちょっと怖いけど  投稿日:2018/08/27
たのしいクジラのかいかた ワニ、カンガルーからイルカ、クジラまで
たのしいクジラのかいかた ワニ、カンガルーからイルカ、クジラまで 絵: 田川 秀樹
監修: 齊藤 勝

出版社: 学研
クジラやワニなど、実際に学校で飼育するには向かない動物ばかりですが、
学校にある設備を使って大きさや飼い方、特徴を紹介することによって、
動物が身近に感じられるようになっています。

動物達の特徴が面白いので、
動物園に行って、見てみたくなってきます(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 水族館の裏側のお話  投稿日:2018/08/27
ジンベエザメのはこびかた
ジンベエザメのはこびかた 写真: 松橋 利光
文: 高岡 昌江
絵: 宮野 耕治

出版社: ほるぷ出版
大きな大きなジンベエザメを水族館に運び入れるまでを紹介しています。

普段訪れる水族館の方には、
大きな入口もありませんし、クレーンのような設備も見えません。
それが裏側では凄いことになっている!というのが、
とても興味深いです。

たまに水族館のバックヤードツアーなどが開催されていますが、
ぜひ見に行ってみたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 正体が分かるまでドキドキです  投稿日:2018/08/27
ウサギのすあなにいるのはだあれ?
ウサギのすあなにいるのはだあれ? 文: ジュリア・ドナルドソン
絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: とたにようこ

出版社: 徳間書店
ウサギの巣穴に何かがいる!
でもみんな意外と「私が何とかしてあげる」と請け合って、
優しいというか、自信満々というか(笑)
でも実はドキドキしていたのだろうなと思うと、
可愛らしくも思えます。

本で読んでいると、
巣穴の中に隠れているものがどんなものなのか、
字を読んで想像するしかないので、
正体が分かるまでは、本当にワクワクドキドキでした。
参考になりました。 0人

947件中 621 〜 630件目最初のページ 前の10件 61 62 63 64 65 ... 次の10件 最後のページ

『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

出版社おすすめ

  • ねえねえ
    ねえねえ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    世界は不思議なことがたくさん!ねえねえ、いっしょにでかけよう!遊び心いっぱい、父と子の冒険絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット